BIG NOISE BAND


YRCって何?
コアバンドの紹介インフォメーションイベントレポートスタッフリンクのページ
 

        

 


ビックノイズバンドとは

ビックノイズバンドは、1973年頃に、東急東横線沿線の元住吉駅近くに在住した、当時の高校生たちが中心になり、当時の仲間たちが集結し結成されました。
当時元住吉に在住された方、メンバーを御存知の方、当時高校生でバンド活動をされていた方是非メッセージをお寄せ下さい。




 

荒井 憲冶 (ボーカル)

1955年5月3日 東京生まれ  川崎市立井田中学時代に、バスケット部に所属しメンバーの金井、山崎と出会い、バンドを結成しビートルズナンバーを中心のレパートリーで活動、その後法政二校に進み金井と共にフリーのコピーバンド、ヘビーロードを結成各地の高校の文化祭等に出演、TBSの番組、銀座ナウにもこの時期に出演したことがある。ポールロジャースとロッドスチュアートを師と仰ぎ、高校卒業後は、神田外語学院へ進んだが、メンバーの金子らと共に当時の、パブなどでハコバンド(以下ハコバン)として活動、米本、嵯峨野、瀬戸などとも当時共に活動した事もある。
その後飲食店関係へ就職し、一時バンド活動を中止し、オーナーとして元住吉にALLDAYSというパプと、十日市場にカラオケ店を経営し、ヤングオーナーとしてその才能を発揮した。
もちろんそれらの店がバンドのメンバーの集会にたびたび使われた事は言うまでも無い。
昨年突如、2店の経営を止め、タクシー乗務員として転職、現在はバンド活動にも中々参加出来ないほど、多忙を極めている。



 

金井 優 (ギター)

1955年4月29日  川崎生まれ  井田中学時代に荒井、山崎と出会い、法政二校時代は荒井と共にフリーのコピーバンド、ヘビーロードで活動、好きなギターリストはポールコゾフ、リッチーブラックモアなどのハードロックを好む、中学時代にバスケット部に所属、法政二校の高校時代は吹奏楽部でトランペットを担当し主将でもあった。
大学時代は一転し、サーファーとなりバンドとは無縁の生活を送った。
その後現在の勤務先、富士ゼロックスへ就職し今日に至るが、約20年近くギターを手にしておらず、ビックノイズの初回のパーティーではタンバリンを担当した。
その後ギターを再度購入し、自主特訓をし、現在ギターリストとしての復活を遂げた。



 


金子 健一 (ベース、ボーカル)

1955年12月18日  東京生まれ  川崎市立住吉中学時代にギターを始め、ビートルズに刺激を受けクラスメートとともにバンドを結成するが、楽器を持っていなかったため、同じ中学だった佐浦のバンドの楽器を借りて練習した。その後法政二高へ進学し、佐浦とともにウイッシュボンアッシュのコピーバンドを結成し佐浦の強引な説得でベーシストとして活動を始めた。
高校卒業後は、アルバイトとして友人の紹介で、ハコバンのベーシストとして仕事を始め、荒井を誘い、一緒にハコバンとして活動を共にした。その後アイドルタレントのバックバンド等を経験し、ロックグループ ハリマオのボーカルNと共にバンドを結成活動するが、メジャーになりきれず活動を断念し帝都無線へ就職する。
結婚を期に、義父の紹介先の緑法人会へ再就職し、以降仕事がら酒びたりの毎日になり、二周りほど大きな人間に成長してしまい、昔の面影を無くしてしまった。就職してからはほとんどバンド活動とは無縁で、最近ベースを購入し再び練習を開始した。コーラス部門をビックノイズバンドではベースと共に担当し、中々の美声の持ち主でもあり、ビックノイズバンドのMCも担当している。



 


佐浦  高志 (ギター、ボーカル)

1956年2月29日  川崎生まれ  川崎市立住吉中学時代に現在プロギタリスト(パラドックス)のT,Yと出会いバンドを結成ローリングストーンズやモンキーズなどをレパートリーにしボーカルで活動した。
その後T,Yが脱退しギタリストに転向し、同バンドで活動、金子ともこの時期に出会う。
その後県立向の岡工業へ進学し当時人気のあったグランドファンクレイルロード、後楽園球場の伝説のライブを見て大きな衝撃を受け、中学時代のバンド仲間とともに、グランドファンクのコピーバンド、メゾンドムーブルを結成、歌えるギタリストを目標にし、県立川崎高校文化祭に出演し、瀬戸と出会う。
瀬戸の有機眼、山崎の魔羅と出会いギタリストとして限界を感じ、グループを解散、その後金子との交友関係が深まり再びバンドを結成する。卒業後は松下通信工業へ入社し、松下のビックバンド(カウントセイノ)にてギターを担当するが、当時金子の家に居候として同居生活を始めたため、金子の影響を受けて退職しハコバンの仲間入りをする。バンド解散後は一人六本木で弾き語りなどをするが、銀座の阪急ビル屋上のビヤガーデンを最後に、販売関係の仕事へ転職しバンド活動を休止する。
以降アマチュア活動として自己のバンドを結成するが、瀬戸の誘いで3回目のビックノイズパーティーから参加する。現在は、再び転職し松下通信工業の共栄会社、(株)横浜ビジネスサービスでセキュリティカメラ、プロオーディオ機器のサービスを従事し、課長を務める。



