プロレスラー列伝5

ザ・ロック物語

 

ロック様―――なぜ彼にだけ「様」がつくのか。

それは実は、「The Rock Says〜」という文章を、(ロック様曰く)とJスカイで訳したかららしい。

しかしロック様とて、最初から「様」つけで呼んでもらえるほど偉くはなかった。

彼は毛並みがいいのである―――3代続くレスラー一族の末裔。

おじいさんも、お父さんも、偉いレスラーだった。

祖父      父

だからロック様は、子供の時からレスリングの世界で育ってきた。

しかし学生時代は、アメリカン・フットボールにうつつを抜かしていたらしい。

 学生時代

その後、一念発起してWWFマットに登場。

その時のロック様は、いやただの「ロッキー・メイビア」はマヌケだった。

ギミック的には、「誰にでも好かれる、アメリカの好青年」。

そんなものが受けるわけはないのである。

衣装も「なんだよそれ」と、首をひねるリオのカーニバル状態。

 凄い衣装

がんばって売り出して貰ったが、いっこうにブレイクしない彼にイライラしたのか、WWFは速やかに路線を変更。

******
そういえば、WWFはWWEに名称変更したのです。
なぜかというと、パンダのマークの「WWF]と名称使用裁判で争って、負けたからです。
パンダは強い―――
******

再登場した時、リングネームも「ザ・ロック」に変っていた。

マヌケな水色のタイツも、黒に変っていた。

林家三平のような半端な長髪も、かっこよく短くなった。

超ゴーマンな天上天下唯我ロック様、豪気な兄ちゃんの誕生である。

ロック様の羽織るシャツはベルサーチ。500ドルもするらしい。

ベビーフェイスになること(あの世界でいう、よい人になること)は簡単だった。

誰が言ってくれるのでもない、自分から言い出した「皆のチャンピオン」というフレーズも受けた。

ロック様はマイク・パフォーマンスの名手である。

 マイクパフォーマンス

古今東西、右に出るものなし!

口から先に生まれてきたんではないか、と思うくらいすごいんである。

読者の皆様も、Jスカイで熱心にリスニングして頂くと、きっとアメリカの下品なスラングに精通できると思う。

*****ごく一部の例文*****
Just bring it!(かかってこい!)

Shine it up real nice, turn it sideway,and stick it
Stright up your candyass!
(そいつをピカピカに磨き上げ、ひっくり返して、おまえのケツに突っ込んでやるぜ!)

I’m gonna drug your roody−poo
candyass down your Role Blvd., hang a right at jabrony Dr.and proceed check your monkey ass DIRECTRY into Smackdown hotel!
(貴様のキャンディみたいなべとべとのケツを、「身の程知らず」大通りに引きずり出し、「負け犬」通りを右に曲がって、貴様のサルみたいなケツを、「お仕置き」ホテルにチェックインさせてやる!)

Who in the blue hell are you?
(貴様、何者だ?)

訳なしで分かったあなた!!
あなたは偉いです。しかし憶えたところで、なんの役にも立たないでしょう。
喧嘩を売っているだけですから。
こんなセリフを、ロック様は一字も間違えず、しかもアドリブで機関銃のようにまくし立てるのである。
これに左眉をグッと上げる「ピープルズ・アイブロー(皆の眉毛)」があれば完璧である。
**********

 ピープルズ・アイブロー

ロック様出世の糸口―――それは口先もさることながら、どんな不利な勝負もけして逃げない勇気と男気、

そして決め技にあった。

決め技の白眉は、「ピープルズ・エルボー」(なんでもピープルズがつく)であろう。

これは、実はただのエルボー・ドロップなのである。

助走をつけて、倒れている相手の体をまたぎ越し、一往復。

そして、「今までの助走はなんだったんだ!?」という突っ込みを入れる間もなく、立ち止まって腕を交差。

それでエルボーを決める。というあまり説得力のない技なんであるが、継続は力なり。

@立ち止まって、腕を交差

Aエルボー!

使い続けているうちに、観客の間には「もしかして、すごい破壊力を秘めている技なのかも・・・」

というある種の信仰が生まれたのだ。

 

ロック様にはアンダーテイカーなどと違って、あまりギミック系のストーリーはないが、

存在自体が面白いので、それでいいのである。

ロック様は映画スターでもある。

「ハムナプトラ2」では伝説の「蠍王」スコーピオンキングに扮した。

ハムナプトラ2のロック様

この映画自体、しようもないもんだったのだが、なんとこれの続編まで出来てしまった。

「ザ・スコーピオン・キング」というのがそれで、日本では今夏公開予定。

スコーピオンキング

アメリカでは、興行収入1位になったらしい・・・・さすがアメリカである。

 

禁・無断転載(このページに書かれている文の著作権はゆうこさんにあります)

プロレスラー列伝の入り口に戻る


 

 

close