Scar


泣いた 過去が 傷を えぐる
いつかの夢
うずく 水に 光 照らし
透けた無知は罪

途方にくれて

眺めた街は落ちそうな夕日で
さんざんわめいて何かを探し続けた
優しさなんて何も分からなくて
寂しさですがる子ネコみたいだ
uhn


何か 違う 君と 違う
選ぶ言葉も
吹いた 風に 逆らい ながら
何を待っている

こんな世の中も

運命の意図が僕らを結んで
静かに刻む時間の遊覧飛行さ
黒塗りだらけの過去の答案も
教えてあげる ほこりまみれだけど
uhn




close