ANTHONY MORE

World Service

CD cover
Anthony More World Service CD
[CD]
Blueprint BP313CD
Voiceprint Japan VPJ 140 (2000) (42'49")

[1] World Service (5'05")
[2] Pieces Of The Puzzle (4'02")
[3] Run Right Back (3'36")
[4] Flame Failure (the argument) (4'20")
[5] Lucia Still Alive (3'53")
[6] Nowhere To Go (3'36")
[7] More Pieces Of The Puzzle (4'02")
[8] Broke'n Idol (2'04")
[9] Outta Angels (3'39")
[10] Still Nowhere To Go (4'30")
[11] Angels Revisited (3'58")


LP cover
Anthony More World Service LP
[LP]
Do It Records Ride 7 (1981)

Side 1
[1] Run Right Back
[2] Pieces Of The Puzzle
[3] World Service
[4] Fat Fly
Side 2
[5] Broke'n Idol
[6] Outta Angels
[7] The Argument
[8] Nowhere To Go

Producer: Le Bleu
Songs by [CD] Anthony Moore / [LP] A More
Recorded & Mixed at Sunrise, Switzerland and the Workhouse, Old Kent Road, London
[CD] Mixed and Engineered by Laurie Latham, R Vogel and Rick Walton
[LP] Engineered by R Vogel and Rick Walton

アンソニー・ムーアは、1970年代初頭、イギリス出身でありながらドイツを活動の場とし、反復を主体とした実験作Pieces From The Cloudland Ballroom」「Secrets Of The Blue Bagを出した後、一転してポップなスラップ・ハッピーを結成(ソングライター/キーボード/ギター)。ヘンリー・カウとの合体/解体を経た80年前後には、名前をアンソニー・モアとしてソロ・アルバムを3枚リリース(今回の国内盤での表記はムーア。こちらも参照のこと)。モア名義の作品はパンク/ニューウェーヴ(それにグラム・ロック少々)してる歌もの中心で、基本的にポップではあるが、どこか躁病的で圧迫感のあるトゲトゲしい音作りが特徴。(同傾向のOutはそれ以前の録音だが97年までお蔵入りとなっていた)

本作はLPでは8曲入だったのがCDは11曲入。だが単にボーナス曲が3曲追加されただけのものではない。ご覧の通り曲順が大幅に変更されているし、同じ曲の別アレンジ・ヴァージョンが微妙に曲名を変えて収められていたりして、ややこしい。そこで、曲ごとに整理して聴き比べてみる。CD化に際して Laurie Latham がリミックスを施したらしく、聴感上の違いも多少あるが、ここでは主にアレンジなど明らかに違う部分に的を絞った。


