only once

                                           2012年 11月 詩曲

                                           2012年 11月 編曲 演奏 唄


  ●うまく再生されない方は、右クリック対象をファイルに保存を選択してください!

クリックで再生

only once

世間知らずの14歳の春
今の全てに反抗したくて
髪を伸ばして blue jean穿いて
育った町を出たかった・・・

寂しい夜はaccorstic guitarで
あの頃のように一緒に歌わないか
現在(いま)のことしか 考えてなかった
どんな未来も 掴める自由あったのに
巡り巡るこの人生は
一度きりのライヴ

あれから日々を繰り返し
少し利口になっただろうか?
笑顔作って 口先合わせて
都会の隅に潜んでる

うれしい夜はelectric guitarで
同じコードをかき鳴らしてみないか
今日の痛みも 明日の不安も
忘れてしまう そんな気がするんだ
浮かび沈むこの人生は
全てに意味がある

寂しい夜はaccorstic guitarで
あの頃のように一緒に歌わないか
うれしい夜はelectric guitarで
同じコードをかき鳴らしてみないか
与えられたこの人生は
悪くないじゃないか

そう思える日まで
 
______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________
14歳でギターと出逢い、歌を作るようになって友達とバンドを組んだ、アコギをかき鳴らしながら、何時間も一緒に歌ったあの頃
大人になってもギターを弾き、歌を作って歌ってる、楽しいとき、悲しいとき、いつもギターがそばにあった
神様から与えられた1度きりの人生を大切に・・・
                                                                       2012.12.1
                                                                    

| TOPNEWPROFELEDOWNLOADCDALL SONGS
DIARY||FOR ♀FOR ♂M-STORYFREESKIPHOTO |BBSLINK

close