Cdur 1オクターブの音階


 Cdur ハ長調 の音階(C major scale)1オクターブです。


 こちらは基本位置の2指位置(3指に近いところ)ではなく、1指に近いところの
少し難しい2指位置(主に黄緑テープが張ってあると思います@そちらの2指位置)を使います。

 
Adur1オクターブの音階 辺りが伴奏にあわせて、音程を外す事なく弾ける事も当然ですが、
そちらに加え、低い2指位置も音程を外す事なく弾けるようにしてから必ず開始するようにしましょう
低い2指の練習


※TINSでこちらのレベルが弾けると判断した生徒さんは基本的に2指位置にピンク色と黄緑の2種のシールが
貼ってあると思います

また、今までの音階と違い、開放ではなくG線3指から始まるため、G・D・A線3本を使用する
今までの音階よりかなりレベルのあがった音階となっています。
焦らずゆっくり。。音程よく弾けるように頑張っていきましょう!



※ 灰色で表してあるところは、主に白いテープが貼られていると思います
 黄緑・ピンクはともに同色の細いテープが貼ってあると思います。
上記図のように、1・3指はそれぞれ白いテープの位置、2指は全て黄緑テープ位置になります
ピンクシールの方は押さえません(今回の音階では使いません)。 

 黄緑テープ位置の2指がピンクの方に引きずられてしまう(音程が悪くなる)事が多いと思います。
特にそちらに気を付け、音程よく弾けるようにしていきましょう。


ある程度のぼり・くだりとも弾けるようになってきたら こちら の 「10 T音階C1-N(ガイドあり).mp3」 の
音源を流しながらあわせて弾いてみましょう

また、こちらはきちんとした(#も♭もつかない)基本のドレミ。。の音階になります。



伴奏にあわせて弾けるようになってきたら、隣で保護者様などが
ドレミ。。と言ってあげながら。。または、頭の中でドレミ。。と数えながら、
何の弦の何の指、どの位置が基本のドレミの位置になっているのか。。
を覚えていきましょう!

@こちら(指リンクと呼んでいます)が自然と頭に入る事と、楽譜をある程度の速さで
読み上げる事。。が楽譜からヴァイオリンを弾く基礎の2つとなります
(どちらが欠けても楽譜からヴァイオリンを弾く事は出来ません)





TOPページへ


















close