ミジーさんのジミーちゃんとの遭遇

 コンサートのパンフです

2002年2月、ロンドンのロイヤルアルバートホールでティーンエイジャーの癌撲滅のためチャリティ・ショーに参加しました。 このコンサートは2月5〜9日の5日間にわたり開催されましたが、最終日の9日に王子のバンド、そしてジミーちゃんが登場しました。

 

2月9日、ロイヤルアルバートホールに行って来ました。

 ロイヤルアルバートホール

当日券で入り、ステージ向かって右の真横の一番前の席で観ました。

オープニングはゲーリームーアで、ブルースがカッコ良かったです。特にStormy Mondayは絶品でした。私の席から5m位の所で

の演奏でしたので、それはそれは良〜く見えました。

 ゲイリー・ムーア(サインしてもらいました)

次は王子のストレンジ・センセーションズで、王子はそれなりに年は取っているものの、声も佇まいもまさしく王子そのもので、

ポーズもいちいち様になってました。小刻みに拍手しながらリズムを取る姿はもうあの王子です!演奏は全体的に中近東の香り

がぷんぷんしていました。

王子

演奏された曲は

If I Ever Get Lucky
Morning Dew
Four Sticks
Hey Joe
Song To The Siren
A House Is Not A Motel

でした。

 パンフの王子のページ

続いてポール・ウエラーです。JAMやスタイルカウンシルは馴染みがあるのですが、演奏されたのは最近のソロばかりで

(10曲以上やった)ちょっと退屈(!)しましたが最後のTown Called Maliceでは観客が踊る歌うで楽しかったです。

ポールのゲストには、ステレオフォニックスのヴォーカルやオアシスのノエルが出てきました。

 

で、一幕終わり、ステージにはローディーさんが運んできたレスポール、フットスイッチ、そして、、弓!!がセットされまして、続い

て登場したのが我等がペイジ様!!会場のあちらこちらから「Jimmy−−!!Jimmy--!!」歓声が!演奏曲は・・

「DAZED AND CONFUSED」!!バックバンドはポールウエラーバンドで、歌無しのインストバージョンでした。

我々の心配をよそになかなかの演奏でした(と思います)。そしてbow弾きへ・・!

これは、昔のようなキレが無く、ちょっと苦笑。でも、ペイジ様は真剣。

 パンフのジミーちゃんのページ

あっという間の1曲でしたが、会場は多いに盛上がりました!!

次いでフィナーレへ。ロジャー・ダルトリーが出て来てI CAN SEE FOR MILESをやって、ロジャーからのご挨拶、続いてチャリティ

ーの主からのご挨拶。この時10代の癌患者が10人ほどステージに出てきました。大歓声と拍手をもって5日間に渡るコンサート

は終了しました。 

 

さて、ショウの終了後・・・・。

このまま関係者出入り口まで行ってはってたら誰かにサインでも貰えるかな〜という軽い気持でドアの所まで行き、他のファンの

人達と群がって待ってみました。

20分位待ったところで中から関係者が一人出てきまして、たまたま目があった私に自分のパスをはずしてさっと手渡してくれたの

です。そのお陰で晴れて私は楽屋に堂々と入って行く事が出来たのでした。 

 VIP PASS

楽屋の中には100人ほどの人がいました。私のお目当てはペイジ様なので、人に聞き聞き辿り着いた先はペイジ様専用の楽屋

(部屋)でした。そこは一段とチェックが厳しく、本当の知り合いしか入る事が出来ません。でも中に御本人がいる事は間違いあり

ません。いつか出てくるはずだ!と思いながらドアのそばで粘る事小1時間、やっとペイジ様のお帰りです。で、中からボディーガ

ードを4人付けて出て来ました! その途端にまわりにいたやはりペイジ専用楽屋に入れなかった人達がわっとペイジ様に押し寄

せました。

私が慌てて「Jimmy!!」と声をかけるとこちらに気付いてくれましたが、ガードの人達に押しやられ近づけずにいるとなんとペイ

ジ様が私に「早くこっちへ!」と言って自分の方に呼んでくれました。早くその場の群集(?)から逃れる為、ペイジ様と私と4人の

ガードはそそくさと通路を地下駐車場の方へ向かいました。その間にサインをしてもらい、握手をして、今夜のショウは楽しかった

か?、とか聞かれたり、私は「あなたは私の一番のギターヒーローだ!!」とか言ったりしました。そして駐車場入り口まで一緒に

歩きドアの所でもう一度握手し、お別れしました。

 ジミーちゃんのサイン

・・・以上がペイジ様との遭遇の様子です。他のスターさん達とはペイジ様を待っている間に声をかけてお話しました。

彼らにはボディーガードなんぞ一人もおらず、単独であっちこっちフラフラしてました。誰とでも気軽に話をするし・・・。ペイジ様だけ

が「特別扱い」(←強調!)だったのです。(帰りの出口も一人だけ違っていたし・・・) 流石!! 

 

追:王子はバーにも楽屋にもいなかったみたいです。早く帰っちゃったのかな??

 

 

トップページに戻る



close