Mississippi John Hurt

1893年7月3日 - 1966年11月2日
故郷: Teoc, Mississippi

Mississippi John Hurtは、優しく穏やかなブルースや伝承されたフォーク・ソングや軽妙な流行歌、バラッド等のレパートリーを持った歌手だ。
1920年代後期におけるわずかなレコーディング・キャリアを除いて、1963年にフォーク・ファンのTom Hoskinsに再発見されるまでのHurtの人生ははっきりとは分かっていない。
1966年に亡くなるまでの3年間、Hurtは、カレッジ、コーヒーハウスや多くのフェスティバル(その中には、1963年〜65年のNewport Folk Festivalもある)に出演し、ソフトな口調とフィンガー・ピッキングのスタイルでブルースやフォーク・ソングを演奏した。
安らかな声とギター・ピッキングで、60年代初期のフォーク・ファンの心を掴んだHurtは、全国放送のブルース・ドキュメンタリー番組"This Hour Has Seven Days"にも登場した。
そして、Vanguard Recordsで3枚のアルバムを制作した。

Hurtは、Mississippiで育ち、そこで独学でギターを覚えた。
彼は農場労働者として働き、しばしば地方のダンス会や協会の会合で演奏した。
Hurtは、1928年にOkeh Recordsにタレントとしてスカウトされ、MemphisとNew Yorkに行き、13曲を録音した。
そのうち7曲だけがリリースされている。
Hurtは、Mississippiに戻り、農夫としての仕事を続け、Hoskinsが彼を発見する71歳になるまで、時折、Avalon地区で演奏した。

Hurtは、1960年代初期に現れた多くのフォーク・アーティスト達に大きな影響を与えた。
Bob Dylanを始め多くのアーティストが、Hurtの工夫に富んだフィンガー・ピッキングやつつましいブルースに対し、賛辞を送っている。


close