Last Update:Jan 14,2002


月日

出来事

解説

1月1日
FM東京でアルファ・レコード主催の「フュージョン・フェスティバル」をオンエア。(新宿、紀伊國屋ホール)  

1月19日
〜20日
大村憲司セッションに坂本龍一が出演(六本木、ピット・イン)  

1月24日
大貫妙子コンサートに坂本龍一が出演(青山、タワーホール)  

2月12日
〜16日

細野晴臣がアメリカ発売されるファースト・アルバムのリミックスに立ち会い。(ロサンゼルス)

リミックスはロサンゼルス・キャピトル・レコード・スタジオで行われ、ミックスはアル・シュミットが担当した。オリジナル・ミックスを参考にしながらも、エコー処理により低音部を太く、さらにフュージョンよりになっているが、細野のお気には召さなかったようだ。「あれだったら僕は東京ミックスの方が好きだな」と発言。

2月16日
〜17日
大村憲司セッションに坂本龍一が出演(六本木、ピット・イン)  

2月22日
〜24日
渡辺香津美セッションに坂本龍一が出演(六本木、ピット・イン)  

3月2日

セカンド・アルバムのレコーディング開始。

ゲストに鮎川誠、サンディらを迎えた。
ファースト・アルバムの世界発売が決定し、今後の作品がワールドワイドで発売されることを意識して制作された本作は、レコーディングに3ヶ月の時間をかけられた。当初アルバムタイトルは「メタマー」の予定だったが、この「メタマー」と言う言葉は、細野が自著「レコード・プロデューサーはスーパーマンをめざす」の中で、「YMOのテーマはメタ(超)・ポップス。これは俗っぽいキャッチ・フレーズでね。まあディーヴォの逆なんだ。」と発言しているように、メタファ、あるいはメタモルフォーゼとポップスを組み合わせた造語であり、超突然変異を意味する。

3月7日
山下達郎のライブに坂本龍一が出演(六本木、ピット・イン)  

3月9日
〜10日
吉田美奈子のライブに坂本龍一が出演(六本木、ピット・イン)  

3月28日
矢野顕子のライブに坂本龍一が出演(渋谷、ジャンジャン)  

4月5日
矢野顕子のコンサート「-東京は夜の7時-」に細野晴臣、坂本龍一、高橋ユキヒロの3人がゲスト出演。(大阪、厚生年金ホール) ギタリストとして大村憲司も出演。

4月23日
〜24日
矢野顕子のコンサート「矢野顕子5daysコンサート〜東京は夜の7時〜」に細野晴臣、坂本龍一、高橋ユキヒロの3人がゲスト出演。(六本木、ピット・イン) ギタリストとして大村憲司も出演。

4月25日

矢野顕子のライブアルバム「東京は夜の7時」(ジャパン)発売。

YMOの3人が参加。
矢野顕子のコンサート「矢野顕子5daysコンサート〜東京は夜の7時〜 Featuring 坂本龍一」に細野晴臣、坂本龍一、高橋ユキヒロの3人がゲスト出演。(六本木ピット・イン) 同ライブ2日目のこの日は特に坂本をフィーチャーした内容で行われた。
ギタリストとして大村憲司も出演。

4月26日
〜27日
矢野顕子のコンサート「矢野顕子5daysコンサート〜東京は夜の7時〜」に細野晴臣、坂本龍一、高橋ユキヒロの3人がゲスト出演。(六本木ピット・イン) ギタリストとして大村憲司も出演。

4月30日
井上敬三のライブに坂本龍一が出演(六本木、ピット・イン)  

5月3日
渡辺香津美のグループ「KYLIN」のツアーに坂本龍一が参加。(原宿、クロコダイル) このツアーは8月末まで行われ、坂本は計20公演に参加。

5月18日
TVK「ファンキー・トマト」に細野晴臣、高橋幸宏が出演。  

5月21日
近田春夫のアルバム「天然の美」(キング)発売。 YMOとして演奏、編曲で参加。

5月25日
朝比奈マリアのアルバム「MARIA」(アルファ)発売。 YMO名義で数曲の編曲を担当している。
サーカスのアルバム「ニュー・ホライズン」(アルファ)発売。 坂本が編曲で参加。

5月26日
来日中のアメリカのテクノポップ・バンドDEVO(ディーボ)のメンバーと高橋ユキヒロがFM東京の会議室で対談を行う。 この対談は、雑誌「ニューミュージック・マガジン」1979年7月号に掲載された。

5月30日
アメリカでファーストアルバム「イエロー・マジック・オーケストラ」と12インチ・シングル「ファイア・クラッカー/イエロー・マジック(東風)」(ホライズン/A&M)が同時発売。

