色々あるサ、生きてれば

                                           2004年  8月 千葉哲嗣 詩曲

                                           2005年  4月 編曲 演奏 唄


  ●うまく再生されない方は、右クリック対象をファイルに保存を選択してください!

クリックで再生

風の香りが微かに変わり 永遠に思える季節が過ぎた
 
今日と言う日を限りなく重ねて 不確かな明日を現実に変えるのサ
 
あるときは自分の秘めたる才能に驚いて
 
世界を変えられるような気分の日もあるサ

※ たかだか人間だから されど生きてるんだから
 
 
   二度と戻らない 今が過ぎる 2004year
 
 
街の色取りが微かに変わり 一瞬に思える季節も過ぎた

時代が価値観を少しずつ移ろわせ 誰かに与えられる真実に従うのさ

時には自分のふがいなさへの許せない敵対心で

目の前を見失いそうな気分の日もあるサ

※ リフレイン


時には自分への行き過ぎた期待による反作用で
 
潰されそうになるような気分の日もあるさ

※ リフ
レイン

________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

2004年夏、千葉県幕張ビーチ、車にJ-45を積んで独りで何度か訪れた・・・
思い切り唄える場所を、色々捜したけど、やはりなかなか見つからず、砂浜を歩いたり、東京湾に浮かぶ船をぼんやり見ていた
人間、40年以上生きてると、色んな思いもよらぬことが起こるものです
嫌なことも数限りないけれど、考えようで○×よりはマシなどど、できるだけプラスに考えやっていくしかありません
結構長く、歌なんか作ってきたけど、初めて外、海でベースを作りその後1年かけて詩や構成を仕上げ、スタジオで唄いました 2005.5.2

| TOPNEWPROFELEDOWNLOADCDALL SONGS
DIARY||FOR ♀FOR ♂M-STORYFREESKIPHOTO |BBSLINK

close