World Service
[CD] Orb (percussion/saxes), Lu (saxes), Le Bleu (ARP2600/guitars/percussion), A. More (vocals/guitar/percussion)
[LP] Orb (percussion/saxes), Lu (saxes), LCB (ARP2600/guitars/percussion), A. More (vocals/percussion)
[single version 1] unknown
[single version 2] unknown
鳴り続けるアフリカっぽいパーカッション、"Persian Love" (Holger Czukay) のように時折挿入されるノイズ混じりの中東ヴォイス、とエスニックな雰囲気濃厚。スラップ・ハッピー83年のライヴBBC Live 1974 & Reunion Concert in London 1983ではアコースティックなアレンジによってこの曲のメロディアスな骨格が浮かび上がっている。
[CD][LP] で違いは認められない。[single version 1] は基本的に同じアレンジだが、ドラムのビートが全く違う。アルバムではアクセントが1・3拍目にあるのに対して、シングルは2・4拍目で終始一貫したビートを叩いている。時間も1分半ほど短い。
もう一つ別なシングル・ヴァージョンが存在するらしいが未確認。
Pieces Of The Puzzle
[CD] Orb (drums), Matt (bass), Le Bleu (guitar/organ), A. More (vocals/guitar), The Dawn Chorus (b/vox)
[LP] Orb (drums), Matt (bass), LCB (guitar/organ), A. More (Captain/Doctor&Crew), Passengers
[More Pieces Of The Puzzle] Leo (drums), Le Bleu (guitars), A. More (vocals/guitars), The Berlin Voices (b/vox)
[CD][LP] とも同じく、呟くようなヴォーカル&つんのめりビートが不穏な空気を醸し出す。[More〜] はややテンポが遅く、女声コーラスが目立ち印象の異なる別アレンジ・ヴァージョン。なんとなく Elvis Costello みたい。
Run Right Back
[CD] Orb (drums), Le Bleu (guitar/Huba Demo Crash), A. More (vocals/guitar), The Dawn Chorus (b/vox)
[LP] Orb (drums), Le Cretin Bleu (guitar/Huba Demo Crash), A. More (vocals/piano string & metal percussion), The Crowd
冒頭のインタヴュー(サッカー選手?)、アップテンポでメタリックなビート、拍子が変わるキャッチーなサビ、一瞬のトロンボーン(?)・ソロ、と [CD][LP] 同じ。
Flame Failure (the argument)
[CD: Flame Failure] Orb (drums), Le Bleu (Aeroplanes), A. More (vocals/guitar/piano), The Dawn Chorus (b/vox)
[LP: The Argument] Orb (drums/tamburaso duet), LCB (first three bass notes), A. More (the rest plus tamburaso duet), The Crowd
淡々としつつ起伏があるメロディ。生ギターの使い方と最後の絡まり合うコーラスが印象的。タイトルやクレジットは違うものの同じテイクだろう。
Lucia Still Alive
[World Service CD] Charlie Charles (drums), A. More (vocals/guitars/piano)
[Flying Doesn't Help: Lucia] unknown
[single version: Lucia] unknown (B side of "Judy")
前作Flying Doesn't Helpに収録の Lucia ではリズム・パターンが "Be My Baby" (The Ronettes) だった。Lucia Still Alive では、よりハードなロックンロール・ブギー(T-Rex みたいな)になってる。Ultra Rare Traxで聞ける [single version: Lucia][World Service CD] と同一ヴァージョンと思われる。
Nowhere To Go
[CD] Leo (drums), Hans Hartmann (double bass), A. More (vocals/guitars), The Berlin Voices (b/vox)
[LP] Orb (slo-drums), Le Bleu (ARP2600/The Night), A. More (organ/vocals/The Night)
[Still Nowhere To Go] Orb (slo-drum), Le Bleu (ARP2600), A. More (vocals/organ:guitars)
[CD] の方はリズムがはっきりしてる。ダブル・ベースの弓弾きが入り、コーラス 'No No No' がキャッチー。[LP] は引き摺るようにスロー。シンバルとSEが工業ノイズ的。[Still Nowhere To Go][LP] と同じもの。
Broke'n Idol
[CD] Glen Colson (drums), Paul Bass (bass), Ollie Halsall (guitars), A. More (vocals/guitars)
[LP] Orb (drums), LCB (guitar/organ), Kath (a voice), A. More (bass/voices), The Crowd (Kath/Lu/Orb/LCB)
これはまるっきり違う。まるで別な曲。[CD] は、もろに初期 Elvis Costello。ギターのストロークが爽快。コンパクトに仕上がった最高のポップ・ソングだ。一方、[LP] のアレンジは分裂気味にブッ飛んでる。出だしはボ・ディドリー・ビート(?)に乗ってサビの繰り返し、David Byrne (Talking Heads) のように歌う中間部、途中がらっとリズムが変わり、歪んだオルガン・ソロ〜ドラムの連打でクライマックスに達して最初のサビに戻る。何故このテイクをCDに入れなかったのか。
Outta Angels
[CD] Leo (drums), Hans Hartmann (bass), Le Bleu (guitars), A. More (vocals), The Berlin Voices (b/vox)
[LP] Orb (drums delays), Matt (bass), LCB (guitar), A. More (voices/kalimba)
[Angels Revisited] A. More (vocals/guitars)
[LP] 浮遊感のある緩めのビート、[CD] タイトな8ビートでオーソドックスに、[Angels Revisited] しっとりと弾き語り、と3種とも違うアレンジ。
Fat Fly
[LP] Orb (drums/bathroom piano), A. More (declane/distorted elec piano), LCB (bass/guitar/sequencer), Lu (sax)
LPのみの収録曲。アップテンポのバックに語り口調のヴォーカルが乗る。

以上まとめると、全9曲・14ヴァージョン(シングルを除く)
[CD][LP] 共通:5ヴァージョン
World Service / Pieces Of The Puzzle / Run Right Back / Flame Failure (the argument) / (Still) Nowhere To Go
[CD] のみ:6ヴァージョン
More Pieces Of The Puzzle / Lucia Still Alive / Nowhere To Go / Broke'n Idol / Outta Angels / Angels Revisited
[LP] のみ:3ヴァージョン
Broke'n Idol / Outta Angels / Fat Fly

というわけで、CDに収録されなかったヴァージョンが3曲ある。CD化されたといって安心できない。熱心なファンならLPも捜し出さねば。入手は大変だろうが...

