◆オインゴ・ボインゴ

Where Do All My Frinds Go

When lightning strikes and we are sleeping
稲妻が光り、みんな眠っている時
When everyone around is dreaming
まわりのみんなが夢を見ている時
When children aren't children no more
子どもたちが、もはや子どもでなくなった時
When parents aren't behind the door
両親がドアの陰に隠れていない時
When football's over and the beer's gone
フットボールが終わり、ビールがカラになった時
When T.V. set no longer turns on
テレビがつかなくなった時
(Tell me where my friends go)
(友達はどこへ行ってしまうんだい)

If I could float and drift forever
いつまでも気ままに漂っていられたら
I'd join the shattered dreams together
粉々になった夢をつなぎ合わせるのに
I'd spy upon the disbelievers
信じようとしない人々の行動を調べ
And scatter them into the seasons
季節の中に追い散らすのに
When winter comes I'd keep on moving
冬が来ても動き続けるだろう
To fill the cup of understanding
満足いくまで経験を積むため
I'd fly...to hidden places in the sky
僕は飛ぼう 空にある隠された場所へ
(Tell me where my friends go)
(友達はどこへ行ってしまうんだい)

My hesitation - is strong today
今日、ためらう気持ちは強く
The indications - all point away
あらゆる徴候は、みんなにとって
To something better - for everyone
より良い結果を暗示している
Has something gone astray
何か道を誤ったものがあるのに

I'll follow you until I die
死ぬまで君の後をついて行こう
With outstretched arms into the sky
両手を空に向かって大きくひろげながら
when all is aid and come undone
言うだけ言って、実行されない時
The words will come, the words will come
ことばは次々とあふれる
We'll chase the ghosts into the shadows
僕たちは暗闇の中幻影を追う
The spectres watch through every window
幽霊は家々の窓をのぞき込む
We'll run like dogs and jump the fences
僕たちは犬のように走り、柵をとび越え
And howl at men behind their faces
平気な顔の人々にわめきちらす
We'll bark at night and wake the neighbors
夜の闇にさわぎたて、隣人を越こし(←?原文ママ)
And tell the world of our adventures
人々に自分の冒険を言いふらす
(Tell me where my friends go)
(友達はどこへ行ってしまうんだい)

My revelations - have lost control
手当たりしだいに暴露する
My better judgement - has gone away
もはや判断力は失せて
Our evolution is full of holes
我々の発展は落とし穴だらけ
Has something gone astray
何か道を誤ったものがある
(Tell me where our friends go)
(友達はどこへ行ってしまうんだい)

対訳:渡辺 淳 「Boi-ngo」国内盤『オインゴ・ボインゴ』より


Return

Home
close