悲しみの街角を行けば


人は悲しみだけ求めてるみたいに

涙を連れて生きて行く

心はいつも荒れ果てちまい

生きるって辛いネが 言い草だった

夜の街を行けば悲しみばかり

吐き捨てられた街ですよ


楽な道は幾つもあるってぇのに

涙の道を何故歩く
       ひと
お節介だと他人に云われ

人のいい 女だった

星空の下行けばあの娘のことが

ふと心に浮かぶんですよ


人それぞれ辛い過去があって

触られたくないものもある 

肩書きばかり気にかけて

気付いた時には この有様さ

悲しみの街角を歩いて行けば

悲しみだけが墜ちている

 

close