米国盤は、初回のみカラー・レコード(黄色)であった。

6月

*イギリスでファーストアルバムとシングル「東風」(B面は「コズミック・サーフィン」)発売。

*高橋ユキヒロの参加していたバンド「サディスティクス」が解散。

 

6月18日
YELLOW MAGIC SHOW
ヨーロッパ・ツアー・スタッフと関係者にライブを披露。(六本木、Bee)
サポート・メンバーは渡辺香津美、矢野顕子、松武秀樹。
A&M系アーティストののヨーロッパ・ツアーを手がけているニール・ワンノフが来日し、この日のYMOのステージを視察した。

6月21日

坂本龍一&カクトウギ・セッションのアルバム「サマー・ナーヴズ」(CBSソニー)発売。

カクトウギ・セッションのメンバーは、高橋ユキヒロ、矢野顕子、大村憲司、小原礼、ペッカー、浜口茂外、鈴木茂、松原正樹、山下達郎、吉田美奈子、ジェイク・H・コンセプション。

6月23日
「カクトウギ・セッション」の第1回戦が行われる。(六本木、ピットイン) カクトウギ・セッションのメンバーに加え、渡辺香津美と細野晴臣が参加する予定だったが、細野は急病のため出演中止。

6月25日

渡辺香津美のアルバム「KYLIN」(日本コロンビア)発売。

坂本龍一プロデュース。
参加ミュージシャンは、坂本龍一、高橋ユキヒロ、矢野顕子、小原礼、村上秀一、ペッカー、向井滋春、本多俊之、清水靖晃、益田幹夫、多アンサンブル。
3人が参加した、ブレッド&バターのアルバム「レイト・レイト・サマー」(アルファ)発売。  

7月
*加藤和彦のレコーディングに参加するため、坂本龍一、高橋ユキヒロが小原礼、大村憲司とともにバハマに行く。  

7月25日

ファーストアルバム「イエロー・マジック・オーケストラ」の米国リミックス版が日本発売。

7月26日
「カクトウギ・セッション」の第2回戦が行われる。(六本木、ピットイン)

出演は、KYLIN渡辺(香津美)、ドクター坂本(龍一)、ポンタ村上(秀一)、アミン小原(礼)、ペッカー・ペリカホ(ペッカー)、高橋ブリックス(ユキヒロ)、ストロング矢野(顕子)、ラッシャー大村(憲司)、松原正樹。

YMOが予告なしでゲスト出演。「東風」他3曲を演奏した。

7月27日
「カクトウギ・セッション」の第3回戦が行われる。(六本木、ピットイン)

8月1日
ハリウッド、スタジオ・インスツルメント・レンタルでグリーク・シアター公演のリハーサルを行う。  

8月2日
〜4日

ロサンゼルスのグリーク・シアターで行われたチューブスのコンサートに、前座としてYMOが出演。初の海外公演。

サポート・メンバーは、渡辺香津美(ギター)、矢野顕子(キーボード)、松武秀樹(コンピュータ・マニピュレータ)。
最終日にはアンコールを求められるほどの成功を収める。
YMOにとって初の海外公演となったこのライブは、後にビデオ「YMO」(ビクター)として発売されている。また、初期YMOの象徴とも言える”
赤い人民服”も、この頃からステージで着用されている。
また、YMOのコンセプトの一つである「外人から見た、誤解された東洋」は、このステージで確実に反応があった。公演後に坂本は「意識的に西洋音楽のテクニックを使い、その中に自分たちのオリジナリティをしのびこませるっていう、僕達の方法論が誤っていなかった」と語っている。

8月6日
ロサンゼルスのクラブ「マダム・ウォン」に出演。 L.A.滞在中、20件近いインタビューをこなした彼ら。
アメリカのジャーナリストからは「DEVOをどう思うか?」とか、「富田勲の影響はあるのか?」等の質問がされた。中には「なぜ、日本古来の楽器を使用しないのか?」といった質問もあったらしい。

8月23日
テレビ東京「サウンズ・クリエイション」収録。坂本龍一が出演。  

8月25日
細野晴臣著「レコード・プロデューサーはスーパーマンをめざす」(CBSソニー出版)発売。  

8月31日
〜9月1日
矢野顕子コンサート「矢野顕子2days」のサポート・メンバーとして、坂本龍一、高橋ユキヒロが参加。(六本木、ピットイン)  

9月10日
〜11日
チューブスの来日公演で前座をつとめる。(中野、サンプラザ)  

9月13日
〜14日
チューブスの来日公演で前座をつとめる。(芝、郵便貯金ホール)  

