無料カウンター
犬 [ いぬ・狗 ]食人 劣悪朝鮮半島人への国際的な非難が急増 !!

[嫌韓流

http://6622.teacup.com/mayuman234/bbs



気の弱い方は遠慮してください。




魔女狩り、魔女裁判で3百万人もの女を大量虐殺、処刑している欧米人でさえも
劣悪朝鮮半島人のその残虐性を強烈に批判 !!

コリアよ ! ホロコースト[大虐殺]をストップしろ !!



子犬を虐殺し露天で並べ・・・・・



店先で虐殺し原型を留めたまま吊るし・・・・・





トラックで露骨に運び虐殺し・・・・・



露天商のおばさんが売る・・・・・



虐殺し焼肉食堂でも食らう・・・・・



道路で虐殺し切り刻んで・・・・・



不潔で汚らしい館でも煮て食らう・・・・・



不潔なゴキブリも潰して食らう・・・・・

『 愛玩動物 』の中でも“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]は最も知能が高く 、盲導犬、介護犬、災害救助犬、
警察犬などなど、多くの人々の生命を助けてくれる『 人生の偉大なるパートナー』です。

『 愛玩動物 』以上に心が通った『 人生の偉大なるパートナー 』を虐殺し食べるなどという
劣悪なる朝鮮半島人ども、しかも劣悪な北朝鮮国境中国側の劣悪な朝鮮族どもや、
劣悪な韓民族どもにも、この残虐性は共通する。

これこそ非人道的で極悪非道な古い習慣だと国際的に罵倒、批判されているのです。
人道上、医学上、衛生上、人が食べたりしてはいけないものがこの世には沢山ある。

毒物類、腐敗細菌類、病原細菌類、ビールス類、病原体擬似物質類、寄生虫類などに限らず
人類が繁栄してきた膨大な歴史の教え『 人としてのモラルで規制、制限されたるもの』がある。

『 人としてのモラルで規制、制限されたるもの 』がなければ、極悪非道『 人さえも虐殺
して食べる 』ことも平然とやらかすのです。

規制、制限がなければ『 殺人 』さへも平然とやらかすのです。。
『愛情』、『知恵』、『正常』ささえもない恐ろしい恐怖のホロコースト[ 大量虐殺 ]は今でも
劣悪なる朝鮮地獄半島にあるのみだ !

人としての『愛情』、『知恵』、『正常』ささえもない恐ろしい恐怖のホロコースト[大量虐殺]は
劣悪な朝鮮地獄半島あるのみ !

こんな劣悪な朝鮮人どもと一緒にされるのは、偉大なる我が日本国国民の恥だ!
“劣悪な朝鮮人どもと同類だ”とまた国際的に批判されるに違いない !

だからこそ日本中で『 嫌韓流 』が超ベストセラーになっているのだ !

我が日本国国民は『 嫌韓流 』が本音である。石原東京都知事が申すとおり、ばばぁたちの韓流ブ
ーム?とは国際的な『社会悪』でしかないぞな(笑

このままではとてもじゃないが正常には付き合えんぞな!
劣悪なる朝鮮人どもよ!劣悪なる韓民族どもよ!劣悪なる朝鮮族どもよ!劣悪なる韓民族どもよ!

P.S.

『 愛玩動物 』の“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]の『 臭覚 』は、人の何と一万倍以上もあるのだ。

劣悪な朝鮮人が“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]を虐殺すれば、虐殺した劣悪な朝鮮人の『臭気 』と、
虐殺された“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]の血肉の臭いを周辺の“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]たちは劣悪なる朝鮮人の
『 虐殺 』裏切りであることを敏感に嗅ぎ取る。

血の現場の臭気はいつまでも残り“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]たちが劣悪な朝鮮人の裏切りを嗅ぎ取る。
これを世代を超えて繰り返し“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]の遺伝子に刻み込まれ、蓄積されていく。

劣悪な朝鮮人である劣悪な韓民族、劣悪な朝鮮族による『 愛玩動物 』の“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]の
虐殺、“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]への裏切りは生物的抵抗、復讐、恨[うら]みへと向かう。

