◆オインゴ・ボインゴの謎

彼らの歴史は「ミスティック・ナイツ・オブ・ジ・オインゴ・ボインゴ」という名のアヴァンギャルドな音楽一座として始まった。彼らは馬鹿馬鹿しくカラフルな(そして時に卑猥な)ステージのため良く知られるようになったが、1970年代後半より次第に音楽を中心に活動するようになりL.A.ではその精神分裂気味な多芸多才ぶりで有名になった。1977年には来日して第8回世界歌謡際に出場している。

1980年の終わり、あまりにも個性的であるがゆえにレコード会社と契約できずにいた彼らの前に理解者が現れた。当時できたばかりのIRSレーベルから4曲入りの10インチ盤を発売することになったのだ。この10インチ盤は大変な人気でウエスト・コーストでビッグ・セールスを記録した。この大成功でA&Mレーベルとアーティスト契約を結ぶことになり 1981年デビュー・アルバム「ONLY A LAD」を発表している。 今、あなたが手にしているアルバム「オインゴ・ボインゴの謎」は彼らにとって二枚目のアルバムにあたる最新作である。

メンバー紹介
■ダニー・エルフマン
(リーダー、ソング・ライター、リード・シンガー、リズム・ギター、アレンジャー)
■スティーブ・バーテク
(リード・ギター、アレンジャー)
■ケリー・ハッチ
(ベース、ヴォーカル)
■ジョニー”ヴァトス”ヘルナンデス
(ドラムス)
■リッチ・ギブス
(キーボード、トロンボーン)
■デール・ターナー
(トランペット)
■サム”スラッゴ”フィップス
(リード・サックス)
■リオン・シュナイダーマン
(サックス)


Return

Home
close