メキシコよれよれ日記 (2019年4月12日〜9月10日)

青い日付をクリックするとその日付の日記が現れます。

4月
12日+13(メキシコ到着)、14(ソカロ広場、バス、恵光寺)、15(レフォルマ通り、チャプルテペック、ベジャス・アルテス)、16(メキシコシティからパツクアロ移動)、17(パツクアロ中心部まで歩いてランチ)、18(ハニツィオ島への船着場へ)、19(咲子さん宅餃子ランチ、エリカ)、20+21(1日休養、パツクアロでウリセに再会、咲子さんの紙芝居)、22(スペイン語初レッスン)、23(オミ、レッスン二日目)、24(裏道散歩、魚フライのランチ)、25(レッスン四日目、エリカの自宅でランチ)、26(パツクアロ博物館、ジャズコンサート)、27(水屋、モレーリアのエキスポ会場でパフォーマンス)、28(メキシコ風色使いの家、近くのシーフードレストランでランチ、令和騒ぎと天皇制)、29(咲子さん宅でマリナと再会)、30(家にあるもので簡単な料理を作ってランチ、ハニツィオ島への船着場)

5月
1(レーワ騒ぎも関係ないメキシコ、絵解きビンゴゲームLoteriaを使ったレッスン、近間の食堂でタコスランチ)、2(週末旅行情報をエリカに聞く、マルチャンラーメンでランチ)、3(ウルアパン小旅行、紡績工場跡の着物展)、4(カフェ・ハカランダ、市場で野菜を買う、バチェが勧めた葉っぱでダウン)、5(ウランデンのヒッピー集会、村の教会)、6(エロンガ小旅行で美味いケサディーヤに出会う)、7(ツィンツンツァンとキロガへ小旅行、豚肉のカルニタスを食べる)、8(近所の船着場Muelleに散歩)、9(セントロで咲子さん打ち合わせ、再びケサディーヤ、買い物)、10(船着場へ散歩、パスタランチ)、11(再び船着場へ、セントロでランチ、市内散策、メキシコ初のライブコンサート)、12(バチェとマルタに近くの有名レストランでランチを招待)、13(咲子さん宅でエスパルタの誕生パーティー)、14(散歩だけの何もない日、旅行について考える)、15(無駄足だった映画館、屋台食堂でランチ、バチェの家で『ROMA』を見る)、16(ハニツィオ島へ小旅行)、17(船着場散歩、我が家の台所とランチ)、18(タカンバロ1泊小旅行、ファッションショー)、19(タカンバロからパツクアロへ、ウリセたちのバンド演奏、広場でビール)、20(近所の散歩がてらトルタのランチ、ドン・チュチョ店内)、21(レッスン再開、庶民の足コンビについて)、22(レッスン、散歩道での小商店の多さ、メキシコ映画)、23(家宅侵入を防御するメキシコの建物、界隈一のタコス屋)、24(イウアツィオのタラスコ遺跡、初めての雨)、25(またもや映画館に振られる、市内散歩、小広場でスープの食事)、26(スーパーで買い物し家でリゾット・ランチ、賑わう船着場)、27(レッスン時間変更でちとリズムが狂う、2度の散歩でその度タコス)、28(スペイン語の動詞の語尾変化が面倒、家で再びリゾット)、29(見るもの聞くものが日常的になりつつある、ゴルディタを食べる)、30(ウエコリオへ散歩、レッスン、再びリゾット、雨の船着場)、31(エロンガで芝居見物、オポンギオのレストラン)

6月
1(タカンバロでライブ、友人たちに会う、大雨)、2(タカンバロから戻る、大広場の老人踊り。咲子さん宅で家住邦男画伯に会う)、3(ソパ・メヌドを食べる、家住氏来宅)、4(家住氏とオポンギオへメスカルを買いに行く)、5(レッスン、具沢山スープのランチ、新しい散歩コースを発見)、6(新散歩道を逆回り、レッスン、ゴルディタスとポソレ)、7(バチェのギャラリー・貸家へ、パツクアロを見下ろすレストランRancho La Mesaで食事)、8(トワイライト・ゾーンのようなツルムタロへ散歩、船着場)、9(銅細工の町サンタ・クララ・デル・コブレへ小旅行)、10(我々のスペイン語がなかなか上達しない理由?)、11(信頼されていないメキシコの銀行、郵便、パツクアロ「最高」のレストランで豪遊、短編映画祭)、12(理想的学習環境というのは難しい、別の船着場へ散歩するも)、13(激しい雷雨、停電、散髪)、14(家で豚肉ステーキ、なあーんもなしの金曜日)、15(肩透かしの多かったセントロ行き、最後は生ボクシングを生まれて初めて観た)、16(外出は船着場散歩のみ)、17(スーパーのビール特売に不満)、18(生姜が高い、散歩の途中で茹でたトウモロコシを食べる幸福)、19(激しい雨、豚肉炒めとうどんスープパスタのランチ)、20(安時計臨終、降りそうで降らない雨、美しい夕焼け)、21(バチェのギャラリー掃除、セントロでランチ、カフェ、靴べらを買う)、22(セントロで時計電池交換、カルニタスとケサディーヤ、ギャラリーのオープニングパーティー、ちょこっと演奏)、23(エロンガのドーニャ・マリーでプチ贅沢ランチ)、24(プリシリアーノ実家のウルアパン、カパクアロのお祭りへ)、25(何もない日、近くの海鮮食堂)、26(マフィアについて、家でリゾット、買い物がてらの散歩)、27(CREFALと教育プログラム、オポンギヨからキロガ経由でパツクアロ湖一周)、28(セントロのカフェ、グラン・カラベラ、近所の教会のお祭り)、29(住民自治の町チェランへ小旅行、近所の教会の祭り、ロデオ大会)、30(セントロのカルニタス屋、カフェ・ハカランダ、小広場のお菓子屋)

