ミックス処理、ミックスダウン処理のみではなく、マスタリング処理も含め、トータルに音質調整を施します。
ご連絡事項 お問い合わせ ミックス、ミックスダウン処理のご依頼フォーム

ミックスサービス 楽曲Mixサービス

 HDレコーダーや、マルチトラックレコーダーなどを利用して、楽器毎やトラック別で収録されたデータのMix作業や、ボーカルとカラオケ(伴奏)のMix作業を承ります。各トラックにEQ処理エフェクト処理を施し、より良いと思われる楽曲に仕上げてゆく作業となります。トラック数が比較的多いミックス処理も可能です。


 ボーカルが上手くオケと馴染まない等々お悩みの方や、Mix作業が上手く行かなくてお悩みの方、自作曲の制作中楽曲が多い状況の為、作業量をある程度軽減化して、制作作業をある程度効率化したい場合など、どうぞご利用ください。


 ボーカルのピッチ修正も可能です。(別途処理料金を要します。) ご希望の際は、お問い合わせください。
 ボーカルのピッチ補正の解説ページも、ご参照ください。


 また、プリマスタリング処理済みの音源も付属しますので、あえて別途マスタリングサービスを追加してご利用くださる必要は必ずしも必要ありません。
 (プリマスタリング処理工程が付属しているサービスではありますが、プリマスタリング工程はおまけ処理という意味ではありません。完成度の高い音源を制作する為には、ミックス処理のみで終了させてしまう事については、必ずしも適切ではないと判断しています。その為、ミックス処理後のプリマスタリング処理工程もあわせて音源処理をいたします。)

(プリマスタリング処理を施したデータを納入いたしますので、あえて追加してマスタリング依頼をご依頼頂かなくても概ね完成品のデータとして利用可能なデータを納入できる見込みとして、依頼処理を行う内容となります。)


 (ミックス依頼時のプリマスタリング工程と、別途依頼ページのマスタリング処理依頼とは、サービス内容上では
関連性はありません。ミックス依頼でのプリマスタリング処理では、マスタリング依頼ページのような複数タイプの音源処理データをご用意するサービス内容ではありませんので、念のためご注意ください。)


 ご希望のお客様には、カラオケのみのデータや、ボーカルのみのデータ(エフェクト処理済み)なども別途付属いたします。(追加料金はありません。必要な場合は、最初のご依頼時にあらかじめご連絡ください。あらかじめ連絡なき場合は、カラオケ音源等は制作予定に組み入れませんので、ご注意ください。プリマスタリング工程前のミックス処理のみの音源なども別途必要な場合は、予めご連絡ください。)


 極めて効率的なコストパフォーマンスを実現しているサービス内容となっております。
 他社の追随を許さない程の高いコストパフォーマンスを誇っていると確信できる高品位サービスとなっております。(システム変更や強化により価格改定を予期無く行う場合がありますが、料金はご依頼時点での料金が適応されます。)

 2〜3日で処理完了予定となりますが、受注状況により変動したします。

 微調整、校正は、2回までといたします。経験上、それ以上の回数の微調整を行なっても、大幅な向上は望めないと判断できます。根本的な製作環境が起因する品位の限界は、MIXやマスタリングで完全に解決できるとは限りません。(3回以上の微調整や校正作業は、追加料金となります。下記料金設定項目をご参照ください。)


 WAVES製、NomadFactory製、Wave Arts製プラグインなど、各種高品位ソフトウェアにて、最適なサウンドを目指します。これらのソフトは、世界的に高い評価を得ている高品位ソフトです




 おおまかな処理費用については以下のページにてご確認ください。認
 ミックス料金早見表
 より詳しい解説は、このページの下方記載内容をご確認ください。




ミックス処理、楽器毎に録音されている複数トラックの音源を高品位ステレオトラックに仕上げます。各トラックへは、EQやエフェクト処理等を施し、良好な仕上がりを目指します。
    参考事項:各トラックは、ステレオ録音されている状況でも構いません。
           (別の楽器を左右にPANで振ってステレオ化していない限りは、1トラックとみなします。)


(参考画像 画像のフェーダーバランスは必ずしも適正位置を示している訳ではありません。)



 (ご注意)
 Mixやマスタリングでの補正処理は、万能ではありません。色々な要素が加わり、品位が大きく変わってきます。残念ながら、そうした全ての要素を補い、補正して完璧な音源に仕上げる事ができるといった、夢のような処理を保証している訳ではございません。
 しかしながら神経質なまでに、ご心配する必要はございません。処理につきましては十分高品位です。

 未マスタリングデータ(マスタリング工程の前段階のデータ)や、カラオケデータ、ボーカルのみのデータの納入希望につきましては、最終校正が済んだ段階の、最終音源の状況の物へ適応いたします。

 基本的には、著作権保有者や原盤権(原版権)を保有予定の、いずれかの方の連絡により依頼をお引き受けいたします。
(バンドの楽曲の場合は、代表者でかまいません。)
 第三者が依頼を行う場合は、トラブルを未然に防ぐ為、必ず、著作権保有者、もしくは原盤権(原版権)を保有予定の方のいずれかに承諾を取りまた、連絡先などもお知らせください。
 法人依頼の場合は、連絡先住所、担当者氏名等を明記してください。


