アフタースクール小学2-3年生の保護者様へ


 進級おめでとうございます。ヴァイオリン講師の星野です。

2-3年生というと学校生活をするのにも少し慣れてきて本格的に色々と学習をしていき日々たくましく育ってきて、
少しずつ自分で出来る事も増えてくる頃ですね。

 ヴァイオリン演奏も、本格的に自立へ向かい育っていく大切な時期になります。学習内容的に言うと、
本格的に楽譜のシステムなどが理解できはじめ、少しずつ自分のみで楽譜から曲を弾けるようになってきます。

が、ヴァイオリンはピアノと違い「ドレミ」が目で見えない分(特に今まで指番号や音を頼りに演奏をしてきた子ほど)
読譜力と演奏力の乖離が起こりやすい楽器でもあります。

そろそろ楽譜から読んで自分で弾けるだろう。。と弾かせてみると音を間違う、リズムを間違う。。
あれ?この子楽譜を読む才能がないのかしら?などと思ってしまう事があるかもしれません。

 が、それは今までの弾き方と違っていれば当然の事です。楽器を弾いていたのだから当然
楽譜のシステムを全員がきちんと理解していたのだろう。。と思ってしまいがちかもしれませんが、
ヴァイオリンは少し歌にも近く、感覚的なところ(音などの情報)からでも弾けるようになる楽器なので、
おそらく何%かはそういった情報も使いながら今まで弾いていた子が多いのではないかと思います。

 当たり前ですがドレミを読む事、ヴァイオリンのドがどこにあるのか、#がついていた場合はどの位置にズレるのか。。
全てをきちんと教えてあげなければ弾けないのは当然です。

 こちらのクラスの年齢の子たちには弾けるようになる曲のレベルアップももちろんですが、
それらの項目もしっかり学習していってほしいと思っています。うまく教えてあげれば早い子は
4年生くらいから「練習しなさい」というだけで、自分で楽器をあけて楽譜を読みながら練習が出来る。。ようになってきます。

 逆にこの年齢の時にしっかりとそれらを学習しないと、そろそろ10歳だから自分で練習しなさい。。
と言われても「どうやって?」となってしまいます。中学校に入り運動部などに入ってしまうと、
一時ヴァイオリンの練習から離れてしまう子なども出てくるでしょう。なので、最低でも5-6年生の時に
これらの状況(楽譜からのみ読んで自分で練習が出来る)という感じにしておかないと、高校や大学で
弦楽部やオーケストラ部などに入って、また再開しようかな。。などとなった時、じゃあこれ楽譜ね。と渡されても、
指は動くし音も鳴らせる。。でも、どうやって弾けば。。となってしまう危険性があります。

せっかく弾けるようになったのに、これじゃ出来ない。。となってしまうのは非常にもったいないです。

正直楽譜のシステムというのは簡単に見えて意外と複雑です。一歩一歩時間をかけてしっかりと学習していきましょう!

まずは基本となるのは「ドレミ」を読む。です=楽譜の音の高さからド・レ・ミ。。という認識が素早く出来るかどうか。。これが第一歩です。
2-3回見てみたところ3割程度の子はある程度基本の音程はそれなりな速さで読めているようです。ですが、
基本のものが出来るようになったら上級へ、上級もできたら応用へ。。とどんどん進めていきましょう!また、
読めるからといってそこで止まってしまってはもったいないです。楽譜を読む速度というのはどんどん高められます。
高めていけば「初見」と言って、はじめてみた楽譜をその場で間違いなく弾ける。。ようになどもなってきます。
これがある程度出来るようになってくるととても便利です。練習はだれでも苦痛です。それが楽譜に強い。。となり、
その場である程度の曲ならすぐに弾けてしまう。。状態になっていれば、例えば部活などでやっていた場合でも、
自宅ではさほど練習せずとも、その場に参加すればすぐにある程度演奏が出来る。。という事で、ストレスなく
オーケストラなどに参加できる事でしょう。また、この「初見力」は限界がありません。プロですら一定の限界。。
というのを持っていて、さらに上のレベルで弾けるようになろうと自然と努力。。または日々進化させていっています。

 小学校後半の時に、しっかりと自立できるよう、今から頑張っておきましょう!

ちなみに、前回(4/18)にやった楽譜(LV4)他、それでは難しすぎる!という場合に少しレベルを下げたもの
(入門編@LV1~LV3)また少し先(LV5~)をUPしておいてみました。


ドレミ読みトレーニング 楽譜置き場


これらを読み上げる(ちなみにメトロノーム60にあわせて=1秒1音くらいで読み上げられれば
とりあえずの目標ラインクリアです。)読み上げが苦手。。または少し間違う。。ようでしたら
プリントアウトできる環境でしたら印刷してあげてゴハンの前や宿題の合間に1枚書く(おおよそ
3分前後程度で書き上げられれば上記くらいで読める事が多いようです)などをやって
どんどん早く読めるようになっていってみましょう! 苦手。。という人も日々読み上げて
書いていけば誰でも早く読めるようになってきます。苦手だから。。とあきらめてしまわず、
努力して克服していく方法や力もつけていってみましょう!

ちなみにですが、個人で見ている子で同い年くらい(小学2年生)での知りうる限りの
最速はメトロノーム「160~」くらいで読み上げた子が居ました(おおよそ1秒で3音ほど)

音楽の専門家であれば200~でも可能です。目標をクリアしてもどんどん先へ向かって頑張ってみるのもいいでしょう。

 今がおそらく一番柔軟で様々な事を吸収できる年齢です。また将来どんな
事をやってみたくなるのか。。など未知数です。たくさんの事を学び、将来の可能性を広げていって欲しいと思います。


PS
個人レッスン(学校とは別でヴァイオリン教室)へ通っている生徒様へ

学校とは別で個人レッスンに通ってらっしゃる生徒様は上記もご一読いただければ幸いです



TOPページへ





















close