KEVIN AYERS

Kevin Ayers
Soft Machine の初期メンバー(ベース担当)。The Soft Machine (1st)録音後のアメリカ・ツアー中に嫌気がさして脱退しスペインへ。
2枚目Shooting at the Moonの頃は Kevin Ayers and The Whole World なるグループでライヴ活動もしていた。メンバーは David Bedford (key), Mike Oldfield (b,g), Lol Coxhill (sax), Mick Fincher (ds)。後にドラムスが Soft Machine 在籍中の Robert Wyatt になる。この時が最もプログレッシヴだった。(参考音源:Colours Of The Day
それ以後は孤高のシンガー・ソング・ライターとして地道に活動する。ソロ・アルバムは70年代にはコンスタントに出ていたが、80年代以降はスペインでほとんど隠遁状態、90年代は、BBC関連の発掘ものを除くと結局2枚しか正式なアルバムが出なかった。
2002年3月、三度目の来日を果たす。→ Kevin Ayers Live Report
2013年に死去。→ Kevin Ayers, Soft Machine Singer and Bassist, Dead at 68 (Rolling Stone)

音楽的にカンタベリーとの接点はほとんどないものの、リラックスした南方の雰囲気とノホホンとしたユーモアのあるポップな曲作りは大いに魅力あり。Daevid Allen と同様バナナ好き。

Kevin Ayers Bananamour
'Bananamour' gatefold sleeve

Joy Of A Toy (Harvest SHVL763, 1969) amazon.co.jpへ

Kevin Ayers Joy Of A Toy
ソロ・デビュー・アルバム。Caravan の初期や Syd Barrett との共通点もある変テコでポップな名曲満載。特にVolume Twoの時期の Soft Machine のメンバー3人が参加した "Song For Insane Times" が好きだ。

Kevin Ayers, Mike Oldfield, Robert Wyatt (David Bedford, Lol Coxhill) -
The Garden Of Love
(Voiceprint VP180CD, 1997)
amazon.co.jpへ

Kevin Ayers Garden Of Love
収録時間約21分で全1曲。70年9月26日録音。参加メンバーは上記の5人(The Whole World)の他に管楽器奏者4人+ダブルペース1人+'six beatiful girls for dancing and turning pages'。BBCで放送されたもので、ペッドフォードが作曲した現代音楽作品。エアーズの歌が聞けるのは終盤の3分間位(詩:ウィリアム・ブレイク)。この歌の部分は以前出回っていたブートColours Of The Dayに収録されていた。主役はペッドフォードなのに、この名義はおかしい。何でカッコつきなんだ?

Too Old To Die Young (Hux Records HUX006, 1998) amazon.co.jpへ

Kevin Ayers Too Old To Die Young
2枚組で、1枚目は既出のBBC Radio 1 Live In Concert(Windsong) と同じ。但しそれより若干音が悪くモノラル。ホールワールド+オーケストラ+コーラスの大編成。Mike Oldfield のギター&ベース、David Bedford のアレンジが聴きもの。
2枚目は75年3月+76年9月の2本立てで、やはりBBCの In Concert 音源。ブートRapt In Thoughtに入ってるのと同じ。こちらには Ollie Halsall, Zoot Money, Andy Summers 等が参加。
Kevin Ayers BBC sessions
数多いBBC音源を吹き込み順にまとめました。詳細データ付

Ayers and Archibald -
Banana Follies
(Hux Records HUX007, 1998)
amazon.co.jpへ

Kevin Ayers Archibald Banana Follies
これも BBC の In Concert からの初登場音源。レヴュー・ショー仕立てで、Lol Coxhill が下手な歌を聞かせたりするので、その筋のファンは随喜の涙。(ぼく以外にそんな奴いるか!?)プログレ色皆無。モンティ・パイソン(及び Bonzo Dog Band)好きには受けるかも。

Turn The Lights Down (Market Square MSMCD105, 1999) amazon.co.jpへ

Kevin Ayers Turn The Lights Down
There Goes Johnny / See You Later / Didn't Feel Lonely Till I Thought Of You / When Your Parents Go to Sleep / Lady Rachel / Super Salesman / Am I Really Marcel? / Everybody's Sometime And Some People's All The Time Blues / Beware Of The Dog II / Ballad Of Mr Snake / May I? / Why Are We Sleeping? / Stranger in Blue Suede Shoes
Live at the Waterman's Arts Centre, West London, 1995.3.10