 処理素材へ、リミックス処理に相当するような奇抜な処理は行いませんので、奇を狙った音声などが必要な場合は、あらかじめそういった音声を独立したWAVトラックとしてご用意ください。



(使用プラグインエフェクト等の参考画像)
(表示されている画像以外のDAWホストソフトウェアやプラグインエフェクト類も適時使用いたします。)








ミックスサービス 楽曲Mixサービス



 ----- ご依頼方法 -----


 最近の高いネット普及率に伴い、データの相互やりとりの方法が、ネットを通じて行われる事が一般化しつつあります。そうした背景を考慮いたしまして、処理楽曲は、楽曲のWAVデータをネットで相互転送する方法により、受け付けする方法を、基軸サービスとする事にいたしました。

 WAVデータを転送する方法につきましては、お客様が管理していネットサーバー上にアップロードする方法などがありますが、そうしたサーバーを保有していない場合は、無料の転送サービスを利用する事でも簡単に可能です。初めて転送サービスを使用して依頼したい場合などは、お問い合わせください。
 ネット利用による相互データのやりとりは、時間的により迅速に処理できるため、短納期等々にも、より対応しやすくなりますので、双方にとって、より有利な面が多くなります。

 処理済み楽曲データは、こちらが用意したサーバーや、転送サービスによりお届けいたします。

 MIX依頼シート等々に、ある程度の処理希望を記載して送っていただく方が、処理がよりご希望に添った物になる可能性が高くなります。(MIX依頼シートは、こちらをご参考に作成してください)
 パン設定や空間エフェクト処理等々は、依頼シート基づき処理しますが、依頼シートが無い依頼の場合、こちらで判断いたします。

 MIX依頼シートや、それに順ずる形式で、ご要望を出来うる限りお伝えください。特にご指定無き場合は、素材の音色の持ち味を生かし、自然なミックスを行います。極端なEQ補正により、音色を大幅に変化させるような処理は行いませんので、処理後に、希望する音色や質感でない場合は、その状態からの校正となります。

 ミックス校正希望要綱につきましては、こちらをご確認ください。

 こちらが完成音源をアップロードした後、5日間以内に校正依頼等々のご連絡が無い場合、その時点でご依頼終了と見なします。

 CD−Rなどの物理的メディアによるデータの相互やりとりをご希望の場合は、送料とメディア料金、および手数料として、一律390円程度を料金追加いたしますので、ご了承ください。 (単にご依頼データを郵送で届ける場合は、料金追加不用です。処理データや、処理元データを送り返す場合などのように、こちらからも郵送しなけらばならない場合についてのみ、料金追加いたします。ネット転送が困難な場合は、処理元メディアの返却無しの形で郵送されれば、追加料金は無しとなります。その場合、こちらからの処理結果は、ネットによりお届けいたします。)
 郵送によるご依頼を希望される場合は、ご依頼時の「その他の記載事項部分」に追記して頂く事で、対応いたします。郵送先等々をご連絡いたします。

 音源のデータ形式は、WAV、AIF、SDU形式、44.1KHz以上、16ビット又は24ビットのデータでお願いいたします。(現在、処理元となる素材ファイルは、32ビット192kHzのWAVデータなどでも受付可能です。)


 [ 注意 ]
 郵送にてデータを発送する場合、ISO記録を行い、データファイルをそのままの状況で記録してください。
 音楽CD形式(CDDA形式)では記録せずに、データ形式のCD−ROMを作成する方法を用いてCDRを作成してください。DVD−RはUDF方式などでデータ形式のDVD−ROMを作成してください。)

 ネット転送用のWAVデータをご用意する場合は、以下のページを念の為ご参照ください。

 ハードディスクレコーダーや、MTR等でレコーディングした際に、依頼元用のWAVファイルを用意する方法につきましては、以下のページをご参考にしてください。


 郵送用にこちら作成するCD−Rは、PMCD型と同等品の物も作成できます。プレス用マスターとして利用可能です。(保証はありませんので、ご了承ください。ISRCコードやPOSコードを埋め込んだCD−Rならば、通常、外部に依頼して作成する程の物でもありません。最近のドライブの多くは、PMCDと同等品を作成できる物が多い様子ですので、保有しているドライブで作成可能か試してみると良いかもしれません。最近発売されているCD−RWドライブの一部は、ISRCコードやPOSコード記録が可能な物があります。しかしながら必ず記録できる訳ではありませんので、誤解の無い様お願いいたします。一般的には、ISRCコードやPOSコードを正確に読み込み可能なドライブでなければ、書き込みはできない傾向にあります。)


 納入するデータ形式は、16ビット 44.1kHzデータとなります。
 (24ビット48kHz等での納入も対応できます。あらかじめご連絡ください。)
 (こちらから納入可能なデータは、24ビット192kHzまで可能です。)


 未マスタリングデータ(マスタリング工程の前段階のデータ)や、カラオケデータ、ボーカルのみのデータの納入希望につきましては、最終校正が済んだ段階の、最終音源の状況の物へ適応いたします。校正毎に納入する訳ではなく、最終音源にて対応いたします。校正毎に必要な場合は、別途追加料金にて対応いたします。
 (1曲毎300円の追加料金にて、カラオケデータ類などを初回音源納入時、及び微調整の度に納めます。最終音源につきましては無料となりますが、こうしたデータ類が必要な場合は、あらかじめご依頼時にご連絡ください。)


