●Lyricon Driver研究室

↑HOME


■はじめに

 Lyricon・・・一時期はウィンドシンセの一般名詞となるほど知名度が高い割に、その入手の困難さや現在においてバリバリ現役で使っているユーザーがあまりいないなど、その実体は謎のベールに包まれたまま。噂、憶測、想像だけが先行し、「取り扱いが難しい」「すぐ壊れる」「Lyriconの音はLyriconでしか作れない」など検証の余地もないまま伝説となっているのは好ましい状態とは言えません。

 そこで、運良くLyricon(Driver)を入手できたよしめめが様々な角度からLyriconを紹介するコーナーを担当することになりました。数々の伝説は本当なのか? Lyricon使用のメリット・デメリット、基本操作、他ウィンドとの比較、ついでにCVシンセについてなど、気づいたソバから日記形式で連載していきたいと思います。

 とはいうものの、こっちにしたってLyriconは伝説のそのまた向こうの楽器だったわけで、忘備録と自慢話(笑)がてらお付き合いいただけたら幸いです。

 まぁ、肩はらずに気軽に読んでくださいな。

■Lyricon Driver


●Lyricon新婚日記

■windとwind2の効果的な使い分け発見!(2003.9.10)
■インプレッションその1(2003.8月後半)
■これって・・・やっぱ故障?(2003.8.23・24)
■KORG TRITON Studio61ゲットだぜ!(2003.8.27)
■ついに手に入ったLyricon音源!!(2003.8.22)
■のびました(2003.6.28)
■いざFive Gへ!(2003.5.24)
■初めての誌上コンテスト(2003.5月6日)
■Lyricon復活!?(2003.4月1日)
■音源のご注文はドッチ?(2003.2月中旬)
■モジュラー勉強中(2003.2月前半)
■音源欲しい!(2003.1月後半)
■情報入手に大忙し(2003.1.18)
■Lyricon嫁入り!(2003.1.17)
■新年の祈願(2003.1.1)
■お見合いしました(2002.12.30)
■出会いは突然に(2002.10月某日)
■Lyricon入手は難しい・・・(2001年〜)
 

●Lyricon徹底解剖

●これからLyriconを購入をしている方へ(工事中)

●CVシンセとは(工事中)

●こんなLyriconが欲しい!


●Lyricon Driver研究室

↑HOME

協会宛メール(yoshmeme@rainbow.plala.or.jp)

close