HOME
2003.11.02.こにてつのつたんぼたんぼKTJMレポート 「Heisei no Satie」こと小西徹郎が11月2日に行われたイベントの模様をレポート!
参加者全員に配られたKin's RooさんのCDとひろままさんが作ってくれたバッジ kinscd.jpgcan.jpg

2003年11月2日、荻窪、ルースターさんにて行われたこのイベント!ボクはどんなに待ちわびたことだろう。。
会社には2ヶ月ほど前から結婚式だから、、と嘘を言って休みをゲット!前日はなかなか寝付けなかったなぁ。。
当日はなかなか場所が見つからず歩き回って何とか到着。

今回はとにかく、目玉商品てんこ盛り状態イベントだった。WAJINさんのオリジナルは生で聴けるし、ミューガバさんのアコースティックバージョンは聴けるし、Lo-Loveさんの最後のライブだし、そして!Kins'Roo & TheLovedOnesのライブですよ〜!
いやぁ、、2000円!激安やんけ〜たまらんで〜と、歓喜の声を張り上げたくなるような内容だった。


tutanbowajin.jpg WAJINさんのシギルプロジェクト!@Tokyo!ほんまによかよ〜
思わず笛とか持ち出して飛び入りしようかなと思うくらいいい感じ。。。 (笛持って来てなかった涙;)やっぱり「人生の歌」は生演奏がいいねぇ。。 みんなで大合唱したいなぁ、、
tutanbololove.jpg Lo-Loveさんのラストライブ、いやぁ、、解散するんはもったいないっちゃ!ぜひ再結成してくれ〜!!!
ボクは実はニッキーさんのギターはすごくいい!と思ってた、なんかこう音が泣いてる感じがとても好きなのね。WAGAKAFuさんのベースもいい音してる〜メチャ好みやで〜なによりも、あいさんのボーカル!
マイクを離して歌うところなんか涙ものだ。おぉ!と思いながら見とれてたこにてつであった。。
tutabomugov.jpg ミューガバさんのアコースティックバージョンはやっぱりバーボン片手に聴きたいですね〜
TAJIKAさんのボーカルは日本人離れしていてとても日本にいる感じがしないところがかっこいい!
女性ボーカルも入って更に魅力を増した感じがした。
生でブルースを聴くのは久々だったのでとても新鮮でした。
tutanbokins.jpg Kin's Roo & TheLovedOnes!!
普段だと北海道に行かないと聴けないので、耳は更にダンボ状態で聴き入ってた。やっぱり、こう、なんていうのでしょう、、フレーズ、リフ、リズムにロック魂をビシバシ感じるのは、ボクだけではないはずだ。
ボクはベースをちょっとカジったのでライブを聴くときはついついベースに耳がいってしまう。
聴いてすぐわかったのはベーシストさん、メチャ余裕で弾いているなあ。だからリズムのツボとかバシッと押さえてるんだなぁ、、すごいかっこいいベース弾くなあ、と、とても感動してしまった。。
Kins’Rooさんも水を得た魚のように歌いきった!という感じがして、聴いてる方も完全燃焼!した。
ロック魂ガンガンのKin'sRoo & TheLovedOnes!本当に聴けてよかった!!

さてさて、ここでライブ以外でのお話を。。

今回は前回とは違い初めてお会いする方がたくさんこられてました。
こういう機会に新たな出会いがあるということは本当に素晴らしいことである。
うみげさん、Okutanさん、こうへいくん、マッキーさん、keijiさん、月木蘭@ままさん、ひろままさん、Raphyさん、ミスター田中さん、未藍千紗さん、などなど書ききれないほどの新しい出会いがあった。
また今回はたくさんの方のCDをゲットしまくりだった。

今回、結婚式といって休みをゲットしたが、まんざら嘘でもない。
6月9日ロックの日にご結婚されたWAGAKAFuさんのお嫁さん、CAOさん!この方を一目見たい!これも今回の楽しみのひとつであった。。HPでのCAOさんのお話を読みながら大爆笑していたのでどんな感じの人なのかなぁ?と楽しみであった。いやぁ。。WAGAKAFuさん!!素晴らしく素敵な奥様ではないですか!!!じぇったい大事にせないかんぜよ!!とても気配りしていて大変だっただろうに、、でも、そんなところ微塵も見せないCAOさん、あなたはエライ!!いや、ほんまでっせ!!

と、そんなこんなでまだまだ書ききれないくらいたくさんあるのだがこれくらいにしておこう。。
やっぱり、イベントはいいね〜、年に1回でも2回でもあるととてもうれしいなぁ〜。ぜひぜひまた行きたい!!今度は参加したいな!

Kin'sRooさんをはじめ、遠くからこられた方、本当にお疲れ様でした!またスタッフの方の苦労も大変でしたでしょう、本当にお疲れ様でした!!今度はぜひ演奏でおじゃまさせていただきたくおもいます。

小西徹郎(Heisei no Satie )

close