夕焼け雲

 

目が覚めて独り身に暮れていた

一人で目覚めるのには慣れなくて

その夜に君を無くしていた

散々泣いた君はいなかった

 

黄昏の明るさの中でぼんやりしている

悲しみだけの明日じゃもう

まるで重い十字架を背負って 暗い瞳で苦笑い

 

悲しみが僕を捕まえて離さない

終わってく感情はいつも夕焼け雲

季節が変わっても思ったように辿り着けない

 

あの頃は手の中の宝石を

強く強く切り裂いて投げ捨てた

あの雲が僕のこと眺めてるから

干草のベッド風の音の中眠った

 

愛の脆さに脅かされても明日は占えない

結局誰も独りきりで満天の楽園を旅している

眩しそうに見上げて笑った

 

悲しみが僕を捕まえて離さない

終わってく感情はいつも夕焼け雲

シネマの様さジリジリと音たてて

昔見た夢思い出すのさ

 

悲しみが僕を捕まえて離さない

終わってく感情はいつも夕焼け雲

季節が変わっても

変わったように思うけど

 

全ては僕の中で 全ては記憶の中でとける


close