Diary -November 2004-


バックナンバー / BBS / 冬 メイル
18 Nov 2004
Thursday

ブログ作ってみました。

 いつもお読みいただきありがとうございます。

 さて、毎日どうにも時間が作り出せないので、比較的更新がしやすそうなブログを作ってみました。 このサイトは全体としてこのまま残しますし、少なくとも "All-Time Favourites" は最後まで完成させようと思っていますが、今後の新しい記事は基本的にブログの方に書き込んでいこうと思います。古い記事もある程度移植するかも?しれま せん。

 というわけで、引き続きよろしくお願いしますです。


14 Nov 2004
Sunday

さよなら、シングルライフ

 いや僕じゃなくてですね。

 紀宮。紀宮様ですよ。
 彼女だけはシングルライフ仲間として、いつまでもそこにいてくれるような気がしていたのに。振り向けばいつもあの微笑で、静かにシングルライフを楽しん でいてくれるような気がしていたのに。ていうか全然知らない人ですが。

 それより彼女の相手が広い意味で職場の同僚ってのにも驚きました。明日から職場に取材の電話とかかかって来たりして。困ったもんだよなー。


6 Nov 2004
Saturday

「WILLCOM」って社名には違和感もあるけど。

 恥ずかしいので黙っていたけれど、リクルートが作っている「R25」というフリーマガジンを、創刊号から時々読んでます。いや、別に恥ずかしいこともないか。一応「オ トコを刺激する情報マガジン」ということになっていて、25歳以上の男性がターゲットみたいなんだが、実際には見てる前で女の子も結構持っていく。別にフ リーマガジンなんて誰が読んだって構わないわけで、だったら34歳の自分が読んでてもいいんじゃねえかと。

 知らない人のためにちょっと解説すると、毎週木曜日に駅やコンビニのスタンドに入るA4サイズ50ページ程度の冊子形式のもの。その週の政治・経済や最 近のブーム解説などをリクルートらしい軽いタッチでまとめたテキスト+ちょっとした特集記事 with プチTV番組表てな感じの、SPA!ほど軽くはないがTOKYO WALKERの代わりには使えない、という内容。フリーにしては装丁がしっかりしてるので、人通りの多いエリアではすぐになくなります。たとえば今週号の 目次から拾うと、米国大統領選挙、社会保険庁、ベンチャー企業、ヤフー/楽天/ライブドア、ナノテク、燃料電池、畳職人からプロ野球選手へ、『デスノー ト』、新宿2丁目、インターネットストレージサービス、イグ・ノーベル賞などなど。特別インタビューはビートたけしの「オトコにひとりで見てほしい映 画」、ロング・インタビューにカルロス・ゴーン。それぞれの記事は相当コンパクトで、きわめてあっさり読み終わります。

 どうでもいいニュースの中で一際インパクトがあったのは、萌え系ビジネス最前線の「メイドのお掃除サービス」。メイド喫茶もびっくり、メイドが自分の部屋 に掃除に来てくれるというサービスらしい…のだがそんなことはどうでもよくて(ぜえぜえ)、やっぱ個人的に嬉しかった記事 は「今だからPHSがアツい! モバイル界の隠れた名品『京ぽん』ってなんだ?」でしょう。

 「京ぽん」と聞いてピンと来る人は相当のモバイルユーザでしょうね。京セラが今年の5月に発売した Air-H" Phone(PHS)端末「AH-K3001V」の愛称です。愛称といっても京セラがつけたのではなく、DDIポケットユーザ有志が勝手につけて勝手に盛 り上がってるだけなんですが、ネット上ではほぼこの愛称で通用します(サーチエンジンでもざくざく引っかかる)。とにかく登場時は派手に盛り上がりまし た。何といってもWebブラウザ「Opera」を搭載。PCの画面で見るとおりの Web がケータイ画面に再現されるのだから。あっという間に10万台を突破したとのことで、自分の近辺でも、たとえば電車の中などでこいつをいじりながらネット サーフィンしてる奴をたくさん見かけます。「070」で始まる番号がダサさの象徴とされてきたPHSが、ここへ来て大復活しつつあるわけですね。

 DDIポケットは米国の投資会社カーライルに買収され、KDDIのもとを離れてカーライルと京セラが経営に本腰を入れることになります。社名も「WILLCOM」に変更予定。日本では完全にニッチに陥ったPHSだけれど、中国などでは巨大な市場を開拓し つつあります。何度も書いてきたように、実際都心に住んでいる分にはPHSの方が圧倒的に小回りが利いて使いやすいのだから、しっかりした機種ラインアッ プをして広告宣伝に力を入れれば、今よりずっとユーザは増えるはず。そして企業価値を高めて株式上場し、カーライルは投資額を回収して僕はWILLCOM の株主になる…というのが当面の予定。

 ちなみにこれが同社経営企画本部長のインタビューINFOBAR に匹敵するデザインの音声端末を投入したいなんて、ファンの期待を煽っちゃって大丈夫かな。新端末発表が待たれる今日この頃、実は先月手持ちのSANYO J81のマイク部分の調子が悪くなっちゃって修理に出したところ、帰ってきたら何と新品になって いたので、まだまだ当分は機種変できそうにないんだよね。ひょっとすると外側だけ取り替えてくれたのかもしれないけど、とにかく表面にあったはずの多数の 傷が一切なくなり、ピカピカになっていたのですよ。気のせいか電池の持ちも良くなったような気がするので、ひょっとすると電池も交換してくれたのかも。思 うに修理品を受け取った三洋の担当者が、「こいつはこんな古いモノクロ画面ストレート端末を大事に使ってくれてたのか」、と意気に感じて在庫品にデータを コピーして返してくれたんじゃないかと。まあ、案外修理するのがめんどくさかった&在庫未使用端末を早急に処分する必要があった、とかそんなところかもし れませんが。


3 Nov 2004
Wednesday

The Sun Always Shines on TV

 休日出勤にも慣れてきたけれど(これはよくない傾向)、テレビ取材となるとちょっと事情が異なります。もちろん僕を取材するのではなくて、当社の製品、 正確に言えば当社製品のボトル詰め版(「東京水」ペットボトル)の取材ですけどね。

 当社45階の展望室にて、テレビ東京さんの番組のカメラが入って取材開始。事前の打ち合わせどおりかと思いきや、ディレクター氏の決定でレポーターの女 の子が現場でいきなりボトルを開けて飲んでくれることに。「何か言ってほしいこととかありますか?」とのことだったので、「さすがは高度浄水処理水、全然 カルキ臭がしませんねぇ!とか、甘くて美味しいですぅとか、東京の水道水がこんな風になっていくなんて、期待が高まりますね!とかその辺でお願いします」 とか図々しくお願いしてしまいました。1回で全部覚えちゃう飲み込みの早さには感心。

 というわけで収録は無事終了、今後は展望室売店さんと早期販売開始に向けた契約締結交渉を詰めていく、ということになります。当社展望室にお越しの際に は、お土産としてぜひどうぞ。そうそう、番組の放映は11月23日(祝)午前8時からの予定。果たしてどんな編集がされていることやら…


バックナンバー

MUSIC / BBS / HOME / E-mail to winter

close