大阪京都からもアクセス奈良のドラム教室&パーカッション教室&ポルトガル語教室O's Percssion school
トップページ
教室案内
システム
講師プロフィール
ポルトガル語教室
アクセス
お問い合わせ
ギャラリー 
mark BONES NEW
パンデイロ(pandeiro)
The Bones

How to Play the Bones

ここでは、Bonesの基本的な奏法に触れます

もう一度Bonesを、リラックスしてグリップ出来ている事を確認し、音を出す時は基本的に指は使わないようにしましょう

音を鳴らすためにボーンどうしは、少し間が空いていることを確認しましょう

また、動画もアップしていますので、
動画にてご確認下さい
より分りやすいかと思います。

The Tap

ボーンズの演奏において一番初めにマスターしなければならない奏法 リラックスして素早く振り一音鳴らす

手のひらは、斜め上を向き、手首と腕全体で振るようにする

鼻先から、斜め前方へ肘を軸にして、投げるようにして
Moveable Boneをstationary Boneに素早くあて、鳴らす

The Tap MOVIE

The Triplet

ここからが、ボーンズの面白い所であり、ボーンズの表現の基本になります。
基本的に3つの途切れない音を鳴らすのですが、その時に腕全体でリラックスして演奏するようにして指は使わないようにしてください、

 Tapの位置で1音、あごの下に向って2音鳴らすようにします。
動きは、手を振るような、ワイパーのような動き になります。

The Triplet MOVIE

これが出来れば2連打4連打を打てる様にしましょう
The Duplet MOVIE


The Quadruplet MOVIE



BONES TOP


HOME
メール

電話でのお問い合わせ
090-8529-8251

当サイトはリンクフリーです
リンクは、Topページにお張り下さい
大阪京都からもアクセス奈良のドラム教室&パーカッション教室&ポルトガル語教室O's Percssion school


UL5カウンター
close