Details うずらギャラリー詳細


「うずらギャラリー」室内
「うずらギャラリー」は、京都の中心部に残る町家の一室を、2004年にギャラリーとしてオープンしたものです。いま人気の町家ギャラリーでの美術展の会場として、コンサート会場として、あるいは、お仲間とのちょっとした会合や発表会などにご利用いただけます部屋の広さは約12畳で、25人ほど座れます(椅子12座布団13)
※ 画像はクリックすると拡大します。
下記の写真は改装前のもので、現在は壁が塗り直されているほか、明るさの調整できるスポットライト7個と作品を吊るすレイルが設置されています。

京町家のたたずまいに惹かれて入ってこられる方が多く、美術ファンでない方にも気軽にお入りいただける会場です。
実際、門を開けておくと次々に人が入られます。1日に200人以上来られたことも!
昭和15年に建てられたモダン建築(擬洋館)の部屋は、ゆっくりとくつろいでいただるスペースです。
北向きで自然な光が入る窓。庭を借景として素敵に作品を展示できます。
冷房はあえて付けていません。涼しい木造家屋の中で、レトロな扇風機がカラカラと回り、ほどよい快適さを味わっていただけます。
レトロなテーブルもお使いいただけます。



ギャラリーの利用を考えておられる方へ
 うずらギャラリーの利用をお考えの方には、まず、こちらにお越しいただいて部屋をご覧いただくとともに、どのようなことを企画しておられるのかを、お会いしてお話を伺うことにしています。今までに展覧会をしたことがないという方も歓迎、まずはご相談ください。このページの下部にある、うずらギャラリーの催しの各ページをご覧いただければ、うずらギャラリーがどのような利用のされ方をしているかお分かりいただけるかと思います。
 お越しになる前には、数日前にメールか電話でご連絡ください(当日・前日の連絡は電話で)。その際には、作品のポートフォリオや演奏のテープなどをご持参ください。これは、作品を審査する意図というよりは、どんなことを なさりたいのか私自身が理解するためです。
ギャラリーの使用料金・使用規程についても、お会いした際にご説明いたします。ご連絡をお待ちしています!
うずらギャラリー/富田民人
電話 070-5500-1011・メール(直前の場合はお電話でお願いします。また、メールを送信なさって数日たっても返信がない場合は、お手数ですがお電話ください)



「うずらギャラリー」の催し


HOME