『 愛玩動物 』“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]の虐殺を劣悪な朝鮮人どもが世代を超え延々と繰り返した結果、
“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]たちの虐殺への報復、抵抗は、劣悪な朝鮮人への猛毒遺伝子として蓄積される。

ある種の魚類、昆虫類、爬虫類のごとく、“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]たちは体内外を劣悪な朝鮮人どもに
対する猛毒で武装する。体内外に猛毒素をも作り始めるのだ。

猛毒を食らった劣悪な朝鮮人の劣悪な韓民族、劣悪な朝鮮族は“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]を喰らうことで
長く蝕まれていき猛毒がどんな猛毒か判らず喰らい、終いには頭までやられるのだ。

考えられるその猛毒とは『 愛玩動物 』特有の、
『 従属的ですべてを他[他国]に頼り、吠え、泣きわめくという猛毒遺伝子 』や、
『 虐殺への恨み復讐の猛毒遺伝子 』が世代を超えて劣悪な韓民族、劣悪な朝鮮族の
心身のすべてに『 毒遺伝感染 』していくのだ。

世代を超えて『 毒遺伝感染 』した『 猛毒遺伝子 』は劣悪な韓民族、劣悪な朝鮮族に遺伝し、
『 物乞いし、時に吠え、泣きわめき、他に頼るという歪んだ従属性 』の劣悪な朝鮮人の
劣悪な韓民族、劣悪な朝鮮族どもの悪い遺伝子が出来上がったと分析できる。

『 毒遺伝感染 』すると劣悪な朝鮮人の劣悪な韓民族、劣悪な朝鮮族どものごとく、
『 バカほどに体力だけはあるのだが・・、すぐに他[他国]に頼り、吠えて、泣きわめくという
劣悪な朝鮮人の劣悪な韓民族、劣悪な朝鮮族の特徴が現れる(笑

生物は『毒』を食らえば『毒』にやられる。さらに生物は世代を超えて『 猛毒遺伝子』を食らい、
体内に取込めば『 毒遺伝感染 』するのだ。これ同じ生物としての原理・原則である !

これこそ『 猛毒遺伝子 』が原因である。劣悪な朝鮮人の悪な韓民族、劣悪な朝鮮族どもが
これを証明しているではないか !!

『 愛玩動物 』は虐殺したり食らってはならない!!
偉大なる我が日本民族には“ 犬 ”[ いぬ・狗 ]が死ねば供養までもする優しい『愛情』がある。
人としての『 掟 』や、『 教え 』として古来から受け継がれている !

『 人としてのモラルで規制、制限されたるもの 』がなければ、極悪非道『 人さえも虐殺
して食べる 』ことも平然とやらかすのです。

規制、制限がなければ『 殺人 』さへも平然とやらかすのです。。
『愛情』、『知恵』、『正常』ささえもまったくない恐ろしい恐怖のホロコースト[ 大量虐殺 ]は
劣悪な朝鮮人の劣悪な韓民族、劣悪な朝鮮族どもの劣悪朝鮮半島にあるのみだ !

このままではとてもじゃないが正常には付き合えんぞな劣悪朝鮮半島人どもよ !
変われ劣悪朝鮮半島人どもよ !!! 劣悪朝鮮半島人どもよ変われ ! 変われ劣悪朝鮮半島人どもよ !



犬食文化

http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea1.html

犬食文化(けんしょくぶんか、食犬とも)とは、用としてを飼育してそのを食べる習慣、及び犬肉料理の文化の事である。

犬肉料理としては、韓国料理ポシンタン等が有名だが、犬食の歴史は古く、中国大陸をはじめとする広い地域で
犬を食用とする習慣があった。
東アジア東南アジア及びハワイポリネシアミクロネシアオセアニアなどの島嶼に於いては、
犬食の文化を持たない国の方がかえって珍しいと言える。

