2003年02月03日
“マイブーム”

いろいろ書きたいことがたくさんあるのですが、今回は最近のマイブーム(すみません、 いまどきの若者の真似をして若ぶってしまいました。)について書いてみたいと思います。

僕たち音楽家はとても緊張する商売なものですから、うまくストレスを解消することが とても大切です。僕の場合はここ数年下手ながらゴルフを心の支えに(?)過ごしてきたのですが、 昨年の秋口から音楽家仲間の寄り合いでフットサルに混ぜてもらい、とても楽しく遊んでいます。 ジャンルを超えて大活躍のヴァイオリニスト後藤勇一郎氏を会長に、チェリスト山本裕康氏が GM(だったはず)、会計が同じくチェリストの大沢真人氏という三役が始めたチームで 名前はUGENTUSといいます。

なにせ体力のない音楽家の集まりですから、最初の練習のときは開始5分で倒れる人間続出、 翌日階段を上れないのはおろか肉離れも多発、気持ちはあるのに身体がついていかずボールの上に 乗ってしまうなど、まさに前途多難を思わせたのですが、その後練習を重ねるにつれて各々の 日ごろの鍛錬のせいかパフォーマンスがメキメキと向上。といっても最初がひどすぎただけの ことなので、やっと一般人の初心者のレベルに届くか届かないかといったところです。

普段忙しいメンバーばかり、しかも音楽家に休日なんてないよ、ということで練習は月に2回ほど。 平日の夜8時くらいから2時間ほど。ここ最近は寒いですよー。

なにせ形から入るのを子供の頃からの習性としてきた楽隊の集まりですから、最初はかっこいい ユニフォーム製作からはじまり、ウォームアップコートもすぐに注文。 やれ生地は日本のナショナルチームと同じとかこだわっていますから、すでに×万円ほど かかっております。(詳細については家庭内の平和のために伏せます。)

今の課題はとにかく実戦を体験してみること!某東フィルをターゲットに絞ったところです。 この春にはぜひ実現させたいものです。やっていて一番おもしろいのは、プレイスタイルに 各人の性格が色濃くでるところ。テクニックに溺れるもの、絶好のチャンスはかならず外すもの、 など個性豊かな(?)チームです。

僕のプレイスタイルですか?とにかく前を向いたらそのまま突っ込んでいく猪突猛進タイプだと 全員が言うのですが、僕の本来の性格とは違うような?????

line

バックナンバー目次

トップページ

close