対馬ムクゲ違法植栽事件

むくげ



・中国原産。平安時代に渡来。 ・中国名を「木槿(ムージン)」と呼ぶ。
漢字はこの字があてられている。

漢名の「木槿」の音読み「もくきん」が 変化して「むくげ」となったとも、
韓国の呼び方「無窮花(ムグンファ)」または 「ムキュウゲ」が変化して「むくげ」となった、 ともいわれる。
・朝方3時頃に開花した花は夕方にはしぼんで しまう「一日花」で、
「槿花一朝(きんかいっちょう)の夢」 (人の世ははかない、の意)に例えられているが、 次々に別の花が咲くため長く咲くように見える。
韓国では「無窮花(ムグンファ)」といい、 国の繁栄を意味する花として国花になっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

対馬ムクゲ違法植栽事件

対馬ムクゲ違法植栽事件(つしまむくげいほうしょくさいじけん)は、平成19年
2007年1月24日に、長崎県対馬市壱岐対馬国定公園で発生した事件。

== 事件の概要 ==

2007年1月24日韓国のクイズ番組で上位成績者だった高校生と番組スタッフの一行が、
対馬で最北端の「'''韓国展望台'''」の付近に韓国の国花であるムクゲを無断植栽した。

住民からの通報を受けた対馬市は、翌1月25日、一行に対して自然公園法?違反なので撤去を申し入れた。
そして翌日に撤去された。韓国人一行は「親善のために対馬を訪れ、記念に植えた。
違法と知らず迷惑を掛けた」と話した。ムクゲそのものは密輸したものではなく、同島内で購入したという。

== ムクゲ無断植栽にみる韓国人の領土的野心 ==

当該事件を起こした韓国人一行は、「'''韓日友好'''」の善意に基づく脱線行為であったため、
対馬市
当局もあまり事を荒だてることなく穏便に処理したが、他にもムクゲを無断植栽する韓国人が数多く存在し、
しかも物騒にも「'''対馬韓国領化'''」という植生を通じた侵略?活動の一環として組織的に行われていた。

韓国では、「'''対馬韓国領'''」という主張が公然と叫ばれており、
慶尚南道馬山市?議会では、対馬島の日?なる記念日が制定されている。

「'''独島有人島化国民運動本部'''」では、「''100年後に対馬島全域にムクゲを花咲かせる''」という野望を達成すべく、
2002年頃から組織的にムクゲを植えていた。韓国の旅行業者の中にはムクゲ植栽運動を広げる悪質な事例もある。

関連記事
対馬市を訪れていた韓国人観光客が、
同市上対馬町鰐浦の壱岐対馬国定公園内にムクゲの苗木十本を無断で植樹していたことから、
同市は二十五日、違法行為に当たるとして撤去を要請。二十六日に撤去されることになった。
韓国人らは「親善のために対馬を訪れ、記念に植えた。違法と知らず迷惑を掛けた」と話している。

 苗木が植えられていたのは、韓国まで約五十キロの対馬最北端の「韓国展望台」付近。
苗木の近くに「対馬歴史探訪団」と記された看板が立てられており、異変に気付いた住民が市に連絡した。

 一行は、韓国のテレビクイズ番組で好成績だった高校生十六人とスタッフら計二十二人。
番組の賞品として対馬旅行が贈られ、二十四日対馬入り。
韓国の国の木であるムクゲの苗木を対馬市内で購入し、同日植えたという。

 市観光商工部の長信義部長らは二十五日、一行の代表と面会。撤去を要請した上で
「今後もいい関係で交流を続けましょう」と話した。苗木は市が引き取って処分する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「独島守り」で高い人気を得た「独島有人島化国民運動本部」のファン・ベッキョン氏(57)は
100年後に対馬島全域にムクゲを花咲かせるという目標に向かって走っている。
ファン氏は独島問題が再び大きくなった5月4日にも静かに対馬島を訪問した。
対馬島の「韓国展望台」にムクゲの木を植えるためだった。

