HOME

荒井 由実 クリスマス・コンサート

たぬき@東京さん所蔵
日本青年館ホール
地下鉄銀座線 ・ 外苑前下車
中央線 ・千駄ヶ谷下車5分


昭和49年12月25日(水) P.M.6:00開演

指定 …… \1500
自由 …… \1200

主催 / メロディーハウス
協力 / 東芝レコード・
阿部義弘音楽事務所

写真をクリックすると
大きいサイズで見ることができます
(425×603  36.3kb)


ticket
  
 
playlist
 
1. オープニング
2. 生まれた街で
3. 紙ヒコーキ
4.ベルベット・イースター
5. 返事はいらない
6. 私のフランソワーズ
MC

7. きっと言える
8. そのまま
9. 旅立つ秋
10. あなただけのもの
11. ひこうき雲
MC

12. 真昼日(インストゥルメンタル)
13. センチメンタル・ジャーニー
吉田美奈子さん)

14. 忘れないで
吉田美奈子さん
MC
15. 週末(荒井由実)
MC
16. チャイニーズ・スープ
(荒井由実・吉田美奈子)
17. 恋のスーパー・パラシューター
MC

山本潤子さん登場
18. 瞳を閉じて
MC
19. たぶんあなたはむかえにこない
MC
20. 何もきかないで
21. ルージュの伝言

山下達郎氏登場
MC
22. 12月の雨

<EC-1>
23. 私のフランソワーズ

report 
 

おはーでございます。
たぬきの昔話 第3弾 1974年12月25日の
荒井由実コンサートの模様を実況中継で???お送りしますです。はい。


会場 : 東京、千駄ヶ谷、日本青年館
日時 : 1974年12月25日
演奏 : ダディーオー・松任谷正隆


前半は淡々と曲をこなしていたんですが、盛り上がったのは
後半に吉田美奈子さんがゲストで登場してからです。
いきなり例のあのアンニュイな声で
「私、荒井由実のコンサートへようこそ」とお客さんを笑わせて、2曲歌いました。
♪センチメンタル・ジャーニー
忘れないで
やっぱり声がいいというか、歌がうまいというか。
誰と比べてとは言いませんけど・・・。

そのあと、美奈子の歌をユーミンが歌ったあと、
「美奈子はアンニュイがあって、うらやましいわ」とのお言葉のあと、
名曲「チャイニーズ・スープ」を二人で歌いました。これは本当によかったです。
ユーミンの声に美奈子の声が絡むような歌い方で、
出来ることならもう一度、聞いてみたいですね。

「今日はとっても上がってしまって、例のミュージック・フェアー以来なんです」
と、言うと、会場大笑いです。
補足説明をいたしますと、この年の10月頃に、
テレビの「ミュージック・フェアー」に五輪真弓、かぐや姫と一緒の回に
出演したんですが本人曰く、緊張して上がってしまいメロメロだったそうなんです。
それ以来、何かというと、MCで「ミュージック・フェアー」と
言うようになったんですが、
放送を見ましたが、普段とあまり変わらなかったと思いましたけど・・・
(失礼しました)

「それなので、今日は最強女性コーラスをお願いしました。
吉田美奈子さんと隣でモナリザのようにほほえんでいるのは、
今年解散した赤い鳥の山本潤子さんです。」
といって、ハイファイセットの山本潤子さんを紹介しました。

今なら、みなさん「おー」という声が出るところですが、当時、赤い鳥という
グループは知っていても、山本潤子さんについてよく知らなかったので、
「ふーん」という雰囲気でしたね。それでも、「今度でるハイファイセットの新曲は
私の曲なので、みなさんどうぞよろしく」としっかり宣伝してました。
翌年の1975年に新宿紀伊国屋ホールで、ハイファイセットとジョイントコンサートを
開催したのは有名なお話です。そのうちまたレポいたします。

これだけでもすごいのに、なんと、「ルージュの伝言」では、シュガーベイブが
登場しました。そう、あの山下達郎氏が参加してました。
それもコーラスでですよ。すごいでしょう。今ではもう考えられないことですよね。 
でも、やっぱり当時は、ビックリしなかったというか、
だいたいシュガーベイブを知らなかったんです。(はずかし)
だから、山下達郎氏も知らなかったのが実状です。
でも、言い訳すると、このあと、山下達郎がソロでデビューしたときから
アルバムは聴いていますよ。

というわけで、ユーミン最初のクリスマスコンサートというわけです。
実はこのときはチケットを買い損なったのですが、運良く、雑誌(ぴあだったと思
いますが)の懸賞で自由席が当たったんです。
ラッキーと思って会場に入ったら、ものすごい後の席で、
あんまりひどいので、聞かずに帰ろうかと思ったほどでした。

だって、その前の週に、渋谷のジャンジャンで前から2列目だったし、
このコンサートの10日あとには、またジャンジャンでライブがあるので、
開演2時間前に並べば前の方に座れたんです。実際その通りでした。
結果としては、帰らなくてよかったと思います。
それに後の席と言っても、中野サンプラザがとてつもなく広いと思った時代ですから
今思えばそれほど後ろというほどではなかったんですね。
日本青年館はこのコンサートの翌年に新しく建て直したようです。

大変長くなりました。ではまた。
● 古狸(荒井由実評論家??)

