CD&DVD私の感想

 

『HOW THE WEST WAS WON』
DISC 1
 1.L.A.DRONE [LONG BEACH 6/27]
 2.IMMIGRANT SONG [LONG BEACH 6/27]
 3.HEARTBREAKER  [LONG BEACH 6/27]
 4.BLACK DOG [THE FORUM 6/25]
 5.OVER THE HILLS AND FAR AWAY [THEFORUM 6/25]
 6.SINCE I’VE BEEN LOVING YOU [LONGBEACH 6/27]
 7.STAIRWAY TO HEAVEN [LONG BEACH 6/27]
 8.GOING TO CALIFORNIA [LONG BEACH 6/27]
 9.THAT’S THE WAY [THE FORUM 6/25]
10.BRON−Y−AUR STOMP [LONG BEACH 6/27]
DISC 2
 1.DAZED AND CONFUSED [THE FORUM 6/25]
 2.WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE[LONG BEACH 6/27]
 3.DANCING DAYS [LONG BEACH 6/27]
 4.MOBY DICK [THE FORUM 6/25]
DISC 3
 1.WHOLE LOTTA LOVE MEDLEY [THE FORUM 6/25]
 2.ROCK AND ROLL [LONG BEACH 6/27]
 3.THE OCEAN [THE FORUM 6/25]
 4.BRING IT ON HOME [THE FORUM 6/25]

『LED ZEPPELIN DVD』
[DISC 1]
ROYAL ALBERT HALL (1970−1−9) 収録時間:1時間42分21秒
  1.WE’RE GONNA GROOVE
  2.I CAN’T QUIT YOU BABY
  3.DAZED AND CONFUSED
  4.WHITE SUMMER
  5.WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE
  6.HOW MANY MORE TIMES
  7.MOBY DICK
  8.WHOLE LOTTA LOVE
  9.COMMUNICATION BREAKDOWN
 10.C’MON EVERYBODY
 11.SOMETHING ELSE
 12.BRING IT ON HOME
DANISH TV (1969−3−17) 収録時間:31分24秒
  1.COMMUNICATION BREAKDOWN
  2.DAZED AND CONFUSED
  3.BABE I’M GONNA LEAVE YOU
  4.HOW MANY MORE TIMESTOUS EN SCENE PARIS TV SHOW (1969−6−25) 収録時間:9分01秒
  1.COMMUNICATION BREAKDOWN
  2.DAZED AND CONFUSED
BRITISH SUPERSHOW (1969−3−25) 収録時間:7分35秒(DVDのみ)
  1.DAZED AND CONFUSED
PROMO FILM
  1.COMMUNICATION BREAKDOWN (1969−3−14 SWEDEN)
メニュー画面
 TOP:”ICELAND AIRPORT” SHOT (音声:「MOBY DICK」 from RAH)
 RAH(1):”ROYAL ALBERT HALL” SHOT (”CROWD CHANTING” from RAH)
 RAH(2):”ROYAL ALBERT HALL” SHOT (音声:「THANK YOU」 from RAH)
 CLIPS:”ARCHIVE WAREHOUSE” SHOT (音声:「HEARTBREAKER」 from RAH)
 AUDIO:”ICELAND AIRPORT (LEAVING)” SHOT(音声:「STAIRWAY TO HEAVEN」 from EARL’S COURT)
 CREDIT:bits of ”BOOTLEG VIDEO” (音声:「HEARTBREAKER」 from RAH)

