♪ つま恋2006 Vol.1


最近今まであまり聴かなかったミュージシャンの曲聴いている


今から31年前、1975年夏、ひとつの野外イベントがあった
静岡県のつま恋に、6万人以上の若者が集まったコンサート
出演したのは、かぐや姫と、拓郎
確か、夕方から始まって夜明けまでやるという、オールナイト

当時、高校2年だったボクは、北海道にいた

2005年の夏だったろうか、行方不明になっていたという
当時のフィルムが発見されたとかで
30年前の伝説のライヴDVDがこの春、発売になった

拓郎はいくつかのデカいイベントを残してきた
そして、その殆どが、ビデオになっている
そしてボクは、その映像を見ている
79年の篠島
82年の武道館
85年のつま恋
89年の東京ドーム
90年の武道館
91年の大倉山

1975年のつま恋

時代が変わり、流行は移り変わるから
その時の、カッコよさは、醜さのベールをまとう
30年前に見た、拓郎のステージ衣装
素肌に白のベストと白のバギーパンツ
バンダナを太く巻き、白いストラップでJ-45をぶら下げた・・・
当時は、そんなスタイルさえ、マネしたものだ

特にJ-45を弾いている拓郎の映像は非常に少ない
1970年〜75年あたりまで、レコードでは多く登場しているが
アノ頃、ライヴで、アコスティックギターの音を拾うのは大変だったから
今のような高性能のピックアップはなく
時代が、拓郎にエレキに持たせたことも事実だ

J-45を弾いている拓郎が大好きなボク、いや、映像が少ないから?原点だから?
だけど、DVDは買わなかった・・・



2006年9月23日つま恋
13時から、かぐや姫と拓郎の野外ライヴが行なわれる
中学2年のアノ日、ユージの家で“元気です”を聴かなかったら
ボクは、今、ギターを弾いたり、音楽をしていなかったかも知れない
もしかしたら、両親の期待通りエリート会社員になっていたかも知れない
そーすると、HPも作らなかったし、こうして文章を書くことも・・・
そんな拓郎が60歳になって、記念すべきライヴ

ボクは、殆ど迷うことなく、チケット予約をしなかった
北海道の高校生だった頃と違い
今なら、静岡まで、新幹線ですぐ行ける距離なのだ
会場は、いつものライヴと違い、おお盛り上がり確実
けど、ボクは、殆ど迷わなかった・・・

演奏も聴きたい
歌も、MCも聴きたい
音楽の楽しさ教えてくれた恩人を見たい
けど、ボクは、なぜかチケットを買わなかった、、、つづく

                                            2006.09.23

| TOPNEWPROFELEDOWNLOADCDALL SONGS
DIARY||FOR ♀FOR ♂M-STORYFREESKIPHOTO |BBSLINK

close