世界的に見ると、概ね農耕社会では犬は生活の友としての敬意の対象ではなく、卑しまれるか食用動物とされる傾向があり、
牧畜社会、
遊牧社会、狩猟採集社会では生活の友として愛され、敬意を抱かれる食のタブー的な対象となり、
食用とする事が忌まれる傾向にあると言える。
欧州では牧畜が盛んであった為、そうでない中国、朝鮮などと違い、犬との共存生活が長いので
犬は家族同然であると主張する声もある。

つまり犬食文化が盛んな地域は中国や朝鮮半島のような農耕社会、
或るいは東南アジアやオセアニア島嶼域の様な農村的社会が支配的な地域である。
一方、犬食に嫌悪感を持つ地域は二種類に分けられる。
一つは犬を人間の命を託す生活の友と見做す牧畜社会、遊牧社会、狩猟採集社会の支配的な地域であり、
もう一つは、西アジアのように、遊牧社会でありながら食用動物として見做すのではなく、
宗教的関係上穢れた動物として卑しむ傾向を強めた地域もある。


これから食われるチャウチャウ犬 赤犬はうまいそうだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
残忍で可哀想だから見ないほうがよろしいです。内容は犬の絞首刑です。
http://www.withanimal.net/y/e.html

http://www.all-creatures.org/ha/koreaWhatIs.html
ーーーーーーーーー

いずれ北と共に滅び行く朝鮮族。
酒の肴にかまうのも少々飽きた。
相手ににしてくれているいるのも、今の内かも・・・・・。
********************

被災者に「もっと死ね」と言う民族。

ちなみに2005年日本で起きた“列車事故”の時も
韓国人は同様に日本人が死んだことに大喜びした。

阪神大震災の時など、新聞の第一報の見出しが「天罰だ!」だったという
目を覆いたくなるような卑しい国民性だ。


韓国人は災害などで「自分が困ったときに助けてもらうのは当然」と
考えているくせに、他人が苦しんでいるのを見ても何とも思わない。

韓国は助けてもすぐ裏切る。
後述するが、韓国に裏切られた国は日本以外にも世界中に存在する。


少し余談になるが、韓国人は犬を食う時に「できる限り苦しませて殺す」ことで
肉が美味くなる、と考えられている。他国の食文化をあれこれ言うべきではないので
簡単に書くが、こういったメンタリティの“根”の部分が日本人には理解が難しいのだ。

一方、韓国の宗主国だった中国には「殺して食った相手の力を自分の物にできる」
と考える文化がある。この『喫人(チーレン)』という食人文化は19世紀まで
続いていたものであり、今でも田舎では胎児を食うところがあったりする。



これが犬料理 朝鮮では高級食だそうだ。


【余談参考】韓国の犬猫食
http://www.koreananimals.org/index.htm
http://www.seoulsearching.com/DogMeat.html

http://www.all-creatures.org/ha/kaps.html

※ショッキングな画像があるので心臓の悪い人は注意して閲覧して下さい
※以下は上のURL「韓国動物保護団体」の『ANIMAL ISSUES』より要約。

  毎年韓国では260万頭の犬と多くの猫が殺され食用とされている。
  金属製の小さな籠に生きたままぎゅうぎゅう詰めにして運搬され、
  生きたまま首を吊り、パイプやハンマーで叩き、わざと時間をかけて殺す。
  また、生きながらに火であぶり毛皮をはがすこともある。

  なぜそうするかというと、韓国では動物の苦しみが大きいほど肉が香り高く
  柔らかくなり、さらに“男性の精力の源になる”と信じられているため。
  その根拠は「苦しむ際に組織にたまるアドレナリンによるもの」とされているが、
  当然これは犬肉業界がたくみに広めた迷信である。

  猫も同様に殺され、生きたまま煮られることすらある。
  ちなみに猫の場合は“リューマチや神経痛に効果がある”と宣伝している。

  このサイトの写真は数年前だったので撮影できたが、現在は外国人に
  犬肉を見られて騒がれるのを避けるために秘密保持専門の“番人”がいる。

  また、韓国人は残酷な殺し方で犬猫を食べる文化を持つにも関わらず、
  自らのことを「世界一犬猫を愛する国民」と自称して憚らない。


【余談参考】中国の胎児食
http://www.tcnweb.ne.jp/~perfect/china.htm
http://captsato.net/blog/archives/2005/06/post_134.html

