ホーム > フロイントについて

フロイント・コールについて

We are komorikomasha

~フロイント・コールの魅力~

私たちフロイント・コールは通常の合唱団とは一味違っています。
いったいどんなところが違うのか!?それを今から紹介します♪
活動内容や団費などについてはこちら

★その1 自分の歌いたい曲を歌える!

フロイント・コールでは、合唱曲だけでなくJ-POPなどのさまざまな曲を歌っています。 たとえば・・・

  • J-POP
  • 世界にひとつだけの花(SMAP)、どんなときも。(槇原敬之) 、ありがとう(いきものがかり)、奏(スキマスイッチ)、 Beautiful(superfly)、今咲きほこる花達よ(コブクロ)、RPG(SEKAI NO OWARI)
  • ジブリ・ディズニー
  • いのちの名前(千と千尋の神隠し)、Under the Sea(リトル・マーメイド) 、Arrietty's Song(借りぐらしのアリエッティ)、生まれてはじめて(アナと雪の女王) やさしさに包まれたなら(魔女の宅急便)
  • サブカルチャー
  • 変わらないもの(時をかける少女)、そこに空があるから(ポケットモンスター) 、メリッサ(鋼の錬金術師)、ドラマチック(ハチミツとクローバー) 、Baba Yetu(Civilization 4)
  • 外国の曲
  • Danny Boy、流浪の民、Que Sera Sera、We Are The World
  • ミュージカル
  • マスカレード(オペラ座の怪人)、スキンブルシャンクス(CATS)、 Circle of Life(ライオンキング)、Mamma Mia(Mamma Mia!)、 Do you hear the people sing?(レ・ミゼラブル)

    ♪もちろん、普通の合唱曲も歌っています。
  • 合唱曲
  • ワクワク(信長貴富 谷川俊太郎)、初心のうた(信長貴富 木島始) 、そのひとがうたうとき(松下耕 谷川俊太郎)、 はじまり(木下牧子 工藤直子)、二十億光年の孤独(木下牧子 谷川俊太郎)

歌う曲は年2回の選曲会議で決められます!   

その2 いろんな楽器を弾ける!

フロイント・コールの大きな特徴の一つに「伴奏に使う楽器の多彩さ」があります。 ピアノはもちろん、ギター、エレキベース、シンセサイザー、ドラム、リコーダー、ハーモニカ、ボンゴ、フルート、カホンなどなど…本当に様々な楽器を使っています。先輩達が弾き方やコツを教えてくれるので、練習すれば誰でも弾けるようになりますよ☆

その3 団員がたくさんいる!

フロイント・コールは団員100名以上の大規模なサークルなので、さまざまな人が所属しています。好きな音楽がマイナーで一緒に楽しむ人がいない!という人も、たくさんの人と趣味を楽しみたい人もきっと仲間を見つけられますよ♪

◎その他にも・・・

  • 大人数で歌う合唱だけではなく、アカペラバンドのように少人数(4~8人くらい)で歌う「クライネル」もやっています。
  • 夏合宿でのコンパや追い出しコンパでは、有志による出し物感覚での音楽を発表し たりもします。合唱・クライネル・バンド・ミュージカル・アカペラ・・・ と実に多彩!

このようにフロイント・コールは「これ」といったジャンルに縛られず 幅広い音楽を楽しむことができるサークルです☆
活動内容や団費などについてはこちら

ページの先頭へ戻る

close