top
what's new
about TSE
schedule
note > 7
bbs
link

感謝を込めて...。

 10日、サックスだけのコンサートが、無事(?)終わった。 演奏の出来はさておき、とりあえずはコンサートを開けた、ということを素直に喜び たいと思う。

 大学の吹奏楽団をもうすぐ引退する僕達にとって、常に気にかけていることが2つあっ た。ひとつはもうほぼ解決済み。もうひとつは、サックスだけのコンサートを開く、 というものだった。
僕らがいつも在籍している団では、どうしてもアンサンブルをする環境というものが 整っていない。バンドだから当然といえばそれまでだが、真剣にアンサンブルをしな いで、バンドが上達するとは、僕には思えない。往年の指揮者、ジョージ・セルがいっ た言葉だが、「オーケストラは小さなアンサンブルの集合である」。人間だって、最 小単位の細胞が集まってひとつの体を作っている。それと同様だと思う。
だからこそ、無理にでも、そういった発表の場を作って演奏する必要があった。でな ければ、バンドにとっても、個人にとっても、これほど不幸せなことはない。

 アンサンブルの喜び、、、。それは何者にも代えがたいものがある。自分の出した音 がストレートに音楽に反映され、それはまるで生き物のように表情を変える。僕達は、 まるで魔物のようなそれに憑かれ、魅惑され、時に幻滅する。そんな、アクティヴな 音楽というものを、アンサンブルを通じて後輩にも伝えたかったし、体感させたかっ た。勿論、自分達にも。

 本番の数日前、アヴェ・ヴェルム・コルプスを合わせていて、不覚にも僕は泣き出し てしまった。別に、失敗をしたのではなかった。純粋に、音楽ができる喜びに、泣い た。涙が止まらなかった。
不安があったのは確かだった。練習量の不足、1週間前になってもあがらない編曲 (申し訳ない!)、自分の指のこと、精神的なもの、、、。いつの間にか、そんなこ んなで頭が一杯になっていた。そんなときに、4本のサックスの響きが染みいってき た。
本当に、素敵な仲間に恵まれた、心からそう思う。大袈裟ではなく、皆がいなければ 僕はここまで来れなかったと思うし、こんなに幸せな想いをすることはなかったと思 う。

 今回のコンサートは、はじめの一歩に過ぎない。それこそプレリュード(あぁ、なん てベタな、、、)。正直、終わってしまってほっとした反面、言い様のない漠然とし た寂しさがあった。もうこれで終わりなのかな、という。そう言うと、クァルテット のテナー吹きに言われた。「アンサンブルコンサートなんて、何回でも開けるやんけ」 。
確かに。

 感謝を込めて。当日来て下さった方に、支えてくれたみんなに、これからも一緒に吹 き続けるであろう仲間に。
そして、音楽に。

00/10/11TSE 細越一平

TSUKUBA SAX.ENS.<saxkimmy@hotmail.com>
close