※ショッキングな画像があるので心臓の悪い方は閲覧しないで下さい。



日本に実害はないので“彼らの食文化”について言及するのは憚られるのだが、
上記のサイトで犬や猫や胎児の死体を見てしまうと、彼らが次に生まれ変わる時は、
中国や韓国以外に生まれることを祈らずにはいられない。


よく韓国人が反日デモなどで「チョッパリ(日本人)を殺して食ってやる!」と
ヒステリックに叫んでいるのは、もしかすると中国伝来の精神性なのかもしれない。

ここでは“飢えてもいないのに犬猫を食べる”という食文化レベルの話ではなく、
「わざと苦しませて殺す」という部分に着眼して頂きたい。

いずれにせよ、日本人とは「感覚が違う」ということだけは覚えておいて頂きたい。
(ちなみに中国人の残虐性はこんな程度ではないのだが、ここでは省略する)


このように、自分以外が苦しむ様を楽しそうに観る韓国人の姿は、
韓国特有の「ことわざ」の中にもみることができる。

 「他人の牛が逃げ回るのは見ものだ。」
 「他人の家の火事見物をしない君子はいない。」
 「姑への腹立ち紛れに犬の腹を蹴る。」
 「川に落ちた犬は、棒で叩け。」

などなど。
ひとつひとつが非常に「自分本位なことわざ」ばかりで、
日本人の価値観では不道徳ともとれる内容である。

ことわざというのは幼い頃から親や教師に教え込まれる基礎教養。
そうした文化と民族の根本姿勢は隠そうとしても些細なところで
見え隠れしてしまうのである。




これは食用犬の飼育場





これから殺される犬たち。



仲間が殺されるのを見ている犬 なんと思っているか。







朝鮮人は道路でこういうことをやる。







これから食われる犬たち。



道路でこういうことをやるのですかね。
動物虐待を通りこしています。




切りたての犬。写真は頭の部分。足の部分も
ニワトリの足のように切られて並べられてあった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





可哀相 の一言です。





哀れな表情





廃車が犬の格納場所



これから殺される犬たち



犬小屋



朝鮮人は残虐だということ。





何故 道端で犬を虐殺するのか。



これから殺される犬



橋から首を吊って殺す



首を吊られた犬






なるべく苦しませて殺した方がうまい、、と言われる。














犬を食う 糞を嘗める 少女を売り飛ばす、、
やはり朝鮮人とは付き合えないな。


-------------------------

女性救った“湯たんぽ”老犬、無事飼い主の家に



ひたちなか西署に保護された“救助犬”のウシ

 行方不明となった茨城県内の認知症の女性(73)が今月6日に同県ひたちなか市の公園近くの草むらで約30時間ぶりに見つかった際、
寄り添うようにしていた老犬が8日、飼い主のもとに引き取られた。

 老犬は、6日に「飼い犬の可能性がある」(ひたちなか西署)として、発見現場近くで放されたが、8日午後3時半ごろ、同市内で改めて保護された。

 女性と犬が一緒にいるところを見つけた長谷部美紀子さん(56)(同市)が同じ犬と確認。

 長谷部さんらが、ひたちなか西署に届け出たところ、8日夜になって、
飼い主の礒崎和子さん(44)(同市)が「新聞に出ていたのはうちの犬では」と、同署に名乗り出た。

 老犬は、礒崎さん宅で12年程前から飼っているオスの雑種「ウシ」で、5日からいなくなっていた。
同署に引き取りに訪れた礒崎さんと3人の娘は「女性を助けるなんて、ウシは偉い」などと話していた。

 女性が行方不明となっていた6日未明は氷点下にまで冷え込み、「ウシ」が防寒具代わりになったとみられている。

(2007年12月9日1時32分 読売新聞)



















topに戻る




















topに戻る




close