top
what's new
about TSE
schedule
note > 12
bbs
link

「即興って?」

 この頃常々考えているのが「即興」という形式。

 [即興:そっきょう]‥座におこる興味。座興。△修両譴龍修砲里辰道躄里覆匹 作ること。(広辞苑より)
ふむむ。

 インプロビゼーション=即興のステージもやられる先生にうかがった。そのお方はこうおっしゃった。

「例えばお前が今手を叩く、そしたら僕がそれを感じて手を叩いたりフルートの頭部管を抜いて音を出したりという何らかのリアクションをする。それ即興」。
よく考えてみたら彼はインプロビゼーションというよりフリーミュージックの世界の 住人であった。ふむふむといいながら「?」な僕。

 そこまで自由な音楽(?)はひとまず置いておいて、ここでは即興におけるひとつのルールについて考えてみたい。半端な知識なのだけれど、一応ジャズを嗜む僕の友人と考えあったこと。ジャズの即興と「クラシック」(ここで「クラシック」という言葉を使うのは正確には間違っているだろう。即興はその場で生まれるものだから。かといって別の言葉も思い浮かばない。「損楽」=言葉が固すぎるし排他的すぎる、「盪楽」=軽音楽という言葉(死語!)の反対として−意味がわからない、「シリアスな音楽」=クラシック音楽は本当にシリアスか?、「絃音楽」=他の音楽ジャンルだって絃の作品だ。こう考えると、やはり音楽にジャンルという枠組みをつけて細分化しようとした世の中が間違っているという結論に達してしまい、何か「世の中がわるい」といって飲んだくれているおっさんのようになってしまう)の即興。両者に隔たりはあるか。

 いわゆるジャズの伝統的なアドリブのスタイル=形式はコードによるものである。クラシカルな調性原理に近い気もする。セヴンスだとかナインスだとかに力があり、それを切っ掛けに調が移動する。ひとつの約束事、ルールとしてのコード。

 そのようなコーダルなものに対比するものとしてモード、つまり旋法がある。コードの限界に気付き、モードに基づいてソロをとったのはたしかマイルス・デイビスの『カインド・オブ・ブルー』だったような気がする。のちにジョン・コルトレーンもそのモードの海に進水する。ほとんど入水といってもいいような気もするが。

 おそらくここからは自分が無知であるからこそかってに考えることができるのだろう。 ふふんといった顔で読んでもらえれば。

 モードというものは、例えば昔の教会旋法から持ってこられたりするが、音列にひとつの特権的な役割を持たせるということは、絃に開発・発展したセリーの理論に近いのではないだろうか。ワーグナーによる和声的拡大の限界を感じはじめた19世紀後半、サティーやドゥビュッシー、バルトークらがそれに代わる新たな原理、音楽を支配づけるものを模索していくが、シェーンベルクのいわゆる十二音技法で完全に決別する。ジャズのコードからモードへといった変化はその時代に似ているように思える。

 また、ジャズの友達との会話では、「モードは民謡的」ということになってしまった。 理論化された条件で生まれる音楽ではない音楽、自然発生的な音楽、そういった音楽を考えるとき、それを体系化しようと思えば、まずリズムと旋法が目につくはずである。はじめにコードありきではないだろう。コードというもの、和声的なものが世界中のどれだけで通用するかとも言える。作曲家でもあり民俗音楽収集・研究家でもあったバルトークは、西洋音楽の、とりわけ和声的な要素がハンガリーの農民音楽に及ぼした影響について書いている。逆にいえば、コードというものが流布する以前はそう いった要素は見当たらなかったということである。 田植えうただとか木挽きうたを考えてみてもわかる。単旋律で和声的な民謡というものは思い浮かびずらい。少なくとも僕には。また、例えばブルガリアンボイスのような和声を伴ったものもあるが、その場合の和声というものは、展開したり指示したりするものでなく、通奏低音部とメロディーと等間隔で維持されるといった、非連続的な和声である。

 ここまでかいて、やはり袋小路のようなよくわからない場所に立ちすくむ。 単に、音が動くためのそのひとつの規範というかルールというか法則というか理由というか決 まり事のようなものを考えてみたいだけなのだが。

 ひとりで徒然なるままに吹くことが多くなって、自分の吹きたいように、音が進みたいように吹いていると、何故か僕の場合疑似日本的旋法になってしまう。これは何か血の影響なのだろうか? 少し深刻に悩んでみたりする。 この前の琴とのステージでも、はじめて合わせたときに、「サックスやっぱり音量で琴喰っちゃうので、違うメロディー吹きませんか?」と言われて、結局本番まで吹くことが決まらないまま、かなり緊張したのだが、その場合も(曲が曲だけに)どちらかと言えばモーダルに考えて吹いた気がする。

 結局、よくわからないのです。気持ちよければいいかとか思ったりもしてしまう。だめ?

 誰か教えて下さい。お願いします m(_ _)m

01/01/03TSE 細越一平

TSUKUBA SAX.ENS.<saxkimmy@hotmail.com>
close