[DISC 2]
SPLODGE EDIT 収録時間:4分03秒
  「IMMIGRANT SONG」
    (映像:1972−2−24 AUCKLAND
  音声:1972−6−27 LONG BEACH)
MADISON SQUARE GARDEN (1973) 収録時間:23分24秒
  1.BLACK DOG
  2.MISTY MOUNTAIN HOP
  3.SINCE I’VE BEEN LOVING YOU
  4.THE OCEAN
EARL’S COURT (1975−5−24・25) 収録時間:49分01秒
  1.GOING TO CALIFORNIA(25日)
  2.THAT’S THE WAY(25日)
  3.BRON−Y−AUR STOMP(25日)
  4.IN MY TIME OF DYING(24日)
  5.TRANPLED UNDERFOOT(25日)
  6.STAIRWAY TO HEAVEN(25日・一部24日に差し替え有り)
KNEBWORTH FESTIVAL (1979−8−4) 収録時間:51分41秒
  1.ROCK AND ROLL
  2.NOBODY’S FAULT BUT MINE
  3.SICK AGAIN
  4.ACHILLES LAST STAND
  5.IN THE EVENING
  6.KASHMIR
  7.WHOLE LOTTA LOVE
DOWN UNDER(AUSTRALLIAN TV 1972−2−27)
  1.ROCK AND ROLL
  2.JOHN BONHAM,JOHN PAUL JONES,ROBERT PLANT INTERVIEW (BGM:「BLACK DOG」 from 4th ALBUM)
TV INTERVIEW
  1.BAND INTERVIEW in NEW YORK (from NBC 1970−9−18)
  2.ROBERT PLANT INTERVIEW (1975−1−12)(from 「OLD GREY WHISTLE TEST」)
PROMO FILM
  1.OVER THE HILLS AND FAR AWAY (1990)
  2.TRAVELLING RIVERSIDE BLUES (1990)
メニュー画面
 TOP:”ICELAND GIG” SHOT (音声:「DAZED AND CONFUSED」from ICELAND)
 MSG:”MSG BACKSTAGE” SHOT (音声:SOLO of 「SINCE I’VE BEENLOVING YOU」 from MSG)
 EC:”ENGLISH TOWN” SHOT (音声:「BRON−Y−AUR STOMP」 fromEARL’S COURT [DIFFERENT NIGHT])
 KNEBWORTH:”KNEBWORTH” SHOT (音声:「YOU’LL NEVER WALK ALONE」from KNEBWORTH 1st NI
GHT [CROWD’S SINGING])
 AUDIO:bits of ”BOOTLEG VIDEO” (音声:「THE CRUNGE」 from EARL’S COURT)
 PROMO:「THE SONG REMAINS THE SAME」 (映像:1977−5−18 ALABAMA,1977−6−14 MSG,1977−6 LA FO
RUM 音声:1977−6−21 LA FORUM)
 INTERVIEW:”FILM REPAIR&CLEANING” SHOT (音声:「THANK YOU」)
 CREDIT:bits of ”BOOTLEG VIDEO” (音声:「HEARTBREAKER」 from RAH)