 処理後のトラック毎出力は、通常行いません。数トラックに渡りマルチリミッター処理やルーティング処理を行っている可能性が高い為、トラック毎個別に音を作成する事はできない場合がほとんどです。
 処理後のトラック毎出力データが必要な場合、ご依頼時にご相談ください。処理方法を変える必要がある為です。

 処理後にトラック毎のデータが必要な場合の料金
 処理後の音源結果をトラック毎にデータ出力したファイルがあると、ご依頼者様が自らの製作環境にて、そのファイルを個別出力して、外部アナログミックスを施したり、追加の微調整や、追加エフェクト処理が可能になります。(ステムミックスデータ)
 そのため、そうした状況のデータが欲しい場合は、事前にご依頼時にご相談ください。
 料金は、ご依頼金額の倍額にて承ります。また、調整等々は、ステムミックス状態であるため、必要無しと判断いたしますので、校正の2回サービスは行いません。また、マスタリング工程を通さない音となりますので、そのデータを、別環境にてミックス出力しても、当方の処理と同じ音にはならないとお考えください。
 複数マイクで収録されたドラムトラックは、ステレオトラックにまとめたデータとなります。個別トラック状態では無くなりますので、ご注意ください。

 [依頼前、及び発送前の注意 その1]
 こちらへ送付するデータについては、お間違えの無いようにご注意ください。作業完了後に、発送したデータが別の物と間違えていた事が発覚したり、発送忘れによるトラック追加などが発生した場合は、処理のやり直しとなってしまいます。そのため、追加料金が発生いたします。こうした状況から生じる追加料金は、基本料金と同額といたしますので、発送前は、データ確認をよろしくお願いいたします。
(そのままWAVファイルのデータを差し替えるだけで修正可能である場合は、追加料金は無しでとり行います。
まったく別物のトラックを、複数トラック追加するような処理が発生する場合は、追加料金が生じると判断いたしますので、ご注意ください。)

 [依頼前、及び発送前の注意 その2]
 上記内容と重複いたしますが、こちらへ送付するデータについては、お間違えの無いようにご注意ください。必ず、十分確認してから、送ってください。送っていただいたデータにおいて、たとえ音の途切れや除去不能のノイズ混入のあるデータであっても、その音源を元に処理したします。処理後に不都合が発覚したとしても、責任は負いかねます。また処理料金の返却等もいたしませんので、発送前には十分かつ慎重に、処理元の音源をご確認ください。この点に同意できない場合、ご依頼は今一度再検討をお願いいたします。ご依頼いただいた時点で、同意されていると判断いたしますので、十分検討した上でご依頼ください。


 PCでマスタリング処理音源を聴く場合や、依頼用音源を確認する際の大まかな注意点を、別途ページまとめておきますので、参考程度にご参照ください。
 依頼前や、依頼後の視聴時の音割れ発生時などに参考情報として参照してください。

 (処理後に納入するデータにつきましては、聴感上、音割れ等が発生していない状況で納入していますが、ノイズ等が確認だれましたら、念のため上記の参考ページをご参照ください。また、依頼前に参考事項としてご確認頂いてもよろしいかと思います。)


  ---------------------------------------------------------------

 その他の注意点
 
 ミックスバランス等で、似た感じにして欲しい音源がある場合、かならず依頼の初期段階で提示して頂きたいと思います。
 通常、他の曲のバランスを真似する事は難しい事柄ですが、調整段階で、まったく異なる性質の音源をサンプルに提示された場合より困難な状況となります。
 調整作業に入ってからでは、作業工程自体がまったく異なる方法の方が好ましい、という状況に陥り、効率がかなり悪くなる可能性もあります。
 十分にご注意ください。

  他の楽曲のミックスバランスを真似して処理する、または、他の楽曲の楽器類の音色に別の素材の音色を加工処理して音質を近づける処理などは、基本的に困難、もしくは不可能となる事が多いので、実現できない場合も発生いたします。
 その為、提示して頂いたサンプル曲は、あくまで参考として取り扱います。予めご留意ください。
 こちらの処理能力で可能な事を超える処理希望は、実現できない場合もございます。

 処理素材へ、リミックス処理に相当するような奇抜な処理は行いませんので、奇を狙った音声などが必要な場合は、あらかじめそういった音声を独立したWAVトラックとしてご用意ください。

 ミックス依頼時の最終工程のプリマスタリング処理については、複数処理タイプをご用意するマスタリング依頼サービスとは同一内容ではなく、複数処理タイプを納入するわけではありませんので、誤解無き様お願いいたします。





 ----- 料金設定 -----


 ボーカルとカラオケのMixにつきましては、1曲単位で2500円となります(基本料金1曲2500円
 (処理料金を改定いたしました。)
 (伴奏トラックが1トラック、ボーカルトラックが1トラック、計2トラックという状況のみでの適応となります。
念のためご注意ください。)

 3〜8トラック以下の楽曲については、3曲単位で10500円となります。(基本料金一曲3500円
 2曲以下の発注では、一曲につき4000円となります。
 3曲以上発注の場合に、1曲あたりの基本料金が3500円となります。