9月25日

セカンド・アルバム「ソリッド・ステート・サヴァイヴァー」(アルファ)発売。

10月3日
〜6日
初の海外ツアー「トランス・アトランティック・ツアー」のリハーサルを行う。(南箱根、ロックウェル・スタジオ) 使用機材点数、約100点、重さ1.5トンといわれる全ての機材を持ち込み、本番を想定したセッティングでリハーサルを行った。

10月13日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

第1回ワールド・ツアー「トランス・アトランティック・ツアー」に出発。(英国航空BA006便、21:30発)

10月14日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

ロンドン到着。(6:05着)
ロイヤル・ガーデン・ホテルに入る。

 

10月15日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

雑誌、ラジオのインタビュー。

12:45 フランスの雑誌「COURANT」のインタビュー。
    (インタビュアー:Peter Kent)
16:00 英国「MELODY MAKER」のインタビュー。
    (インタビュアー:Harry Doherty)
17:30 英国CAPITAL RADIOのスタジオでインタビュー録音。

ヴェニュー(ロンドン)にてリハーサル。

10月16日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

ヴェニュー(ロンドン)公演。(Venue/London)

16:00 YMOのメンバーがヴェニューに入る。
19:30 開場

コンサート終了後、ホテルで「NEW MUSICAL EXPRESS」のインタビュー。

この日のロンドンは雨が降っていたため、会場が停電していたらしい。通電したのは開演の2時間前。

10月17日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

ロンドンからパリに移動。
(エール・フランスAF813便、13:30ロンドン発、14:30パリ着)
HOTEL L'HORSETに入る。

17:00 「ROCK'N STOCK」インタビュー。
    (インタビュアー:Thienny Chatain)

 

10月18日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

シアター・ル・パラス(パリ)公演。(Theatre Le Palace/Paris)

16:30〜21:30 シアター・ル・パラスにてリハーサル。
24:00 ショー

10月19日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

雑誌のインタビュー。

14:00 「FACADE」のインタビュー。
    (インタビュアー:山本寛斎)
15:30 「ACTUAL」のインタビュー。
    (インタビュアー:Elisabeth Damieres)
16:30 「Rock'n Folk」のインタビュー。

 

10月20日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

フランスのテレビ・ショー「コーラス」に出演。

12:30 収録のためスタジオ入り。
9:10〜10:15 On Air

収録はシャンゼリゼ近くのエンパイア・シアターで行われた。

10月21日
ラジのアルバム「キャトル」(CBSソニー)発売。 細野晴臣が作曲、高橋ユキヒロがプロデュース、坂本龍一がサウンド・プロデュース、編曲で参加。
加藤和彦のアルバム「パパ・ヘミングウェイ」(ワーナー・パイオニア)発売。 坂本龍一と高橋ユキヒロが参加。

10月22日

<TRAN SATLANTIC TOUR>

仏ラジオEurope1「クロロフィル」インタビュー。(ホテルにて)

ラジオ・ルクセンブルグ提供”ディスコ'79”の公開ライブに出演。

10月23日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

パリからロンドンに移動。

 

10月24日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

ヴェニュー(ロンドン)公演。(Venue/London)

11:00  N.M.Eのための撮影。
12:00 ドイツ「ROCKEY」誌、オーストリア「Rolling Stone」誌
    インタビュー。
17:00 ヴェニューにてリハーサル。
22:00 ショー

10月16日の公演では400人のキャパシティーに対して、1200人が押し寄せたため、ベルリン公演をキャンセルしてこの日のライブが実現した。
この公演後、当時のアルファ・レコードの社長、村井邦彦が「1年後にYMOは全世界で1000万枚のレコードを売ることが出来るでしょうか。誰にも分からないけど、今日のステージから、成功の匂いがしました。」とのコメントを残している。

10月25日

ファースト・シングル「テクノポリス」発売。

B面は「ソリッド・ステート・サヴァイヴァー」。

シーナ&ザ・ロケッツのアルバム「真空パック」(アルファ)発売。

細野晴臣プロデュース。3人がYMOとして全面参加。
「トランス・アトランティック・ツアー」でレパートリーとなった、「ラジオ・ジャンク」と、坂本龍一と松武秀樹がローランドMC-8(シーケンサー)で打ち込んだ「ロケット工場が収録されている。
クレジットには、「歌と演奏−シーナ&ロケット、特別参加−イエロー・マジック・オーケストラ」と書いてある。

10月26日

<TRANSATLANTIC TOUR>

ロンドンからニューヨークに移動。

14:30〜15:30 BBC短波国外放送(日本向け)インタビュー。
15:30 ホテル出発。

ロンドン発(PA103便)ニューヨーク(JFK)着

ホテルCity Squire Innに入る。

J.F.K.空港にGail Davis(A&M)、Burt Miller(ツアー・マネージャー)が出迎えた。

10月28日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

イタリアン・レストラン”Grotta Azzura”においてアルファ・レコード主催の夕食会。

 

