Top  Profiles    History   Live Schedule   Discography  ばんますのへや

小川理子公式サイト  トラッドジャズの詩    Special Reports   Link    Photo Gallery   English Site

 

Basin Street Blues

ベイズンストリートブルース

こんな曲です

 

Spencer Williamsの作で、トラッドジャズの定番中の定番曲。ジャックTのボーカルやトロンボーンカデンツァで有名ですね。
ベイズンストリートは20世紀初頭、ニューオリンズの有名な紅灯街ストーリービルがあったあたりの通りの名前。まあ吉原のど真ん中の通りのような感じですかね。

ニューオリンズは港町なので、いわゆる岡場所が発達しておりました。19世紀の後半には売春は市公認のビジネスとして栄えておりましたが、あまりの風紀の乱れから、市会議員だったシドニー・ストーリーが売春宿を1区画に限定する法案を提出し、可決されたことからベイズンストリート一帯がいわゆる青線地帯になりました。そのおかげで(?)皮肉なことにその地域は「ストーリービル(=ストーリー村)」と呼ばれるようになりました。

荒くれ男(水夫)と酒と女と音楽、大体これらはセットになっておるもんですが、ストーリービルでも音楽が盛んでした。もっとも色気のあるこれらの場所では、ピアノが人気だったようで、ジェリーロールモートンなども大人気だったそうです。ルイアームストロングも若い頃にストーリービルでブルースを吹いて、もてまくっていたと自伝にあります。「マホガニーホールストンプ」なんていう名曲がありますが、マホガニーホールは最高級娼館の名前。

ストーリービルはこのようにしてニューオリンズでジャズが発達するインキュベーターでありましたが、第一次世界大戦がはじまると海軍の圧力によりストーリービル一帯は閉鎖を余儀なくされ、仕事を失ったミュージシャンたちで腕に覚えのある人たちはシカゴへ向かった、というわけです。ちょっとジャズの歴史でした。

 

Won't you come along with me
To the Mississippi
We'll take a boat to the land of dreams
Steam down the river down to New Orleans. 
The band's there to greet us, 
Old friends there to meet us. 
Where the rich and the poor folks all meet, 
Let me take you down to Basin Street.

いっしょに来ないかい
ミシシッピ川へ
船に乗って 夢の国へ行くのさ
ニューオリンズへくだっていこう
バンドがおいらを迎えてくれる
懐かしい友だちにも会える
金持ちから貧乏人まで勢ぞろいの
ベイズンストリートへ案内しよう

 

Now Basin street is the street
Where the elite Always meet
In New Orleans, The Land of Dreams
You'll never know how nice it seems or Just how much it really means
Glad to be, Yes siree, 
Where the welcome's free. 
They're so good to me, 
That's where I can lose, 
My Basin Street Blues.
さて、ベイズンストリートは
夢の国、ニューオリンズで
一流の奴らが集まってるストリートさ
どんなにイカしたところか
どんなところなんだか
君には想像もつかないだろうさ
いやあ嬉しいさ、嬉しいよだんな!
みんなが歓迎してくれる
どこいっても歓待さ
おいらの憂鬱なんか
ベイズンストリートが吹き飛ばしてくれるのさ

 

Song List      Prev. Song    Next Song

 

close