 曲編成のトラック数に応じて、各曲それぞれに追加料金が発生いたします。
 9〜16トラック以下の場合、1トラック増加毎に、プラス300円が追加料金となります。
 17トラック以上の場合、1トラック増加毎にプラス500円が追加料金となります。

 曲長は、5分台程度以内の状態で、1曲と見なします。(曲が6分近く長い場合、1曲でも数曲分と見なします)

 (料金設定例)
 10トラック編成のMix処理を1曲依頼 : 4000(1曲基本料金)+300*2(2トラック追加分)=4600(円)
 12トラック編成のMix処理を3曲依頼 : 3500(3曲以上の際の基本料金)+300*4(4トラック追加分)
                          4700(円)(1曲分金額)
                          4700*3=14100円(3曲合計金額)
 18トラック編成のMix処理を1曲依頼 : 4000(1曲基本料金)+300*8+500*2=7400(円)


 上記サービスは、個人向けサービスの処理料金となります。
 (法人による出版や販売、放送等が絡む楽曲等々の処理については、法人扱いとなります。依頼人が個人であ
れば、個人依頼になる訳ではありませんのでご注意ください。法人依頼についてはこちらをご参照ください。)

  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 微調整、校正は、2回までといたしますが、3回以上の調整を希望する場合については、1曲1回あたり、400円
を追加料金設定といたします。
 後日、処理完了となった楽曲の再調整の希望依頼につきましては、1曲あたり処理料金500円を、再処理開始
料金といたします。 
(2007/10/26追記) 

 後日、処理完了となった楽曲に対して、数日後や数週間後に、トラック差し替え等、微調整程度の処理を超える
手間を要するような処理を追加する場合は、基本料金分を再処理料金といたします。
(大幅な差し替え処理等は、新規依頼扱いとする場合があります。)



1曲毎のミックス料金の概算を以下のページに
まとめておきますので、ご参照ください。 
ミックス料金早見表




お問い合わせ

 メール送信時の注意点
 依頼メールやお問い合わせメールを送信する場合、WAVファイルやmp3ファイルなどの楽曲ファイルを添付ファイルとして送る事は、必ず避けてください。楽曲データを送付する場合は、必ずファイル転送サービスなどをご利用ください。また、転送サービスからの自動連絡メールのみではなく、必ずアクセス可能なURLを別途ご連絡頂く方が確実となります。自動送信メールは、迷惑メールと判別され、自動消去される可能性があります。



 ご依頼される段階での、Mixにより好ましいデータ様式。 

 1.各トラックのWAVデータの頭出しは、タイミングが揃っている状態の物をご用意く
ださい。(同期に支障をきたさない為に必要です。)
 頭位置や録音開始位置がずれているデータを、間違って提供された場合、こちらは責任を負いません
ので、一旦確認してからお送りください。

 2.ドラムトラックは、バスドラ、スネア、タム関連等々は好みのパン設定で作成し、1トラックにまとめて作成して
おいてもかまいません。

 3.各トラックの録音は、空間系エフェクトや、コーラス系エフェクトは未処理のほうが好ましいですが、処理した
状態の音を使用したい場合は、その状態で送って頂いて結構です。

 4.ギターのようなエフェクター通しで音質が決定される楽器のトラックについては、そうしたエフェクト処理を施し
済みのデータをお送りください。(ギター以外の楽器であっても、そうした状況の場合、エフェクター通しの音をお送
りください。)

 5.ディレイ処理したいトラックがある場合、別途そのディレイ成分のみで作成されたトラックをご用意いただく方
が好ましいです。作成できない場合、依頼時にご用命ください。明らかに別トラックのごとく確認できるようなディレ
イの使用は、アレンジ処理に近い物となりますので、こちらでは通常行いません。

 6.送られてきた各トラックの音声は、こちらの判断で部分的にミュートを施すなどの、アレンジに関わる処理は
行いません。そのため、不要な部分の音はあらかじめカットしてWAVデータを作成してください。その結果、空白部
分の含まれるWAVデータとなると思いますが、支障はありません。

 7.極めて個性的なMix処理は行いませんので、仮に奇抜さを狙ったMixを希望される場合、ご希望する大まか
な処理をお知らせください。(ステレオ感を重視した音にしてほしい、古びた音声のような音にしてほしい等々)

 ------------------------------------------------------------------------------------

 ギターやドラム、ピアノ等の演奏タイミングの細かな微調整を行ない、演奏状況をより良く改善させるよ
うな処理については、基本的には行ないませんので、あらかじめご留意ください。
 (基本的には、演奏状況の改善処理までの責務は負わない、依頼範疇には含まれない物であるとご理解くださ
い。演奏ミスをこちらで調整して改善させる部類の処理は、当方の処理責務内容には含めません。こうした点は、
予めご理解いただいてから、ご依頼ください。)

(非和音の一音、一箇所のみが、局所的に明らかにずれている、というレベルでの調整は、ある程度の調整は可
能な場合があります。 具体的に困難な処理内容は、ギターやドラム、ピアノ等の演奏を、全体に渡り、演奏状態
を、なるべく上手に聞かせられるように、各音の演奏タイミングを調整処理して、上手な演奏状態に加工する様な
処理内容です。こうした調整処理は、責任を負いませんのでご留意ください。)

