Eric Clapton


1945年3月30日 -
故郷: Ripley Surrey, England

Eric Claptonは、イギリスで最も尊敬されている60年代のブルース・アーティストの1人だ。
イギリスのブルース界では、「クラプトンは神だ」というフレーズは有名だ。
Yardbirdsのメンバーとしてデビューし、その後、John MayallのBluesbreakersに加入、そしてロック界の最初のスーパーグループの1つ、Creamのメンバーになって、Blind Faithをやって・・・といった具合に、Claptonは数々のバンド遍歴を経て、近年はソロ・キャリアも充実させながら、ブルースとロックの融合をはかり続け、その音楽は、味わいを増して今日に到る。
ブルース・ロックを構築することでEricは、ブルースを引き起こすロックギターのソロで新たな頂点を極めている。

1963年、Claptonは、彼の最初のバンドで、R&Bのバンド"Roosters"に加入した。
しかし、数ヶ月のうちに、彼はポップ・グループのCasey Jones and the Engineersに加入し、その後、Yardbirdsに加わるに到った。
彼は1965年までYaedbirdsに在籍したが、その後、敬愛する3人のBがつくKing達・・・すなわち、B.B.King、Freddie.King、Albert.KingやMuddy Waters、
Little Walter、Robert Johnsonといったブルースマン達の研究に没頭した。

Ericが在籍している間に、Yardbirdsは、1965年のヒット曲"For Your Love"を出している。(もっとも、Ericは、あまりにもコマーシャルなこの曲を嫌ったのだが)
その後、当時のイギリスの最高のブルース・バンドの1つであったJohn MayallとBluesbreakersに誘われ、Claptonは、彼のブルースへの深い関心が活かせると考え、加入した。
もはや古典とも言えるBluesbreakersの1966年のアルバム"Bluesbreakers-John Mayall with Eric Clapton"では、ClaptonのFreddie Kingの"Hideaway,"、Otis Rushの"All of Your Love,"そして、Robert Johnsonの"Ramblin' on My Mind."のカヴァーにおける名演を聴くことが出来る。
しかし、Claptonは、まもなく、Bluesbreakersを去り、1966年に、ドラマーのGinger Baker、ベースのJack Bruceと共にCreamを結成する。
このトリオのレパートリーには、ブルースのスタンダード・ナンバーの名曲が含まれていた。
Hambone Willie Newbernの "Rollin' and Tumblin',"、 Albert Kingの "Born Under a Bad Sign,"、 Willie Dixonの "Spoonful,"、Robert Johnsonの"Crossroads."等がそれに当たる。

Creamは、成功していたにも関わらず、1968年の終わりにはメンバー間の対立で解散し、Claptonは、スーパーグループ"Blind Faith"を BakerやTrafficのキーボード奏者の
Steve Winwood、ベースのRick Grechと共に69年に結成する。
だが、個性の強いメンバーが集まったためか、1枚のアルバムと1回のツアーという短期間で、Blind Faithも解散してしまう。

Claptonは、その後、John LennonがBeatles解散後に作ったグループ"Plastic Ono Band"にBlind FaceのU.S.ツアーのオープニング・アクトをつとめたDelaney and Bonnieと共に参加する。
それから、1970年には、初のソロ・アルバム"Eric Clapton"を発表する。
このアルバムで、Ericは最初にリードギターを弾かず、全てのリード・ヴォーカルをつとめた。
このアルバムからはトップ20にランクインしたシングル "After Midnight."が生まれている。

Claptonの最高のブルース・ギターの演奏は、1970年のアルバム"Layla"や"Other Love Songs"で聴くことが出来る。
両方とも、彼の新しいグループ、Derek and the Dominoes名義でリリースされた。
アルバムには、Allman Brothers Bandのスライド・ギタリストである
Duane Allmanが参加している"Tell the Truth,"、"Have You Ever Loved a Woman,"、"Key to the Highway,"、"Layla"といった曲も含まれている。
ロックとブルースの可能性を広げたこれらのアルバムにより、Ericは本当に天才であると証明されたといっても過言ではない。

Claptonの初期のバンドと同じように、Derek and the Dominoesもまた短命のバンドであった。
Laylaは唯一のスタジオ・アルバムで、その後、2、3ライヴ・パフォーマンスをした後、Claptonは、イギリスに戻り、そこで2年間、ヘロイン漬けになってしまう。
そんな彼がソロ・キャリアを再開したのは1973年になってからである。
ドラッグから解放されたClaptonは、70年代、80年代のソロアルバムには、数曲のブルース・ナンバーがあるものの、ポップやロックを指向した。
Claptonはレコーディング・アーティストとしては、ブルースを一時期辞めたわけだが、しかし、ライヴになると、"Crossroads"、"Motherless Children,"といったお得意のブルース・ナンバーを入れることを忘れなかった。
1974年のソロの成果には"461 Ocean Boulevard"がある。

1980年代の後半には、Claptonのブルースへの指向はStevie Ray VaughanやRobert Crayといった人気アーティストが出てきたことで再燃し、Claptonは1990年に、Stevie Rayがヘリコプターの事故で、まさにその晩亡くなった日に共演した。

1993年は、Claptonにとって、とりわけ特別な年となった。
彼と彼の昔のグループ、Creamがロックの殿堂入りし、彼のライヴ・アルバム、Unpluggedが大ヒットし、グラミー賞でも6冠に輝いた。

Ericは、Unpluggedでの数々の輝かしい受賞の後、1994年には続くアルバム"From The Cradle"をリリースし、彼の音楽の原点に立ち返った。
Claptonは16曲のブルースの古典を演奏し、その中には、Robert Johnson、Elmore James、Willie Dixonといったブルースマンの曲が含まれている。
"このアルバムは、音楽的な面での今日の私自身であり、それは、私の原点であり、私が意味しているものだ"と、Claptonは語った。
"そして、この先どこに行こうとも、私が最終的に辿り着くのは、ここ(ブルース)なのだよ"とも。

その後も数多くのツアーを行い、とりわけ、2001年のワールド・ツアーでは、最終公演国に日本を選び、素晴らしい演奏を披露した。


close