 


嵯峨野  時雄 (ベース、ギター、キーボード)

1956年5月24日  川崎生まれ  川崎市立住吉中学時代にギターを始め、当時クラスメートであった、現在プロベーシスト(元スペクトラム)W,Nらとバンドを結成、GSのナンバーを中心にベースを担当する。
またW,Nの兄である、元ワイルドワンズのW,Sらとも交友をもち、ギターを教わる。
また佐浦のバンドで当時ギターを弾いていた、T,Yとも親しく、高校卒業後T、Yを通じ荒井のバンドでベースを勤めた、その後荒井に誘われ、瀬戸と共にハコバンとして活動する。
荒井との付き合いはその後も続き、自宅にキーボードを買った事を機会に、ビックノイズパーティーを企画し、メンバーを集める。彼のキーボードは30歳から初めたもので、無論譜面などは読めるわけが無い。
現在は赤帽さがの運送を経営。ビックノイズバンドの男の中では、最年少でリーダーでもある。
彼はまた恵まれた体系でスポーツ万能であり、中学時代には野球部のエースを務め、今日に至っても野球はライフスタイルとして続けている。



 


瀬戸  邦彦  (ギター、キーボード)

1955年6月   川崎生まれ  小学校3年生の時に兄の影響でベンチャーズに出会い、ギターを始める。
中学1年の時にすでに、「ぼくとエレキ」というタイトルの作文を学校で書き、そのかかわりの深さを印象づけた。
キーボードは中学に入ってから、エレクトーンを習いはじめたのがきっかけで、3年生の時には、兄のバンドへ飛び入り参加で、文化祭に出演した。
その後県立川崎高校へ進学し、現在東芝のビックアーティストU,HのプロデューサーのM,Aや、元ロックバンド(クリエィション)のドラムスH,T、らと共に有機眼を結成、ギターリストとして活躍クリームのナンバーを得意とした。そのレベルの高さには、当時の高校生を圧倒した。その後同高校在学中に、ビックバンドでもギターとして、フォークバンドではベーシストとして、その多彩な音楽の才能を発揮した。
その後大学在学中に自己のバンド川崎サンライズを結成、多重録音にてオリジナルの作品を多数創作し、そのかたわら山崎、米本らのバンド、クレフにもキーボードとして参加、荒井、嵯峨野ら共ハコバンとして活動したのも、同時期である。
大学卒業後も、ヤマハのエレクトーン講師となり、教え子の発表会にもギタリストとして参加、人形の家などの音楽を担当するなど、その活動を広げる。
現在はビックノイズバンドの音楽的な中心であり、ビックノイズのサウンドは彼によって作られるといっても過言では無い。現在も他に嵯峨野らと共に、ベンチャーズとモンキーズなどのコピーバンド、モンチャーズやその他の活動も行ない、多忙な音楽活動を行っている。
 



 


山崎  省三  (ギター、キーボード)

1955年8月7日 生まれ  小学校5年生のとき川崎市立住吉小学校へ転向してきて佐浦と出会う、その後井田中学校で荒井、金井らとバスケット部で出会い、バンドを結成する。
その後神奈川県立多摩高校へ進学し、米本と出会い、ハードロックバンド摩羅を結成ギターを担当し、レッドツェッペリン、ジミヘンドリックス、クリーム等をレパートリーとして活動、当時の高校生としはテクニカルなバンドであった。
また彼は、同時期に一つ年下の後輩のバンドでもギターとして参加し、EL&P、キングクリムゾンなど当時の高校生には、中々コピー出来ないレパートリーを演奏していた。この後輩のバンドが後にプロバンドとしてデビューして、プロとして活動した。
その後同高校のフォークデュオ クレフとバンドを結成し、一転してポップス思考のバンドに路線を変えた。
高校卒業後、横浜国大へ進学してからは、クレフとしてヤマハのコンテストなどに出場した、その後同バンドを脱退してからは音楽活動を休止し大学卒業後は教職を選び、現在は川崎市立古川小学校の教員として勤務、吹奏楽の指導にあたり独学でキーボードやホーンアレンジを習得し、その風貌と才能は川崎市の教員の中でもとりわけ有名である。ビックノイズバンドへは、4回目のパーティから参加し、縁の下の力持ちとしてキーボードのストリングスパートなど地味なパートを担当しているので、昔の彼を知るものにとっては物足りなく感じるかもしれない。
職業がら中々休みの日も多忙で、ロックサークルのイベントにもまだ一度も出演した事が無いのが残念である。



