2003年05月05日
“音楽はまほう使い”

今年のゴールデンウィークはいい天気でしたねぇー。ディズニーや遊園地などアウトドアを 満喫された方も多いかと思います。そんな中、5月3日の主催公演「音楽はまほう使い」に いらしてくださった皆様、ありがとうございました。たくさんのお客さまにいらしていただいたので 赤字もたいした金額にはならず、ユニセフ等へ4万円ほど送れそうです。(詳しくは後日当HPに 掲載したいと思います。)感想などをメールで送ってくださると今後の参考になりますのでよろしく お願いします。

会場となった町田市のひなた村カリヨンホールという場所は、交通の便が悪いのが難点ですが、 響きがなかなか良く、雰囲気があり規模も最大300人弱とたいへん使いやすいホールなのですが、 基本的に青少年のための施設ということで営利が伴う事業はお断りという施設です。私たちは チャリティーコンサートの趣旨を説明して使用を許可され、事前に館長さんとお会いしていろいろな 点をひととおりクリアしておいたのですが、当日になって担当の職員の方のうちのおひとりが 「会計報告を出すように」と何度も言いにこられたそうで、なんだか疑われたような気持ちがして 少しいやな気分になりました。会計報告を出すこと自体は何も問題はないし、喜んで出しますが、 事前の打ち合わせのときに予め言ってもらうか、あるいは事後に連絡をいただければいいわけで、 当日のお客さんの盛況ぶりを見て、「これは収益が出てるな」と判断して急に「会計報告」と 通告してくるセンスはちょっと悲しいものがあります。舞台を手伝ってくださった職員の方は とても気持ちよくサポートしてくださっただけに残念でした。

あまり気分のよくない話を書いてしまいましたが、コンサート自体はたくさんのお客さん、 とりわけ100人以上の小さなこどもたちが、スプリングソナタ、ます、G線上のアリアといった 本格的なクラシック音楽を静かに集中して聴いていたのが印象的でした(気を失っていた?)。 演奏をしてくれた友人たちも手弁当に近いギャラで気持ちよく手伝ってくれて感謝です。 N響の海外演奏旅行から帰国直後で時差ぼけと戦いながら弾いてくれたヴィオラの井野邉くん、 39度の高熱をだして苦しむ夫を家に残してチゴイネルワイゼンの名演を聞かせてくれた ヴァイオリンの梅原さん、このアンサンブルを大人のバスで支えてくれたコントラバスの大西さん、 天性のメロディー弾き、あなたは演歌も好きなのねのヴァイオリンの森下くん、そして、普段は静かで 疲れた感じなのに舞台に出た途端に血管が切れそうなハイテンションになる名司会& ブリリアント・フルート&踊るピッコロのさかはしさん、本当にご苦労さまでした。来年もなんとか 続けたいと思っていますが、公的なサポートが少しでもあると楽なのですが考えが甘いですかね? プログラムもまた考えなければ。。ブランデンブルグ協奏曲をやりたいとか、いろいろ夢は あるのですが、現実的な問題とどうすり合わせていくかですね。

僕の希望としては、小編成のオーケストラを作り、メンバーが各々有名な協奏曲を弾き、 ちなみに指揮者は僕がやってソリストの足を微妙に引っ張るというのが夢なのですが実現の 可能性は????

line

バックナンバー目次

トップページ

close