7月
1(レッスン、トルタひっくり返し事件、買い物がてらスーパー、コンビの交通事故)、2(レッスン、エリカにランチを食べてもらう、船着場散歩)、3(セントロのカフェで咲子さんに出会う、地元食コルンダス)、4(市販のモレソースでステーキ、ピタヤ、船着場で瓶ジュース買う)、5(近所にポヨ屋出現、スーパーへ散歩、近間の未知の散歩道)6(オミにビールを勧める、近所でタコス、船着場)、7(緑食堂の朝食、月1ヒッピー集会でパフォーマンス、紙工房、カフェ・ハカランダのコンサート)、8(レッスン、8月はどこへ行くべきか、セントロのアサデロ食堂でランチ)、9(レッスン、船着場散歩、華僑系アメリカ人パトリックの邸宅に招待される)、10(メキシコの警察改革、ブータンへ行くアナイの送別パーティー)、11(セントロのカフェ、カルニタス、グラン・カラベラで日記)、12(いつにない船着場大賑わい、ビフテキランチ)、13(昨日に続き船着場、アイスクリーム試食、近所の食堂でカルニタス)、14(エスパルタのデモビデオ撮影、ツルムタロのおばさん食堂)、15(散歩途中に雨、タクシーでセントロ、アサデロ食堂の大きなブリトーが美味い)、16(雨のため外出せず家でランチ)、17(レッスン後エリカ宅にランチのお呼ばれ)、18(日記文字数20万字超え、エスパルタ&咲子さんとリハーサル、家でリゾット、バチェの友人ハイメ)、19(強打食堂、熱風船カントーヤ祭、サンフランシスコ広場)、20(カルニタス、ギャラリーでエスパルタ、咲子さんとでパフォーマンス、パーティー)、21(相変わらずの選挙結果、先週に続きツルムタロのおばさん食堂へ)、22(レッスン、セントロの伝統食堂La Tradición)、23(スペイン語最終レッスン、セントロの「スルティドーラ」で慰労豪華ランチ)、24(レッスンのない日の過ごし方、食べ放題のエプロン食堂)、25(寒い、雨、開けにくいメキシコの缶詰、ツバメ)、26(ベルギー人スィリとギターの町パラチョへ小旅行)、27(タカンバロでミーティング、懐かしい人たちと再会、パツクアロの映画館で舞踊祭)、28(バチェ宅の「タバコ・セレモニー」)、29(セントロのカフェ・ハカランダで日記を書く)、30(ドン・プリスィでマリナとランチ、追いタコス)、31(モレーリア小旅行、エステバンの家で1泊)

8月
1(モレーロス博物館、地元民芸品・お菓子市場、ガスパチョ、タクシーで帰宅)、2(我が家でランチ、天の声、船着場とドン・チュチョで買い物)、3(伝統食堂でランチ、パツクアロ2回目のソロコンサート)、4(ヘススのスタジオで録音、おばさん食堂)、5(バチェのギャラリーで咲子さんファミリー送別パーティー)、6(咲子さんの顔を石膏で型取る、メスカルを買いにオポンギヨへ)、7(断水、船着場、ドン・プリスィでランチ)、8(泊まり込みでパラチョ国際ギターフェスティバルへ)、9(パラチョ、チェランのカルニタス屋、パツクアロに戻る)、10(グランカラヴェラで日記書き、ハカランダでプリシリアーノ家族と会う、咲子さんの紙芝居、パツクアロ一のタコス屋)、11(近所でソパ・メヌド食べる、船着場、激しい雨で雨漏り)、12(プリシリアーノのカフェ開店準備、家族と食事、民芸カップ購入)、13(エリカとマジック・マッシュルームを探す、エロンガでケサディーヤ、再び断水)、14(近所のチキン屋で肉だらけのランチ、船着場、帰り道の夕焼け)、15(家の中の掃除、片付け、洗濯、パッキング、カフェ・ハカランダでビール、最後のセントロでランチ、大家と最後のおしゃべり)、16(パツクアロからメキシコシティ、地下鉄、ホテル、タコス)、17(人類学博物館、メキシコ一タコス?、日本食スーパーで味噌)、18(南方面バスターミナル、ドローレス・オルメド美術館、カフェLa Pagodaで食事、ソカロの先住民民芸品展)、19(ディエゴ・リヴェラの壁画、シティからテポストランの家住宅へ)、20(家住宅から金ヨルムさん宅へ、土曜日のコンサート打ち合わせ)、21(サン・フアンへ、クリスティーナ宅でポソレのランチ、ホアキン・マルガラ宅でワイン)、22(クエルナバカの新倉さん宅へ宿泊、餃子の夜)、23(シプリアーノ宅でランチ、クエルナバカ公演)、24(メキシコで初運転、テポストラン公演)、25(テポストランからプエブラ、まるでハウステンボス)、26(プエブラから蒸し暑いベラクルスへ移動)、27(ちょっと寂しいベラクルスの街、広場の音楽とダンス)、28(ベラクルスの海岸、広場の音楽とダンス)、29(カフェで日記、ゴルダスのランチ、観光バスに乗る)、30(ベラクルスからハラパ経由コアテペックへ、豪華ホテルで食事と宿泊、コンサート打ち合わせ)、31(コアテペックの記者会見とコンサート、関係者とランチ、佐久間華さんと会う、演奏後の豪華ディナー)

9月
1(コアテペックからジャングルのピタヤ村へ、昼のコンサート、高価なランチ)、2(ピタヤのジャングルで一日過ごす)、3、4、5、6、7、8、9、10