 (ギターやピアノの演奏が少し下手なので、全体的にタイミングをきっちりした状況に調整して、少しでも上手な
演奏に調整処理してほしい、というような処理事柄を、ミックス依頼時に当方に望むのは、処理費用の算定が難し
くなる位に、とても処理困難な依頼内容になります。そういった点は、予めご理解頂いてた状況でご依頼ください。
当方は、演奏状況までの責任は負いませんので、そういった点については、予めご理解いただいてからご依頼く
ださい。)

 (アルベジオ演奏等がもたるような演奏になってしまったので、改善処理して欲しい等の処理は、制作段階で、
テンポと楽曲の小節単位で一致するような形で収録されている場合には、ある程度の調整は可能になりますが、
収録速度等が一定速度ではない生演奏の収録物は、修正基準位置を確定しづらい為、とても困難となります。概
ね納得した状況で演奏録音できた段階のデータを、処理用データとして提供をお願いいたします。 上手な演奏
状態に加工する様な処理は、当方では責任を負いませんのでご留意ください。)


 ==================================================================


 Mix依頼には必ずしも向いていない楽曲データの可能性について 


 最近の一般的な楽曲制作環境として、DAWソフトウェアが広く普及している状況ですが、それらのソフトウェア
には、ソフトシンセたソフトサンプラーなどのプラグインが付属している状況となっていると思います。
 これらを使用してMIDIデータの打ち込み手法のみで作成したトラックだけが、元素材の全てであるような楽曲を
ミックス依頼に出そうと考えている場合は注意が必要です。(特にDAW備え付けのサンプラーの音色を多用して
いる曲など。)
 これらの音色は、EQ補正を施さない状況でもバランスが概ね整っており大きな調整の必要性も薄いので、各トラ
ックのバランスを相応に整えれば一定レベルのクオリティーに仕上がる音色として収録されています。どこかに依
頼を出せば、大幅なクオリティーアップを望めるとは限りません。
(一般的なミックスの手法では、もはや手を加える要素はあまり残っていないような物も多い状況なので。)
(また、打ち込み技術をミックス技術やマスタリング技術で補える事はありえませんので、そういった事も重要にな
ります。打ち込み終了の段階で相応にしっかりとした仕上がりになっているかが最も重要な事柄です。)

(こうしった状況下では、音の仕上がりに相応の個性を望むのであえて依頼する、という場合以外は外部依頼を
行うべきか否かを充分検討する事をお奨めいたします。)

(当方へ、明らかにこういったデータによる依頼を出して頂いた場合は、アナログコンソールやアナログ機器を再
現したプラグインを使用して、音色に味付けを行いミックス処理する事となります。明らかに打ち込みオンリーの楽
曲は音質は相応に綺麗ですが機械的な印象が強い事もあるので、当方ではこういった処理により対応する予定
であるという事はあらかじめご理解ください。その結果、思っていた印象とは異なる音質の仕上がりになる可能性
がありますので、あらかじめご留意いただく必要はあります。)



 参考の為、アナログコンソールの再現プラグインを使用しミックス処理したサンプルを、以下のページに用意しま
した。




------------------------------------------------------------------------------
 これより以下の記載内容は、注意事項が主だった内容です。ミックス処理、ミックスダウン処理類をご依頼を検討している方は、一通り目を通しておく事をお勧めいたします。
------------------------------------------------------------------------------

 [ おおまかな留意点 ]

 コストや処理時間など、ある程度の制限範囲内ではありますが、出来うる限りより良い状況を目指しています。
 (当方では、世界的に評価の高い高品位プラグインソフトを使用して処理しております。)
 しかし、どのような状況の楽曲につきましても、完全な仕上がりの音質を必ず保証している訳ではございません。処理限界があり、試聴上より音質を引き上げる事が困難な場合もございますので、あらかじめご了承ください。
 また、極めて短期間、短時間で仕上げてほしい等々につきましては、かならずしもスケジュール調整が可能とは限りませんので、ご留意ください。

 基本的には、著作権保有者や原盤権(原版権)を保有予定の方からの連絡により依頼をお引き受けいたします。
(バンドの楽曲の場合は、代表者でかまいません。)
 第三者が依頼を行う場合は、トラブルを未然に防ぐ為、必ず、著作権保有者や原盤権(原版権)を保有予定の方の承諾を取りまた、連絡先などもお知らせください。
 法人依頼の場合は、連絡先住所、担当者氏名等を明記してください。



  要注意事項 
 処理完了の後、処理結果が不服であったとしても、返金は行いかねますので、十分慎重にご検討ください。マスタリングの仕上がり品位は、ミックス段階の仕上がり具合や素材の録音品位におおきく影響されます。そうした事をカバーする処理にも限界がございますので、ご理解ください。当方は処理価格以上に十分慎重な処理をおこなっています。不服な点がございましても、処理限界の一つとお考えください。



