Canterbury Live Tapes

CP-001 (60'31")

Egg
[1] A Visit To Newport Hospital (8'32")
[2] Long Piece No.3 Pt.2-4 (18'01")

Paris Cinema, London (BBC Sunday Concert) 1971.2.4

Hatfield & The North
[3] Let's Eat (3'16")
[4.1] To Mum & The Gongs ~ Lobster In Cleavage Probe ~ Invasion Of The Landcrabs (6'55")
[4.2] Halfway Between Heaven & Earth ~ The Yes No Interlude ~ Fitter Stoke Has A Bath ~ Didn't Matter Anyway (13'51")
[4.3] Do The Lethargy Shuffle (yea yea) ~ Your Majesty Is Like A Cream Donut ~ Oh What A Lonely Lifetime (9'54")

[3][4.3] BBC John Peel Show 1974.11.21
released in 'Hatwise Choice'
[4.1] BBC Top Gear 1973.7.24
[4.2] Rainbow Theatre 1975.3.16

Eggのは観客入りのライヴ。[2] (1'45") 付近から数秒間ベースが弾いてるのは、ストラヴィンスキー作曲「火の鳥」終曲部のメロディ。(14'45") 付近で一旦終わり拍手が入る。

Hatfield [4]は1トラック (30'40") で区切りがないのだが、利便性を考慮し、分けて表記した。[3][4.3]The Canterbury TapesDisc 1[6][7]-[8]と同じテイクのようだが、ずっと音が悪い。[4.1] "To Mum & The Gongs" "Big Jobs No.2" の歌詞違い。[3][4.1][4.3]はBBC音源。
[4.2]はレインボー・シアターでのライヴ(Cheap Philosophyにフルセット収録)。オムニバス「Over The Rainbow」(イントロがやや長い別編集)、編集盤「Afters」、そしてThe Rotters' ClubのCDに収録された "Halfway Between Heaven & Earth" はこの時のもの。ここでは、歌が終わった後のオルガン・ソロから始まり、以下メドレーで正規盤では聴けない部分へと続く。これの映像版はテレビ埼玉で放送されたことがあり、[4.2]はそこから落としたものかも知れない。冒頭で観客と合唱しバンド紹介をしてるのはワイアットの息子 Sam Wyatt とのこと。歌っている曲は "I Do Like To Be Beside The Seaside"

Egg のライヴは希少だが、Hatfield の一部は他のブート「The Canterbury Tapes」で遥かに良い音で聴けるからあまり価値はない。300枚限定でシリアル・ナンバー入。

音質評価 − ★★    / 総合評価 − ☆☆☆

last updated: 2008.3.21

Group/Musician Index | Canterbury Bootleg CD List | Home

 
close