10月29日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

A&Mオフィスにおいてインタビュー。(13:00)

 

10月30日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

インタビュー&リハーサル
(スタジオ・インスツルメント・レンタル)

14:00 S.I.R.においてインタビュー。
16:30〜20:00 リハーサル

 

10月31日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

ニューヨークのスタジオ、”S・I・R”にてランスルーを行う。(15:00〜18:00)

11月1日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

ハラー(ニューヨーク)公演。(Harrah/New York)

16:00〜19:00 サウンド・チェック。
22:00 ショー
25:30 ショー

ライブは22時と深夜1時30分の2回行われた。

11月3日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

予定されていたホット・クラブ(フィラデルフィア)公演がクラブ側の事情で中止に。

ニューヨーク発(Amtrack 13:30)
ワシントンD.C.着(17:00)
ホテルHoliday Innに入る。

19:30 メンバーとKiKi Miyake、Gail、Bartの会食。

リムジンで市内観光。

 

11月4日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

ザ・バイユー(ワシントンDC)公演。
(The Bayou/Washington D.C.)

17:30 サウンド・チェック。
22:00 ショー

ワシントンという場所柄か、若者をつかめず、観客は不入りだった。

午前中は、美術館めぐり。

11月5日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

パラダイス・シアター(ボストン)公演。
(Paradise Theatre/Boston)

ワシントンD.C.発(AA400便、9:20)
ボストン着
ホテルCambridge Hyattに入る。

17:00〜19:00 サウンド・チェック。
21:00 ショー

11月5日
〜9日
東京12チャンネル(現テレビ東京)「パイオニア・ステレオ音楽館」でYMO特集が放送される。 「パイオニア・ステレオ音楽館」は、月〜金まで15分枠で放送されていた番組。このYMO特集では、8月のL.A.グリーク・シアター公演、9月の中野サンプラザ公演(ともにチューブスの前座)の模様が放送されている。

11月6日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

ボトムライン(ニューヨーク)公演。(Bottom Line/New York)

ボストン発(メンバーのみ7:45集合)
ニューヨーク着(10:00)
ホテルDrake Hotelに入る。

15:00〜17:00 サウンド・チェック。
18:30 ニューヨークのブティック、フィオルッティのパーティ。
21:00 ショー & ライブ・レコーディング

ライブの前に、ブティック”フィオルッティ”でパーティが催され、元ラヴィン・スプーンフルのジョン・セバスチャンやマイク・マイニエリらが訪れた。
「トランス・アトランティック・ツアー」の最後を飾るこのライブの盛り上がりは最高潮であった。その模様は翌7日、米ABCテレビのニュース番組で放送され、”日本のビートルズ”と紹介されている。

11月7日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

チャイナタウンで夕食会。

参加者は、
アルファレコード社長、Gail、Burt、Michael、メンバー、スタッフ、米国スタッフ、プレス。

11月8日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

ニューヨークを出発。(PA801便、8:00発)

 

11月9日

<TRANS ATLANTIC TOUR>

日本(新東京国際空港)到着。

 

11月19日
NHKニュースでYMOのレコーディング風景を放送。  

11月20日
テレビ東京「ステレオ音楽館」収録。高橋幸宏が出演。  

11月25日
渡辺香津美のアルバム「KYLIN LIVE」(日本コロンビア)発売。 このアルバムは2枚組のライブ盤。このうち3面は坂本龍一のプロデュースで矢野顕子のボーカルをメインに構成されている。
また、このアルバムには「在広東少年」が収録されている。

11月30日
細野晴臣著「地平線の階段」(八曜社)発売。  

12月19日

<Yellow Magic Orchestra Back in TOKIO>

「トランス・アトランティック・ツアー」の凱旋公演を行う。(中野、サンプラザ)

海外公演を終えたYMOを待っていたのは、日本のオーディエンスの過剰な期待であった。この凱旋公演で、YMOは見事にその期待に応えた。この日のライブの前座はシーナ&ロケッツ。また、「パブリック・プレッシャー」に収められた「バック・イン・トキオ」はこの日の演奏である。

12月31日
坂本龍一が、サーカスの「アメリカン・フィーリング」の編曲で、レコード大賞編曲賞を受賞。 坂本龍一は、「売れるように工夫するとか全然考えてなくて、ただ普通にやっただけだから、自分のやったことが評価されたと言う感じがしない」とコメントしている。

12月31日

1980年
1月5日
FM東京で、11月6日のボトムライン(ニューヨーク)公演がオン・エア。  

 

ホーム


すべてのディズニーファンへ


すべてのYMOファンへ


海外旅行日記


すべてのセナファンへ

 

 

 

 
close