 


米本  和道 (ドラム)


1955年 12月1日 川崎生まれ  川崎市立今井中学時代はバレーボール部に所属、県立多摩高校へ進学後はブラスバンド部へ入部し打楽器を担当した、同時に山崎と出会い魔羅を結成しドラムを担当する。
その後も山崎と音楽活動を共にしクレフヘ参加、大学時代も山崎が脱退後のクレフでドラマーとして活躍し、同バンドへ瀬戸が参加した事を機会に親交が深まり、荒井、嵯峨野とともにハコバンも経験する。
好きなドラマーはジョンボーナムで、パワフルな点ではかなり意識していると思われ、ヨネ(愛称)が叩くとどんな曲でもロックになるといわれている。
高校時代はジャニーズ系のルックスで、当時の女子高生から追われる毎日だった(本人談)、現在の妻もその時の一人だったようである。長男が最近やはりドラムを始め時々バンドの練習にも遊びに来ていて、少しづつ息子の評価が高くなってきた、親を超える日もそう遠くないかもしれない。
現在は関東電気保安協会に勤務、管理職として方々の講演で講師として活動している。



 


相澤  照代 (ボーカル)

1964年 4月7日  仙台市生まれ  メンバーで唯一の女性であり、荒井が元住吉で経営していた、オールデイズのなじみの客として、嵯峨野と出会い、5回目のビックノイズパーティから参加している。
当初パーティには女性がいたほうが良いとのオヤジ的発想から、数名の女性が参加したが並み居るオヤジ連中と中々なじめず、結局彼女だけが残った。オヤジと一緒にいても違和感がないという点では他に類をみない特異な存在である。しかし紅一点としての存在は貴重であり、現在はメンバー全員のアイドル的存在で、特にバンド以外での酒宴においては欠かせない存在である。
川崎市の地方公務員として、現在は多摩区役所へ勤務。



ビックノイズバンドの結成まで

ビックノイズバンドは、1995年メンバーの中で最年少の男子である嵯峨野君の呼びかけにより、当時嵯峨野君と付き合いがあった、昔のハコバン仲間やその友達に声がかかり、同窓会のようなパーティーを開催いたしました。
メンバーのうち何名かは何十年も楽器をさわっていなかった者、バンドでの演奏を何年もしていなかった者が多くそれは演奏とは呼びがたいものでありました。
その時以来、最初は半年に一遍程度の間隔で集まり、来なくなってしまった者、後から加わった者とメンバーはその都度変わっていきました。1997年頃現在のメンバー9名が残り、ライブを目標に活動を開始いたしました。

ビックノイズバンドの名前の由来

メンバーの音楽的な中心人物でもあり映像関係の編集にも趣味のある瀬戸君が、当時からの演奏風景をビデオとして撮影編集をし、バンドの名前がなかったため、たまたま自ら高校時代に参加していたビックバンドジャズのバンド名から、その演奏のひどさをもじり、ビックノイズパーティーとビデオのタイトルにしたところからバンド名となりました。
その後、瀬戸君は集まるたびにバンド名を変えようと提案しますが、だれも真剣に考えないため、今後もこのバンド名で活動していく事でしよう。


ALBUM
 



ビックノイズバンドの活動経歴

1995年      ビックノイズパーティー 第1回目開催
参加メンバー  荒井、嵯峨野、瀬戸、金井、米本、金子、他

1996年      ビックノイズパーティー 第2回目開催 
参加メンバー  荒井、嵯峨野、瀬戸、金井、米本、金子、他 

1997年 2月  ビックノイズパーティー 第3回目開催 
参加メンバー  荒井、嵯峨野、瀬戸、金井、米本、金子、佐浦、他 

1997年 6月  ビックノイズパーティー 第4回目開催
参加メンバー   荒井、嵯峨野、瀬戸、金井、米本、金子、佐浦、山崎、他

1997年 9月  ビックノイズパーティー 第5回目開催  
参加メンバー 荒井、嵯峨野、瀬戸、金井、米本、金子、佐浦、山崎、相澤、他

1998年 1月  ビックノイズパーティー 第6回目開催
現在のメンバーに至る

1998年 10月 ビックノイズバンド 初ライブ 町田アクトスタジオにて

1999年  7月 都筑POPフェスティバル99 にゲストバンドとして出演

1999年  8月 横浜ロックサークルへコアバンドとして参加

2000年  2月 都筑区民文化祭へ出演

2000年  7月 都筑POPフェスティバル2000に出演予定 
 



TOPページに戻ります(^^)

bar_s_1.gif

 

close