DVD&CDのデータはHOUSES OF THE HOLYのPAGEさんからいただいた資料です。

Pennywiz Play Powerの大西さんのCDのレビューも合わせてご覧ください。


aosanさん

(DVD)
いやいや、連続して2枚見てしまいました。5時間。
故ピーターグラント氏のマネジメントとペイジ氏のポリシーのおかげか、ただの寄せ集め映像にならず、見事、「作品」に仕上がっていたと思います。これまで映像を出さなかった理由と作品のコンセプトを感じました。
 アルバートホールの映像、左利きになってなくて安心。しかしブートで見慣れていても違うアングルとなると、ここまでくると別の「作品」ですね。お初ショットはばんばん出てくるし、Disc1で放心状態です。音と映像がシンクロしてるし・・・、感動です。よくぞ断片的な16mmフィルムを極力ノイズをカットしてリリースしてくれたものです。ところどころ静止画像が表れますが、推測するに「音はあるけど画像が使えなかった」という”ツナギ”だと思います。そのように観るとDisc1は全く違和感を感じません。おまけ映像のテレビ画像集は編集しておらず、いかに当時のメディアが彼らの音楽を伝達できなかったのかがよーくわかりますね。パリTVは本来余計なコント風の映像が収録されているのですが、この映像では綺麗にカットしてくれましたね!!よかった。
 Disc2のMSGはアウトテイクとはいえ、フィルムが劣化していたのでしょうか、The Ocean以外は映画の画面のはめ込みが目立ちました。
さぞ編集が大変だったのでしょう。
 Earl's Courtの画像は本当に綺麗ですね。でも画像エフェクトが気になりました。ストップモーションがかかると音楽の流れが止まってしまうのですよ。やはりマスターフィルムの劣化部分をフォローするためのエフェクト、”ツナギ”なのでしょうか。でも白眉はやはり「天国への階段」、素晴らしい演奏です。Knebworthではいろいろなアングルショットで画像エフェクトは一切ないですし、多分ミストーン
も編集しているのでしょうけど、素晴らしいステージです。
 オマケ映像で8mm映像や秘蔵映像が使用されているので見逃せません。'77MSGの8mm映像もあったりと、今回のリリースにあたっての
ペイジの意気込みを感じました。
 多分、彼には次の構想もあると思います。今回の映像では、既出のブート映像を意識しているし、同じ映像でも別アングルを提供したりなど、「既出映像とのダブりをなくす」「ダブった場合は既出を上回る画質と音を提供する」に配慮したことを感じます。この辺りの市場リサーチ力とスタッフの努力には感服です。
 彼らが目指した音楽は歌詞にあるとおり、永遠に輝き続ける詩だろうと思います。今回の映像と音楽が証明してくれました。4人で演奏している以上、音の情報は少ないはず、それを人間のスピリットが音楽を成立させているのです。音の情報量が少なくとも、音楽は成立するのです。エレキギターでも工夫しだいで立体的に聞こえるのですよ。流行のコード弾きだけでは5時間聞けません。基本が違うんですよね、彼らの力量は。お見事です。
 とりあえず30年間、彼らの音楽は残りましたから、今後も永遠に残ることを期待します。
・・・でも75'Earl'sCourt,77'Seatlle,そしてKnebworthは作品度優先、編集OKで良いので、オフィシャル画像&音源でもっと観たいです。今回のDisc2は今後リリースされるであろう画像の「予告編」であることを願っています。とりあえず全てのZEP画像は劣化しないうちにデジタル移行してほしいですね。>制作スタッフの皆さんへ。


RS-200さん

(DVD)
早朝から鑑賞していますが、予想以上の仕上がりに大変感動しております。(本当に爆音がしています)
ネタバレを嫌う人がいると思いますのであまり詳しく書きませんが、メインになる「ROYAL ALBERT HALL」は完全収録?と思われ、DVDの長時間を占めております。
今まで見ていた、定番のBOOTの映像収録ですがオフィシャルとなると、画質、音質は文句の付けようがなく、JIMMY先生の編集等での苦労は大変だったと思います。
初見のPROMOなどもあり、またメニュー画面等大変凝った作りになっていますので当分楽しめそうです。

「移民の歌」は初めて見るカラー映像です。(本編DISC 2の冒頭に収録)
「ロックンロール」はBOOTで有名な白黒のものです。(特典映像に収録・画質、音質UP)

メニュー画面に1曲「永遠の詩」が収録されてます。(このDVDのメニュー画面は本当に凝った作りになってます)
「狂熱のライヴ」での「天国への階段」はDVDでは初版LD等より多少は音質改善されて、少しは満足していましたが今回のEARLS COURTのものは比べものにならないほど音質等が素晴らしくサラウンドシステムで聴くとこれが本当に75年収録のLIVEなのか耳を疑うほどです。
その5年前の70年収録のALBERT HALLもまったく同じ感じを受けますので、このDVDを体感すると皆さんびっくりされると思います。
昨日の朝、amazonに注文した3CD(US盤)がたった今届きました。
デジパック仕様ですが、ブックレット等はありません。
また、今晩の楽しみがひとつ増えました。

>メインになる「ROYAL ALBERT HALL」は完全収録?
未収録曲や編集があります。
Heartbreaker,SinceIveBeen〜が未収録ですが、以前発売されたBOOTより、倍以上の収録時間ですのでたまりません。


lzriderさん

(DVD)
皆さん盛り上がってると言うか、舞い上がってますね。
当然私もノックアウトされました。
丘のハイトーン・ヴォイスには鳥肌が立ちました。


★観客さん

(CD)
いろいろ残念なカットや編集やover dubingもありますが、文句なしに満足なのはBRING IT ON HOMEです。

(DVD)
期待以上の出来です。
なんといっても、RAHが最高です。
とくにHOW MANY MORE TIMESとBRING IT ON HOMEがブート音源で聞いて以来、ZEPのBEST PERFORMANCEの一つと考えていたものなので、映像付(しかも高画質)の今回のリリースは大感激でした。


