さむたいむ

                                           1977年  4月 千葉哲嗣 詩曲

                                           1995年  6月 編曲 演奏 唄


  ●うまく再生されない方は、右クリック対象をファイルに保存を選択してください!

クリックで再生

さわやかな香りに乗せて 夢よほのかに風になれ
 
揺れる思いは遠く 街角は冷たい
 
夕焼け空光る雲 ひとりが恋しい時は
 
アーア小鳥の唄に アーア目覚める朝よ

春のそよ風のような Sometime 心のままに


風香る6月の空 果てない思いさらさらと

流れる涙はどこへ 後ろ姿見せる

季節の色も目にさやか ひとりがさみしい時は

アーア昇る日ざしが アーアまつげくすぐる 

春のそよ風のような Sometime 心のままに

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

札幌での予備校時代、高校の友達“Iわお”がアパートに来て新発売の「Sometime」ってタバコ吸っていた
で、その唄でも作ろうかってことで、夜中の3時まで同じアパートの“Kまさん”と3人でハモりまで考えた
それも最初と最後の1行部分だけ・・・
その後、詩と曲を付け加えて、1曲に仕上げました、アーア皆大人になっちゃったョ                  1977 in sapporo 

| TOPNEWPROFELEDOWNLOADCDALL SONGS
DIARY||FOR ♀FOR ♂M-STORYFREESKIPHOTO |BBSLINK

close