ウヰスキーの詩

                                           2015年 04月 詞曲

                                           2015年 07月 編曲 演奏 唄


  ●うまく再生されない方は、右クリック対象をファイルに保存を選択してください!

クリックで再生

ウヰスキーの詩

予備校帰りで初雪舞う頃 新しい生命(いのち)があの娘に宿った
国立大への進学諦め 黙って札幌出て行った
都会の風は若い二人に そんなに優しく吹いてはくれぬ
テストで出せた正しい答えが 社会の中では通用しない

※心潤すウヰスキーを どんな人にも幸せを
 人生の果てに輝きを 生まれてきたことに感謝を

日本中飛び回る日々が続いて マンション造ってたアイツだけれど
親父が突然倒れてしまい 地元に戻って会社を継いだ
土曜の夜にはFender Gibson 車に積んでライヴ居酒屋へ
現場で指を失くしてからは 姿見せなくなっちまった

※心潤すウヰスキーを どんな人にも幸せを
 人生の果てに輝きを 生まれてきたことに感謝を

母親の顔を知らないアイツは 理不尽なリストラにハジかれた
失業保険が切れてしまって 僅かな蓄えで食いつないだ
中学時代の友達の伝で 高速料金所の仕事に就いた
14の青春(はる)に描いた未来と 少し違うが不幸ではない

※心潤すウヰスキーを どんな人にも幸せを
 人生の果てに輝きを 生まれてきたことに感謝を

チャンスはいつの日か巡ってくるのか それは明日かもしれないさ
廻ってこない人生もある それとも今日かもしれないさ

※心潤すウヰスキーを どんな人にも幸せを
 人生の果てに輝きを 生まれてきたことに感謝を
______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________
人生思い通りにはいかないもの、そんなこととっくに知ってる・・・
けど、思い通りにいかない毎日も楽しんでいけるかどうかでは?
日々起こる現実を、どう感じて生きてゆくかで、幸福感はかわってゆくのかも
朝ドラで知った、ニッカウヰスキーの竹鶴さんへのリスペクトから
2015.8.1

| TOPNEWPROFELEDOWNLOADCDALL SONGS
DIARY||FOR ♀FOR ♂M-STORYFREESKIPHOTO |BBSLINK

close