本格的な音楽配信サイトを利用して、オリジナル曲を配信する方法のご案内 


 アーティストとして、一定の実力が担保されている方々については、現在、iTunes Store などの大手楽曲サイトを通じて、オリジナル曲を配信する事が可能な方法があります。







 CDの自費出版と同じで、多少の実費負担は必要ですが、楽曲の販売益を確保する事は可能となります。

 楽曲の販売サイトに自らの曲を登録し、販売できる状況にする為には、iTunes Storeなどに楽曲を登録できる権利を保有している音楽事務所や団体組織などへ登録委託する事が、最も現実的な方法です。
 単なるアマチュアとして活動しているだけでは、大手の楽曲配信サイトに、自らの曲を登録する事は少々面倒となります。しかしながら、大手楽曲販売サイトへの登録権利を有する団体を通して、登録を行なう事なども選択肢として存在しています。


 登録を希望しているアーティスト側が負担するのは、楽曲を登録する為の手数料関係の経費です。
(これらの手数料は、プロの歌手の方々も負担しているのですが、所属プロダクション等が、楽曲配信会社や委託企業に手数料や委託料の支払いを行っています。個人で独立して活動している場合などは、経費類は、自ら負担する必要がある、という事です。インディーズなどを主体に活動している場合などは、自ら活動経費を負担している事が大半であると予測できますので、こういったケースにあたると思われます。)


  インディーズレベルで扱いやすい登録サイトは、以下などがあります。



   CD Baby  CDBabyは、日本語解説サイトも設置されています。

   TuneCore


      ---  日本向け法人 ---

   CD Baby Japan

   TuneCore Japan

   Amazon e託販売サービス





 他にも、手数料の自己負担により、登録委託を引き受けてくれるサイトが存在していますので、
検索エンジン類で調べ、検討する事もお勧めいたします。





重要な留意点

 配信については、すべて自己責任において執り行なう必要があります。基本的には、楽曲の品位も十分なクオリティーが必要ですので、ご注意ください。


 大手配信サイトへ楽曲登録希望をお考えの場合は、各サイトの問い合わせサービス内からお問い合わせして頂きたいと思います。 「Sound Disposition Lab」 のサイトでは、これらのサイトの具体的なご質問は受けていませんのでご注意ください。









戻る
戻る



close