「2年前から対馬島のあちこちにムクゲの種を蒔いてきましたが、今回は直接約30株の木を植えてきました。
来たる7月4日に開かれる予定の『対馬島国境マラソン大会』の直前にも再び『ムクゲ植え作戦』を繰り広げる予定です。」
学界の対馬島研究が『対馬島回復』の理論的土台を提供する次元だとすれば、ファン氏の
「ムクゲ植え作戦」は多少無茶だが、もう少し実践的な方法であるわけだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



私の意見
むくげをたくさん植えて ホレ こんなにむくげがあるから 対馬は韓国領であると
屁理屈を言い出すに決まっている。
朝鮮人は歴史 国土を捏造するのである。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
むくげを名乗るのは朝鮮人が多い。

【週刊新潮】むくげの会公立学校不法占拠事件 メンバーが市教委幹部の自宅に押しかけ恫喝する


◇教室「占拠」で高槻市が訴える「在日韓国人団体」

9月5日、大阪府高槻市教育委員会は、市立第一中学校の一室を占拠する在日韓国・朝鮮人団体「高槻むくげの会」に対し、
明け渡しを求める訴訟を起こすことを決めた。月末までに市議会の議決を経て、正式な提訴に踏み切る。

昭和60年より、「高槻むくげの会」と市教委は共同で、在日韓国・朝鮮人への社会教育事業を実施してきた。
同会は、識字学級や子ども会運営のため、中学校の一室を利用する便宜と補助を受けていたのである。

しかし、高槻市に住む外国人の多様化が進み、ブラジル人やフィリピン人、中国人にも同様の教育事業を行うニーズが生じた。
市教委は平成13年に、「在日韓国・朝鮮人教育事業」を「他文化共生・国際理解教育事業」に変更。

「高槻むくげの会」が利用してきた中学校の部屋を、韓国・朝鮮以外の国の人々にも開放しようとしたのだが、同会は拒否。

会のメンバーが、市教委の幹部職員宅に押しかけ、「○○は差別者」と記されたビラを撒くなど激しい抗議行動を展開した。

一昨年、市教委は同会への補助金を打ち切り、昨年1月には中学校の部屋の明け渡しを求めたが、現在も占拠されたまま。

市教委によれば、「どうして韓国、朝鮮の人だけが、水道代も電気代も払わず、中学校を使えるんですか。
校内にあるむくげの会の事務所の前には、会の関係者以外立ち入り禁止の看板が出されていました。
フィリピン人やブラジル人にも開放しなければならないのに、むくげの会が不法に占有しているんです」
(青少年課)

「高槻むくげの会」会長の李敬宰氏はこう反論する。

「不法占拠と市が主張する根拠はここ(中学校)に事務所があるからですか。
我々の活動を市がキチンと引き継いでくれるなら、いつでも出て行きますよ。
市がやらないから、当然の権利としてここにいるんです。
共産党が議会で、我々がここに事務所を置くのはおかしいと追及したことがあった。
市教委が、行政の一環だから問題ないと答弁し、事務所問題には決着がついている。
今さら市が明け渡しをいうのは、朝鮮人つぶしとしか考えられないですね」

既得権の改廃は、いずこも大きな摩擦を引き起こすようで……。

ソース:週刊新潮 9月21日号 134ページ (エマニエル坊やがテキスト化)

関連スレ
【在日】 高槻市、在日団体「高槻むくげの会」を提訴へ…明け渡し求めるも「差別、弾圧」と中学校の一室不法占拠★3 [09/06]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1157535703/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【在日朝鮮人は悲劇の差別被害者を装った??特権階級??】 ・生活保護優遇(一世帯あたり年600万円が無償で支給。
在日朝鮮人64万人中46万人が無職。なお仕事を持っていても給付対象から外されることはない)・
国民年金全額免除("掛け金無し"で年金『受給』が可能...

・既得権を守るためには恫喝をやる
・特別扱いされないと「差別」になる
・恨むことはあっても感謝はない
・不法占拠は十八番
・呼吸をするように嘘をつく





topに戻る


















close