アフタースクール Aクラス

ご挨拶


 しばらく、基本的には個人~レベルの近い2-3人でのレッスン制で、個々のレベルアップ期間にしようと予定しています。

しっかりとおうちでも練習し、上手に弾けていれば、学年等関係なく、技術別で個別に次のレベルの課題楽譜を渡します。
逆に個人練習なし(自宅での練習なし)だとまわりに比べて進度が遅くなってしまう事も考えられますので、
出来るだけレベルが離れないよう、少しずつ自宅練習も頑張っていきましょう!

また、しっかり練習してきた子はどんどん先まで進めていきますので、みんなより先へ進められるよう頑張っていきましょう!

@という事で、こちらのページではしばらく全体的な目標。。なり、それぞれのレベルの練習が並べられる感じになりますので、
こちらのページの練習をそのままやる。。のではなく、現在自分はどのレベルの練習が必要なのか・・
をしっかりと自認し、目標レベルにあった練習をするようにしましょう!


===

基本は以下の練習曲を使い、LV1~ で合格レベルに達したと判断した場合は次のレベルへ。。と
進めていきます。 今、何レベルの練習をしましょう。。と言われているか、きちんと自認して
覚えておくようにしましょう

勇気100% E・A 移弦・3指の練習(E線・A線 それぞれの弦で1・2・3指を使用する) 準備練習


LV4(LV5) がクリア出来たら、音階へ進みましょう。

Adur 1オクターブの音階


音階がクリア出来たら曲に進みましょう
スズキメソード教本1巻の前半あたりの曲を進めていきましょう

(上記の音階が伴奏にあわせて音程よくやっとあわせられるようになった。。レベルでしたら
9番 むきゅうどう の手前 くらいまでのレベル曲にしておきましょう。
あまりレベルにあっていない難度の曲を弾くのは音程やフォーム練習の為にはよくありません。)

※また、音階が音程よく弾けないようであれば音程が悪いまま曲を弾くことになり、左手(音程)の
練習としてはマイナス練習になってしまいます。まずは音階を音程よくまたテンポよく(伴奏にあわせて)
弾けるようにの練習を先に出来るようにしましょう!

曲の進め方のコツ・方法TOPへ



== お読みください ==

 本来、下の年長クラス。。の目標でしたが、こちらの該当クラスの子たちも
少し自分で調弦。。するのがあやしい状況の子が多いようです(また、はじめて楽器を持った子も
結構居るようなので。。そちらの子は改めて挑戦してみましょう!)
 こちらの年齢の子は練習すれば自分で調弦を出来るはずです(1つ年下の子たちも開始しています)
また、調弦の技術は基本的にはさほど経験者か否かはかわりありません(初心者でも可能です
@この年齢からスタートした子には個人レッスンでやっている子は基本的に初日に教えています)

 というところで、レッスンをしたところ、ある程度アジャスターなどをまわす事は
出来るようになった子が多い。。ようですが、HPでは(年齢的にも)構えて弾きながら
調弦が出来るかな(出来なくては)と思ったのですが、かなりの割合の子がバイオリンから
手を離すことが困難なようです。。@アゴで挟み込み、安定してバイオリンから手を放す技術がないと
弾きながら調弦が出来ません
ので、しばらくは(クセにならないよう、できるのであれば最初から弾いて調弦させたいのですが)
少し手を離して調弦すると落下の危険がありそうな子は、危なそうであれば下記のページの
座って調弦する。。の項目をお読みいただき、まずはそのように座りながらはじいて調弦。。
をしていただければと思います。

チューニングの仕方(構え)
※中間より下あたりの項目をご覧ください


但し、上記等でも言っているようにはじいてあわせる楽を覚えてしまうと、ずっとそれであわせる。。
子が多く見受けられます。オーケストラ部などに入ったら、基本的にはステージなどでは弾きながら
調弦しなければいけなくなりますので、クセになる前に早期に弾きながら調弦。。ができるように、
またできるようになったならば弾いて調弦。。するようにご家庭でも促してあげていただければ。。と思います。


また、同時にしっかりと右手・左手のフォームを整えていきたいのですが、特に左手のフォームの
練習を開始するには、こちらもまず前提条件として左手を楽器から離せる事が必要になります。。

そして、結構な割合の子が肩当をつけていないようなのですが、おそらく
肩当てというものがないと、最初は特に左手を放す事が難しいと思います。

下記を一読いただき、肩当を現在持っていない子は、申し訳ございませんが
出来れば買ってあげて(作ってあげて)いただければ。。と思います。

・肩当について

肩当てを手に入れましたら下記の練習をしてみましょう
・楽器をアゴで挟み込む(左手を放す)


また、稀にアジャスター(調弦ネジ)がなかったり、見た目には正常でも実際にまわしても
音が変わらない(壊れている)子が少し居るようです。この年頃の子は正直こちらの
アジャスターがないと調弦が困難だと思われます。アジャスターが壊れていると
自分で調弦が出来ず、練習に参加が出来ません。

修理の際、500円しないくらいの後付け用アジャスターというのをつけてあげれば簡易修理ができます。装着も容易です。
おそらくご家庭でなおすのが一番安価に済むと思いますので、少し確認をしていただき、
壊れているようであれば下記をお読みになり、装着してあげていただければ。。と思います。
お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

アジャスター(調弦ネジ)






== 復習 ==


・待機の姿勢が取れるようにしましょう!(きをつけの形)


待機の姿勢

待機の姿勢(より詳しく解説)



・弓を持ちましょう


弓の持ち方・フォーム

弓の持ち方・フォーム(より詳しく解説)



・バイオリンを構えてみましょう


楽器の構えフォーム

楽器の構えフォーム(より詳しく解説)




前年までの先生に習ったとは思いますが、忘れているところがないか、
知らなかった事がないか。。一度読んで調べておきましょう!

おうちでも上記ページを読みながら1つ1つ確認しつつ、再度復習しましょう!

楽器の開け方・用意の順番







TOPページへ





















close