すずらん

                                          2012年 04月 詩曲

                                          2012年 04月 編曲 演奏 唄


  ●うまく再生されない方は、右クリック対象をファイルに保存を選択してください!

クリックで再生

すずらん

街の景色が 色づいてきて
やわらかな風が 流れてゆく
今年の桜 春の嵐が
吹き荒れた後に 穏やかに咲きました。

あっという間ですね この頃の1年ってもの
知らず知らず 老けてくのかなぁ・・・

過ごした毎日は何を 残してくれたのでしょうか
いずれ消えゆく 全ての記憶
繰り返す日々の向こうに 何が待ってるのでしょうか
そして、時はゆく


故郷離れ 何度目の春
親孝行なんかできてやしない
雪解け水が 川に注いで
すずらん咲く頃には 顔見せに帰ります。

都会の暮しは 便利で賑やかそうだけど
ひとりひとり抱えてる孤独

自分で決めてきた道に 後悔はしてはいないけど
やり直せるなら あの日に戻り
人は誰も風の中で 振り返る時がくるでしょう
そして、時はゆく


果てしない空の向こうに かけがえない人がいます
永久(とわ)の幸せ 祈っています
終わらない命はないけど 明けない夜もまたないから
そして、時はゆく

そして、何処へゆく
 
______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________
すずらんは、北海道で5月頃に咲くらしく
また札幌と室蘭の間を走る特急電車の名前にもつけられています。
実家はその途中にあり、札幌の予備校や千歳空港からの帰省でも よく利用していました・・・        2012.5.3
                                                                    

| TOPNEWPROFELEDOWNLOADCDALL SONGS
DIARY||FOR ♀FOR ♂M-STORYFREESKIPHOTO |BBSLINK

close