「憎しみはあの空の彼方に」 光の降りそそぐワンルーム 本当に僕は幸せだった あんなに居心地のいいところは もう二度と見つからないだろうね 失くしてしまった宝物 小さな歯車が動きを止めた  憎しみをこの歌に込めて  涙流せば忘れられるかな  晴れ渡る青空の彼方まで  飛んで消えればいいな 最初から必要なかったのかな 今は冷たい箱の中で いっそ構わないでほしかった これからは一人ぼっちなんだ 流れる涙の色は何? 赤でも青でもない暗闇の色  憎しみをこの歌に込めて  涙流せば忘れられるかな  晴れ渡る青空の彼方まで  飛んで消えればいいな 頭上に広がる黒雲 星が瞬くのはいつだろう 怒りは絶望に変わる もう夢を見させてはくれないのかな  憎しみをこの歌に込めて  涙流せば忘れられるかな  あの灰色の空の向こう側へ  飛んで消えればいいな  憎しみをこの歌に込めて  涙流しても忘れられない  もう真っ暗な世界の真ん中で  君を信じて待ってるから  憎しみをこの歌に込めて……
close