 [ 銀行口座 ]
 処理費用納入の為の銀行口座は、処理完了見込みとなった時点でご連絡いたします。
 依頼直後に処理費用を支払う前払い制ではなく、確実に処理済みデータを納入できる段階となった時点で、口座のご連絡をいたします。
 (前払い後に、なかなか処理が完了しない様なトラブルを避ける為です。)
 口座連絡が入ってからの後に処理費用をお納め頂く形で処理しています。




 依頼を決定される際の重要な契約要素

 当方が行った処理について、不満や不服な点が生じても、責任の全てを負うものではありませんので、ご依頼には十分検討した上で行ってください。(理由といたしましては、上記に記載してある通り、マスタリングやミックス処理は、万能な処理ではない為です。全ての要素を改善し、全ての欠点をカバーできる処理ではございません。気に入らない点が多くあったとしても、概ね処理限界になっているとご判断、ご理解ください。)
 また、処理が終わり、データを入稿し終えた状況で、処理内容に不服等がございましても、返金は行いませんので、ご依頼時の段階で、慎重にご検討ください。(当方では、慎重に高品位処理いたしますが、上記に記載してある理由により、完全な処理を保証している訳ではなく、また不可能でもあります。気に入らない点が存在している事を理由にすべて返金に応じる事は、業務上現実的では無い事はご理解頂けると思います。)
 こうした点に納得できない場合については、ご依頼を再検討して頂きたいと思います。ご依頼があった段階で、こうした点には、すべて同意されている、と判断いたしますので、十分検討してご依頼ください。

 音源の仕上がり具合の確認については、当方の保有している処理環境を中心に正常な仕上がりであるか否かを判断した上で、納入いたします。
 概ね、各種環境で正常に聴く事ができると予測しての納入となり、すべてを保証している訳ではありません。
 こうした点にご理解と同意が無い場合は、ご依頼の再検討をお願いいたします。
 ご依頼があった段階で、こうした点には、すべて同意されている、と判断いたしますので、十分検討してご依頼ください。

 また、あらかじめ、マスタリングサービスページ中の音圧見本音源再生テスト音源、デモサウンドファイル等を試聴して、PC等での聞こえ具合なども、念のため確認しておく事もお勧めいたします。(録音状況や制作環境により仕上がり音質には異差が発生しますので、あくまでも参考として試聴をお願いいたします。)


 納入期日や納期等の希望について。
 依頼状況により、処理完了までに要する日数は、変動いたしますので、希望納期がある場合は、なるべくお早めに処理元データをご用意いただく方が、確実性や安全性が高くなります。また、納期の確約や納入日の確約は行っていません。こうした点には、十分ご注意頂き依頼計画を検討する事をお勧めいたします。
 (納入までに時間を要する可能性がある場合は、依頼時や問い合わせ時にご連絡していますが、そうした事柄を含め、全てはあくまでも目安としてのご連絡ですので、納期には余裕をみてご依頼をご検討ください。)

 依頼内容の急遽変更について。
 処理が概ね完了となった段階や、ある程度処理が済んでいる状況での大幅な依頼内容の変更は困難となります。(処理を、最初からやり直さなければならない状況になり、既に済んでいる仕事への対価が失われる事になります。) その為、依頼する前には、用意するファイルが決定し、依頼内容が十分定まった状況でお願いいたします。大幅な変更は、新規依頼扱いにせざるを得ない場合が発生しますので、十分ご注意ください。


 全ての依頼について、当方は、ご希望やご要望を完全に満たす事を保証している訳ではありません。
 他社等の処理と比べて、必ず当方の処理の品位が上回る事なども保証はしません。
 他社より処理品位が劣るような印象があった為、等の理由でのクレームや返金には応じられませんので、予め十分ご理解いただいてからご依頼ください。




法人様へのご依頼時の注意
 当HPのサービスは、個人向けのサービスであり、個人的に自費出版などを行い、費用負担もすべて個人ベース
で行う活動を前提としている方々向けのサービスとなっています。インディーズレーベルよりの流通であっても、費
用そのものは、個人で全て負担している場合なども、これに当たります。しかし、インディーズレーベル側が費用を
負担する形で基本的な制作を行い、売上の一部は、楽曲提供者などへ還元する、というシステムを運用している
法人様などにつきましては、個人向けサービスの適応外となります。
 法人様からの依頼については、別途契約を行っています。インディーズレーベルを保有する企業様なども、別途
契約となります。権利問題などを含めた契約、料金設定となりますので、法人ベースでのリリースを予定している
場合は、別途お問い合わせください。
 法人様や、インディーズレーベル運営企業様、レーベル企業様との処理費用につきましては、必ずしも安い訳で
はありません。十分に、ビジネスのやりとりとして妥当な価格設定となります。
(法人やレーベルなどを運営している法人のお客様用のHPも開設してあります。)

 企業、法人依頼であっても、実質的に自費出版のインディーズ規模の活動となっている場合などは、個人依頼扱
いとする場合もありますので、詳しくは、お問い合わせください。


 レーベル運営者様や法人様のご依頼は、こちらから
Mastering Music Lab

 法人依頼であるかないかの判断基準
 依頼楽曲の原盤権(原版権)、および著作権が、依頼主である個人にすべて帰属する楽曲の処理については、
個人依頼扱いとなりますが、最終的に原盤権(原版権)や著作権が個人以外の組織、法人等に一部、もしくは全
てが帰属する形での楽曲処理は、法人扱いとなります。
 また、ほぼ非営利によるリリースなどの場合や、アーティストの広報目的などが主目的である場合のリリースに
ついては、検討いたしますので、ご連絡ください。
 法人による出版や販売、放送等が絡む楽曲等々の処理については、法人扱いとなります。
 依頼人が個人であれば、個人依頼になる訳ではありませんので、ご注意ください。


