2000/8 VULCANWIND誕生 


結成秘話に関してのみ、特別に当サイト管理人である私
“かっつん”がお届けします。







とある日、私こと“かっつん”が岡山の友人のバンドの、ドラムオーディションに

セッションメンバーで付き合わされた日の出来事でした。

やたらガタイのいいゴツイあんちゃんが、スティックケースと、何やら機材を入れた

“みかん箱”を持ってスタジオに入ってきました。


なんだコイツ?

その筋肉なんやねん。

てゆーか、なんかもうちっといいペダルケース買えよ。

なんでみかん箱やねん。

アホちゃうか??


とか、勝手に思ってたりしながら・・・


(言ったらされると思ったから言わなかった。なんせ当時の俺にはゴリラにしか見えなかった。(笑))


セッションを始めることになりました。

なんとまぁ、そのツーバス捌きの凄いこと。

手元関係も凄かった。

あの時はもう、ただ、ただ、衝撃を覚えた。

「今時こんなドラム叩く奴いねーし
(今時流行らない・・・)

もう生粋のハードロックドラマーと数年は手合わせしたことがなかったせいか、運命すら感じてました。

多分こいつとバンド組んだら面白いんだろうなぁ。って。

セッションは、ベース、ボーカルそっちのけで延々30分間絶叫ドラムソロとオタクギターソロで

弾きっぱなしのやりっぱなし状態。

そして数ヵ月後、紆余曲折を経てここに、、、、、

VULCANWIND結成



全てはここから始まった。
真ん中がが当時のゴリ・・・ツナキです。まじ黒ゴツかった。
運命のセッションデーの貴重な一枚。今見ると若くて可愛い(笑) かっつんも負けじと若かった。
愛ネコ“セナ”は当時バルカンのマスコットキャラだった。
自分でいうのもなんだが、この二人が語りだしたら止まらない。ぶっちゃけウザイ(笑)
友人のマサがヘルプでベースを弾いてくれることになった。
なんと当時バルカンはトリオバンドだったのだ!
第一期 バルカンウィンド
Vo&G : かっつん
Dr : ツナキ
Ba : マサル
初めてのライブ。
かっつん魂のボーカル。
貴重です。

詳しくは別レポで・・・
そしてついに津山の田舎っぺボーカル“タカユキ”とバルカンが出会う。こいつの馬鹿でかい声と歌唱力で、私はVoを失職する。
凄いでしょ。

ここまででも結構ドラマチックだったんですよ。

とにかく新しいバンドを組みたかっただけなんだけど、これ以上ないメンバーと出会えました。

バルカンのまわりには、いつも気の良い仲間がいつも大勢います。 そんな仲間達とセッションライブもした。
とにかくバルカンは岡山好き。
もちろんバルカンメンバーはいつも仲良し。ライブに行くのは大抵一緒だね。 第二期 バルカンウィンド
今の4Pのバルカンウィンドの原型はここから始まったのだ。






第二期 VULCANWIND


ボーカル 松岡(まっちゃん)貴之
ギター 勝岡(かっつん)洋朗
ドラムス 杉田(ツナキ)純樹
ベース(サポート) 田口(マサル)勝



A BIG THANK YOU 

ALL FRIENDS
ALL FAMILY

close