思秋期

                                           1981年  8月 千葉哲嗣 詩曲

                                           2005年  8月 編曲 演奏 唄


  ●うまく再生されない方は、右クリック対象をファイルに保存を選択してください!

クリックで再生

遠く山を渡る風に ギラつく太陽影を落とし
 
日焼けた肌の水着の跡が 眩しいおんなの子街を行く
 
木陰愛した買い物帰りの 若い奥さん何故か急ぎ足
 
僕は部屋に閉じこもったきり ガラス越しに時の流れ感じてる

 
耳を涼めた風鈴たちは 夕焼けに染まり恥ずかしそうだね
 
僕の帰りを遠くで待つ君に 秋を告げる風を贈りたい
 
夏が残した小さなイタズラ 涙ひとつぶ長い髪の少女
 
過ぎ去る時間の優しさに抱かれ 巡り来る秋に想い走らせ


長く影を落とした街 カラカラの心ひとひらの水
 
夜空からすべり落ちた流れ星 君の髪に似合うだろう
 
今年も激しい夏を過ごして 君はまひとつ大人になったろう
 
僕は君に逢いたい気持ちで またひとつ歳を忘れてる
 

 
______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

夏は決して嫌いじゃないんですが、やはり高温多湿の日本の夏、結構人間にとってつらい環境にあることは確か
特に、学生の頃なら海や山、スポーツと夏を思いっきり楽しめるのですが、社会人になるとそうもいかない
夏のド真ん中あたりになると、誰しも夏を楽しみながらやがて来る過ごしやすい秋のことを考え、待っているんじゃぁないでしょうか
けど、涼しくなるのは嬉しいけど、夏の終わりはやっぱり淋しいと感じるのはボクだけでしょうか?
来年も、また来年も、ずっと夏がくるならいいんですが・・・                                   2005.08.14

| TOPNEWPROFELEDOWNLOADCDALL SONGS
DIARY||FOR ♀FOR ♂M-STORYFREESKIPHOTO |BBSLINK

close