  プレスCD製作予定時や、処理後のメディアの郵送希望の際の留意点
 処理済みの楽曲データを元にプレス予定である場合は、依頼前にその旨予めご連絡ください。通常、プレス依頼を取おこなう場合については、マスターとなるCDRメディアが通常2枚程度必要となる可能性が高く、それらのメディアは、まったく同一品である必要があります。(メディアコピーなどで作成した物は、同一品とはならず、相応しくありません。)

 ミックスサービスでの通常の郵送希望の場合、プレス依頼用マスターディスクは、ご依頼者自身で、WAVファイルを元に、CDDAタイプのCDRを2枚制作する必要性が発生します。
 あらかじめ、プレス製作予定である事をご連絡頂く事で、最終完成データのCDDA化メディアを2枚づつご用意する事は可能です。(追加料金390円)


 ネット転送により受け取ったデータを試聴した後に、マスター採用音源を決め、そのCDRを受け取る場合については、追加料金390円にて執り行います。
 (マスターディスクのイメージデータは、ネット転送によりお届けいたします。)


 (こちらが作成するCDDAメディアについては、保障はありませんが、致命的エラー等が発生しない限りプレスマスターとして利用可能である場合が通例となっています。また、CUEシートデータを用いたイメージディスクもネット転送いたしますので、このデータよりマスターディスクと同等品を制作する事も可能です。エラー発生時にも、このイメージディスクデータを記録したCDRメディア等が用意されていれば、極めて安全性が高くなります。)
(当方で制作するCDRは、概ねPMCDに準拠しているタイプのマスターCDRを制作可能となっています。)

2007/7/18 一部記載追加 
2007/8/16 一部記載修正 
2013/7/1  一部記載修正 

 [マスター制作、及び送付についての重要な注意点]
 納期には十分余裕をみてご依頼ください。郵送で受け取ったメディアを確認したりする時間や、希望に添わない点がある為に、修正依頼を行いたい場合にも、期日に余裕がなければ不可能になります。
 よって、当方の提案といたしましては、処理結果を直接郵送にて受け取るのではなく、一旦ネットでWAVファイルを受け取り、仕上がり具合を確認した上で、マスターメディアの郵送を行う事を、強く推奨いたします。そうする事により、調整希望の内容も迅速にお伝え頂けると思います。そうした事なしに不都合が発生した場合、責任は負いかねますので、十分ご注意ください。
2007/7/28 記載追加 

