C.G.Conn(Vintage)

C.Gコーン(1920年代〜?)

(Yamaha YSS62RSを使用)

とにかく古いマウスピースだ。コーンはリングが好きなのだろうか?

チューニングデヴァイスのようなリングが付いているのが見える。

もっともこのリングは回転するわけではない。

チャンバーの後半部まで金属パイプが覆っている。

マウスピースをネックに差し込んでしまえば、材質のあまり影響しない部分なので

音質に反映している感じはしない。

特許を取得しているのでなんらかの利点があるのだろうが、

小さいボリュームとクラリネットのような柔らかい音質以外、特に見るべき所はないようだ。

(時代背景を考えると、樹脂の割れ防止の意味が強いだろう)

(No.1874758と番号が刻んであるがパテントNo.なんだろうと思う)

オープニングの狭い昔のマウスピースである。


Home   whats new!  alto mouthpiece   soprano mouthpiece  bbs  link  mail


Users Impression

name : 12-T.T.T.さん 09/22/2011
saxophone :soprano
career : 2〜5年

impression :

eBayで購入しました。名称は、"Conn adjustable"だそうです。
 (参照)http://www.mouthpiecemuseum.com/MouthpieceMuseum/Conn.html
 実際、私が購入したものは、リングが回転し、中のねじ切りされたパイプが最
大で約1cm繰り出され、チューニング調節機構は働きます。動かないのは、パイプ
が中で錆び付いているためではないかと思います。
 表面には社名、特許番号があるのみで、オープニングやモデル等を示す表記は
なく、私のゲージによる実測では、ティップオープニング(中央)が約1.23mmく
らいで、H.SelmerではC**相当ではないかと思います。
 音については、件のパイプが細くて差し込むとサックスのコルクが削げ取られ
るので、あまり使用していませんが、ボーッとしてとりとめのない音でした。
 このタイプは、前記のWeb Siteによれば、このssの他にasとtsも製作されたよ
うですが、as、tsにはあの有名なマイクロ・チューナーが搭載されていたものが
多く、Conn同士で使用すると明らかに機能的ダブりが発生したはずです。


Your Impression

筆者とは違う視点の方も多いと思います。広く意見をお寄せください

<C.G.Conn> size(opening&facing・・・)

Your saxophone

sopranoalto tenor bari

Career

1年未満2〜5年5〜10年10年以上

Your Name

E-mail

URL

Your Impression


close