other


このページを作る、少し前の日曜日(2002/5/26)、
山下達郎氏のTFMの長寿番組SSB(Sunday Song Book)で
「History of 山下達郎 vol. 6(番外編)」が放送されました。
この「番外編」は達郎氏がカバーした楽曲や、コーラスに参加した楽曲を
取り上げての一時間でしたが、その中でユーミンの楽曲も取り上げられました。
その一部を再現してみました。

                                                     
= 東京FM 山下達郎 SSB 再現コーナー =

私は昔からコーラスが好きでですね、十代の時はビーチボーイズとかそういう
コーラスグループのコピーバンド、随分やっておりまして
70年代のロックとかフォークのシーンにはですね男のコーラスはほとんど絶無だったんです。
まぁ、私は珍しがられてコーラスにいろんな所に呼ばれるうちに
そうしたスタジオミュージシャンでかなり仕事をしました。
そんな中からちょっと珍しいところでお聞きをいただきたいと思いますが、
シュガーベイブをやっていた時代、私と大貫妙子さんと、それから
シュガーベイブのギタリストの村松邦男さんと3人でですね、よくスタジオでコーラスを
やったもんでございます。当時、すごく仲の良かったアレンジャーで瀬尾一三さんと
いう方がいらっしゃいましてですね、今は中島みゆきさんの全てやっておりますが、
当時は吉田拓郎さん、山本コータローさん、それから南こうせつさん
あーしたフォークを一手に引き受けるアレンジャーでございました。
瀬尾さんの仕事はたくさんありまして、意外なところでそうしたフォーク関係の
レコーディングに参加しております。そんなひとつ1975年の山田パンダさんの「風の街」

♪風の街 (山田パンダ)

喜多条 忠作詞、吉田拓郎作曲、瀬尾一三編曲、歌っている山田パンダさんは
かぐや姫のメンバーでございますが、1975年のヒット曲。大ヒットでありますが「風の街」
トップが大貫さんで、セカンドが僕で、サードが村松さんという構成でございます。
これは吉田拓郎さんの曲で、吉田拓郎さんがプロデュースしてまして
クラウンのレコーディングスタヂオで譜面を貰って♪表参道〜〜と歌っておりましたらですね
吉田拓郎さんが「すいません、そうじゃないんです♪おっもてぇ〜さんどぉうっつ〜〜
って歌って下さい。」って言うんで、それはスッゴク覚えております。
それ以来、拓郎さんとは一回も口をきいたことがありませんです(笑)
えっ〜そういう想い出とともにあります。スタジオミュージシャンをやっていた時代のことです。
私はもともと、そういうコーラス出のスタジオミュージシャンとして仕事を始めて
一番最初のきっかけはですね、たまたまユーミンが、私がシュガーベイブのコーラスを
やっているのを見て、指名で彼女の1974年のMISSLIMというアルバムに起用してくれたことです。
それから名前が通ってきましてですね、いろんな所から声が掛ってきました。
えー、やっているうちに僕一人で多重コーラスをやるということもユーミンのアルバムでは
何回かやったことがありますが、1978年の流線形 '80 に入っております
真冬のサーファー 」間奏のギターまで弾いております。

♪真冬のサーファー (松任谷由実)

松任谷由実さん、1978年のアルバム「流線形’80」に入っております「真冬のサーファー
私のひとり多重コーラスであります。
私この時25かな。ユーミンが、ということは24か…若いなぁ。声が若いですね。



SSBからの抜粋はここで終りますが、この間約7分(楽曲2曲含む)
達郎氏の弾丸トークはまったく小気味いいです(^^;
話しにでてくるユーミンと達郎氏の出会いのアルバムMISSLIM1974.10.5リリースですから
まさにこのクリスマスコンサートのあった年に、
松任谷由実と山下達郎という偉大なアーティストが出会ったわけですね。


山下達郎氏参加ユーミンソング
MISSLIM
生まれた街で シュガー・ベイブ
瞳を閉じて シュガーベイブ
12月の雨 シュガーベイブ
魔法の鏡 シュガーベイブ
あなただけのもの 山下達郎
たぶんあなたはむかえに来ない シュガーベイブ
コバルト・アワー
何もきかないで 山下達郎
ルージュの伝言 山下達郎
航海日誌 山下達郎
少しだけ片想い 山下達郎
YUMING BRAND
少しだけ片想い 山下達郎
魔法の鏡 シュガーベイブ
ルージュの伝言 山下達郎
12月の雨 シュガーベイブ
瞳を閉じて シュガーベイブ
翳りゆく部屋 山下達郎
14番目の月
さざ波 山下達郎
14番目の月 山下達郎
天気雨 山下達郎
グッドラック・アンド・グッドバイ 山下達郎
流線形'80
真冬のサーファー 山下達郎
OLIVE
最後の春休み 山下達郎
甘い予感 山下達郎
稲妻の少女 山下達郎


夜中にリマスターCDを聞きながら抜き出してみました(^^;
「これが抜けてるよ」とか
「これは、たっつあんじゃないのでは?」等ありましたら
掲示板または、Contactのメールフォームよりご連絡下さい。
よろしくお願いします。

Special thanks

たぬき@東京さん、またまたレアなチケット&チラシのご提供ありがとうございます。
よくぞ保存しておいて下さいました!
そして、いつもながらの詳しいレポには感心しています。心から感謝です。


尚、このページはたぬき@東京さんのご了承を得て公開しております。
画像の無断転載を禁止します。

close