 プレス依頼を検討している場合は、参考に以下のページもご参照ください。




 料金、納品、その他、概略

 1. こちらに送付していただくメディアは、現在CD−R、DVD−Rに限らせていただきます。
 2. 一度に、3曲以上の発注に限り、1曲あたり3500円の料金となります。(基本料金)
トラック数に応じて、追加料金が発生いたします。
 3. 2曲以下の場合、1曲あたり4000円となります。
 4. 1曲の曲の長さは、5分程度以内で1曲分と見なします。6分を超えるような曲データは、1曲でも2曲とみなす場合もあります。(数曲発注の場合、1曲あたりの平均時間が6分を超えているなど。)
 5. こちらがお送りするデータ形式は、16bit 44.1Khz のWavデータを記録したCD−Rか、音楽CD化したCD−Rメディアのいずれかです。(収録データ量により、2枚以上になる場合がありますが、追加料金は必要ありません。)
 6. 市販されているCDの品質を実現するためには、Mix、マスタリング以外の要素も大きく絡んできます。その点に注意してください。また、音に関しては、主観による判断が伴なわざるを得ないという点はご了承ください。
 7.こちらが必要枚数用意するCD−Rについては、料金は発生いたしません。使用CD−Rは海外生産品ですが、品質に問題はありません。低価格実現のため、CD−Rの種類指定はできませんのでご了承ください。
(時間的耐久性の高いフタロシアニン、または、アゾタイプのCD−Rを用います。)
 8.こちらで作成したCD−R、お客様が送付していただいたCD−Rは普通郵便、宅急便、または郵便小包にて発送します。普通郵便は低価格ですが、郵送トラブルが極めて稀に発生する事があります。しかし、国内の郵便は優秀なので、ほぼ心配する必要はありません。万が一届かなかった場合、宅急便などで送付し直します。
 9.CDをリリースする場合、必ずご連絡ください。また、必ずクレジットで「Sound Disposition Lab」を明記して下さい。
 (1万枚を超えるリリース予定や、メジャーレーベルからの発売が予定されている場合は、別途、処理価格その他を、ご契約していただく必要があります。)
 個人による自費出版や、数千枚単位のインディーズ向けサービスですので、数万枚を見込むリリース向けのサービスを考えている場合は、別途ご契約頂く必要があります。数万枚を越える事を計画するような作品の場合、より高品位で完成度を高める必要性が予測されます。その為、期日や修正もある程度は必要となる事が予測されます。通常よりも時間や手間ひまが必要となる事が予測されるため、別途ご契約が必要です。また、権利問題等々も含めた契約となります。
 10.処理のノウハウ等は、一切お教えできません。技術的にどうやって処理したか、などの質問には基本的にはお答えしかねるので、ご了承ください。
 11.同業者様の仕事の丸投げ行為や、利ざや目的による受注は受け付けませんので、ご了承ください。
当方への仕事の丸投げ行為や、より高い金額で引き受けた依頼等々を、本来のご依頼主様の承諾無しに当方へ依頼として出し、差額分の利ざや等々を稼ぎだそうとする目的では、ご利用はお控えください
 (数万円で引きうけた仕事をそのまま当方へ回し、差額分の利ざやを得るだけの行為等お控えください。、本来のご依頼者様は、色々と検討した上で、そちら様に処理してほしいと考え、依頼を出している筈です。にもかかわらず、他社へ丸投げしたり、別業者へ依頼を出す行為は、そちら様に処理してほしいと考えているご依頼主様の希望や期待を既に満たしていないかもしれません。) 技術的な問題で解決できない事柄がある等や、マスタリングやミックス設備の不備、CDRの複製サービス等々の設備不備などにより、ご依頼を出す行為は、この限りではありませんので、業者様や企業様も安心してご依頼ください。
 12.システム強化に伴い、価格改定が実施される事がございます。ご了承ください。
 13. 依頼前からの値段交渉は行いませんので、ご注意ください。(現状よりも1割2割安く引き受けてくれれば依頼に出すが、そうではない場合は他所へ依頼する、とか、*****は*****の価格だから、そこより安く処理してくれれば依頼する、等の値段交渉は、最初の段階からからお控えください。処理料金は、全て基準算定額で執り行います。
 14.料金支払いは、こちらが連絡した銀行口座への振りこみとなります。処理完了直前にご連絡いたしますので、お振込みを確認次第、発送いたします。(依頼日が木曜や金曜である場合は、納期等にご注意下さい。振込み確認が取れ次第、発送や、URL連絡となりますので、土曜日や日曜日に音源が必要となる場合は、事前に振込み確認がとれている必要があります。急ぎである等の理由の為に、料金納入前に処理音源を受け取りたい、等の申し出は、承諾いたしかねます。ご注意ください。)
 15.当方が処理した音源を使用した際に生じるあらゆる結果については、責任を負いませんので、使用に際しては、自己責任にてとり行う事に同意されている場合についてのみ、ご依頼ください。また、ご依頼はすべてそうした事柄について同意されている物とみなします。

上記をお読みの上、ご依頼ください。


Mixサービス申し込み
(申し込みにあたっては、氏名(本名)、住所、連絡先を明記し、お気軽にメールにてお申し込みください。)

 メール送信時の注意点
 依頼メールやお問い合わせメールを送信する場合、WAVファイルやmp3ファイルなどの楽曲ファイルを添付ファイルとして送る事は、必ず避けてください。楽曲データを送付する場合は、必ずファイル転送サービスなどをご利用ください。また、転送サービスからの自動連絡メールのみではなく、必ずアクセス可能なURLを別途ご連絡頂く方が確実となります。自動送信メールは、迷惑メールと判別され、自動消去される可能性があります。


「初回割引サービス」
 ご好評いただいた割引サービスは、終了させていただきました。(復活予定はございません。)
 (2004年5月11日)
 
 一部システム強化が終了しておりますので、品位は以前より僅かながら、向上していると思います。
 今後ともよろしくお願いいたします。


 価格改定につきまして。(2005年11月21日)

 作業環境向上や、高品位プラグイン類の追加導入(バージョンアップ)等々により、以前に比べ品位の向上を見
込める形となり、また、低料金な処理価格と作業にかかる時間とが現状ではかなり不釣合いであった為、料金改
定をいたしました。(ミックス処理は、比較的、作業時間を要する作業となります。)
 しかしながら、現状の価格であっても、類似サービスを行う他社に比べ数段の価格対品位を実現しており、高音
質を実現しています。本来は、現状の数倍の処理料金であっても、決しておかしくは無いレベルの品位であると評
価されています。
 今後とも、ご利用をご検討頂ければ、幸いです。


稀にメールサーバーがメンテナンス中の時がございますが、その場合こちらの代替メールにてご連絡ください。

Mail Delivery Subsystem や MAILER-DAEMON@****.** などからメールが戻ってきてしまう場合や、
エラー発生時なども、こちらの代替メールにてご連絡ください。


お問い合わせ時のご注意
 ご依頼やお問い合わせの後に、2日以上経過しても返信連絡等々が無い場合は、必ず再度、
問い合わせください。
 メールサーバ等々の一時的不都合により、未送信、未到達となる場合が稀ではありますが、発生する事
があります。
 返信メールが未着となる事を事前に防ぐ為、ご使用中のメールアドレスの受信設定にて、セーフリストに
当方のメールアドレスを設定しておく事をお勧めいたします。




戻る
戻る




    
    



東日本大震災、新潟県中越地震被災者支援、中越沖地震被災者支援
日本赤十字社
募金詐欺が増えています。寄付は信頼できる団体へお願いいたします。