The Wizards of Twiddly という若手バンドをバックに従えたライヴ盤。約70分、たぶんフルセット収録。ブートレグではない。ホーンも入ってて、どことなくR&Bバンドのようなノリもあり、相変わらずの曲も、なかなか新鮮に聴ける。圧巻はやはり "Why Are We Sleeping"(Once I Awakend 含む)。最後の "Stranger in Blue Suede Shoes" も強力にロックしてて良い。アルバム・タイトルは、演奏の合間にケヴィンがしょっちゅう口にする言葉から。

Haven (KMA Comm. HVN-003, 1995)

Kevin Ayers Haven Produced by Kevin Ayers と裏ジャケに記載されている。ブックレットを見ると、 レコーディング、エンジニアリング、ミキシングも Kevin Ayers。更に全てのリード&バッキング・ヴォーカル、ドラムス、各種ギター、フレットレス・ベースも Kevin Ayers とな(は〜?)。音を聴いてみると、なんとも普通のヘビメタ/ハード・ロック。これ、実はあの Kevin Ayers とは何の関係もない単なる同名異人なのでありました(苦笑)。内容は聖書を題材とした真面目な自主制作もの(?)。くれぐれも間違えて買わないようにしましょう。

WARNING : This is not THE Kevin Ayers' album

Other Albums

Shooting at the Moon (Harvest, 1970)
Whatevershebringswesing (Harvest, 1972)
Bananamour (Harvest, 1973)
The Confessions of Dr Dream and other stories (Island, 1974)
June 1, 1974 (Island, 1974)
Sweet Deceiver (Island, 1975)
Yes We Have No Mananas (Harvest, 1976)
Rainbow Takeaway (Harvest, 1978)
That's What You Get Babe (Harvest, 1980)
Diamond Jack and the Queen of Pain (Charly, 1983)
Deja Vu (Blau, 1984)
As Close As You Think (Illuminated, 1986)
Falling Up (Virgin, 1988)
Still Life With Guitar (Fnac, 1992)
Alive in California (Box-O-Plenty, 2004)
Unfairground (Lo-Max, 2007)

Odd Ditties (Harvest, compilation)
* BBC Radio 1 Live In Concert (Windsong)
* Singing The Bruise (Band Of Joy)
* First Show In The Appearance Business (Band Of Joy)
* The BBC Sessions 1970-1976 (Hux)
-->Kevin Ayers' BBC sessions
KEVIN AYERS and the Whole Wide World - Hyde Park Free Concert 1970 (Reel Recordings RR002, 2007)
Songs for Insane Times: Anthology 1969-1980 (Harvest, 2008)
What More Can I Say... (Reel Recordings, 2008)

bootlegs :
KEVIN AYERS and the Whole Wide World - Colours Of The Day (KA-17-94-01)
Rapt In Thought (Canterbury Dream CTD-017/018)
Just For Old Times Sake (Gold Standard: GS-96004)
June 1, 1974 Outtakes
Days In Ibiza (Asteroid AR-09)
Spanish Banana (Electric Monkey EM-03)
Sweet Dreamer (KISS No.17)
Spanish Troubadour (Canterbury Dream CTD-023/024)
Songs For Modern Hippies (Canterbury Dream CTD-004/5)
Something Blue (CD-R)
KEVIN AYERS with MUSHROOM - Waterfalls Of Dreams (CD-R)
V. A. - The Canterbury Tapes (OH BOY 2-9031)
BRIDGET ST. JOHN featuring Kevin Ayers - Top Gear & Singles 1969-1973

SOFT MACHINE

Jet Propelled Photographs (Charly,1967)
The Soft Machine (1st) (Probe, 1967)

Canterburied Sounds Volume 1,4 (Voiceprint)
Man In A Deaf Corner (Mooncrest)
Turns On Volume 1 (Voiceprint)
Turns On Volume 2 (Voiceprint)
BBC Radio 1967-1971 (Hux)
Middle Earth Masters (Cuneiform)

bootlegs :
Middle Earth (CD-R)
Old Machine

last updated: 2017.1.22

Group/Musician Index | Canterbury Bootleg CD List | Home

 
close