モア名義の作品はスラップ・ハッピー時代に比べて曲自体の魅力が薄い、と以前は思っていたのだが、今回聴きまくって改めてハマってしまった。試行錯誤しているかのような複数のアレンジにはそれぞれ異なった味わいがあるし、毒のある派手な音作りに惑わされて気がつきにくいが、よく聴くと良いメロディが埋もれていたりするのだ。

2000.6.26

ANTHONY MORE

The Only Choice

CD cover
Anthony More Only Choice CD
[CD]
Blueprint BP311CD
Voiceprint Japan VPJ 144 (2000) (39'34")

[1] Industrial Drums (5'02")
[2] Your Stars (3'45")
[3] O For The Ocean (3'09")
[4] Bovoid (3'49")
[5] Souvenirs (4'46")
[6] No Parlez (3'48")
[7] Humana (3'51")
[8] Find One Voice (3'29")
[9] The Only Choice (3'49")
[10] Judy (4'02")


LP cover
Anthony More Only Choice LP
[LP]
Parlophone MORE 1 (EJ2402101) (1984)

Side 1
[1] Find One Voice
[2] The Only Choice
[3] No Parlez
[4] Humana
[5] Souvenirs
Side 2
[6] Industrial Drums
[7] Goodbye Kisses
[8] Your Stars
[9] The Conference
[10] O For The Ocean

MC4 & Keyboards - Matt Irving / A More
Guitars - A More / Jimmie O'neil / Page The Oracle (on"Judy")
Drums - Marc Pinder / John Lingwood
Bass - Matt Irving / Durban Bettancourt / Chucho Marchan
Brass - Paul Spong / Nicholas Payn / Paul Nieman
Harmonica - Marc Feltham
Oboe & Bassoon - Kate St John
Violin & Mandolin - Graham Preskett
Lead Vox - A More
B Vox - Jimmy Chambers / George Chandler / Lee Vanderbilt / Pip Gillard / Dagmar Krause / A More

Produced by Laurie Latham for Lol Productions
Songs by A More
Arranged with Matt Irving
Recorded by Laurie Latham at The Workhouse
(Except "Humana" Recorded by LL at Abbey Road & Mixed by Pete Hammond at The Workhouse)
Masterd by Tim Young at CBS London

本作はLPもCDも10曲入だが、3曲差し替えがあり(1曲はヴァージョン違い)、曲順も変更されている。

[CD] のみ
Industrial Drums (Workhouse Mix - 12' version) / Bovoid / Judy
[LP] のみ
Industrial Drums (album version) / Goodbye Kisses / The Conference

"Bovoid""Industrial Drums" の12インチ・シングル<画像参照ページへ>に収録されていた "Elephants & Castles" のタイトルを変えたインスト。シンセが珍妙なメロディを奏でる、YMOを思わせる風変わりな曲。
"The Conference""Bovoid" と同じく "Industrial Drums" の12インチ・シングルに 'Extended Version' が収録されていたインスト。「会議」を模しているのであろう、演説のような声が、言葉が聞き取れないくらい細かくカットアップされ、トランペット/トロンボーン/バリトン・サックスが喚く。
"Judy"Flying Doesn't Help収録 "Judy Get Down" のリメイク(歌詞違い)で、"The Only Choice" の12インチ・シングル<画像参照ページへ>"Judy Judy" のタイトルで収録されていた。
曲によってダグマーがバック・ヴォーカルで参加しており、"Find One Voice" ではっきり声が聞こえる。
明るく突き抜けた "Humana" や、せつないラヴ・ソング "Souvenirs","The Only Choice","Goodbye Kisses" など、暗く屈折していた前作World Serviceに比べ、全体に明るくストレートな印象。
"Industrial Drums","Your Stars" ではヒップホップやファンクといったブラック・ミュージックの影響が強く感じられる。

こちらも参照のこと)

last updated: 2002.5.4

Group/Musician Index | Canterbury Bootleg CD List | Home

 
close