K石@流浪どらまーさん

(DVD)
ウチのサラウンドがはじめて100%の性能を出し切った、ていうカンジですね・・・すごいっす。


CRUNGEさん

(DVD)
昨夜はDISC1の1/3位しか見ていませんが、それでも十二分にぶっ飛びです。いや、RAH本当に凄い。それと「CREDIT」というメニューで「HEARTBREAKER」をバックに流れる映像のかっちょいいこと!!
特にアールスコートがあんなに鮮明な映像であるなんて・・・
アールスコートだけは完全版を是非出してほしいですね。


Qちゃん

(CD)
How The West Was Won 1曲目からなんだぁ?あのギターの音と、バックのリズム隊の音。鳥肌もんだね(本当に鳥肌たったよ)。
あれを聞くとクリームもちょっとだね。
まだ全部聞いてません。当分楽しめそうです^^


GOさん

CD&DVDの発売・・・感無量です!
私的には、「ネブワース」の部分だけにでも6000円(いや、もっとそれ以上!)の価値があると思っています。
それにつけても、今朝のTVのジミーのコメント・・・。DVDでボンゾのあの驚天動地プレイを見るとなおさら、これ以上のこと(含む再結成)はよしてくれ!という気になってしまいます。(ご批判もあるでしょうが・・・)

CDもDVDも内容が事前にアナウンスされていたので、あまり期待していなかったのですが、「聞いて」「観て」ビックリ!
特に、RAHとネブワースに感動しました。画質の向上で、RAHはともかくネブワースのプレイも素晴らしく感じられました。
残念だったのは、'71と'72の映像がオーストラリアぐらいだけだった事ですね。ZEPPの絶頂期だと思っているので、次に期待したいです。

(DVD)
「Sick Again」(ネブワース)最高じゃん!


K.Yさん

(DVD)
発売一日前の夕方,もう出ているはずだ!とにらんでCDショップに駆け込めば,あるではないか!
これが噂のDVD!あったと知れば買うしかない。わき目もふれず家路に急ぎ,ついに見たぞ噂のライブ!! 
てなわけで,いやぁーいいなぁー待ったかいがあったぞ!その昔,来日コンサーを体験し,リアルタイムで飛行船と共に青春をすごしたオヤジファンとしては,映像を見てガラでもないが,おもわず涙ぐんでしまった。個人的には,映像の一部は禁断のブートなり,その他で見てますがビックリしたのはアールズコートの映像があんなに素晴らしいとは,感動ものである。その中でも,IN MY TIME OF DYING のペイジ氏のスライドプレイのいいこと!改めてジミーペイジ氏を見直した


コザルさん

(DVD)
わが身を鳥肌で覆い尽くすこと数時間…なんなんだあれは!!!凄すぎますね!!!


GOOD-EVENINGさん

(CD)
CDが到着しました。朝から聞きまくってます。最高です、大音響で聞くと脳天割れちゃいそうです。
Over The Hill ... なんて「どうしたらいの」って感じです。


け〜むさん

(CD)
たまらんです。もう、生きてて良かったの一言です。
行き付けのROCK BARで2リピートさせてもらいました。
余韻タップリ。完全に酔っ払ってます。最高の日です。

イントロSEは1分ぐらい有っても良かったとか
MCをカットされるとブート対策に成らないとか
色々と有るは有るのですが、一言で言って”最高”。

ホント凄いよ!真っ白です。コレが3673円で良いのか?


geppuさん

DVDとCDが届きました。大変なボリュームなので、すべて見終わって(聞き終わって)いません。
でも、今日のような天候(台風)や、これからやってくる梅雨時は、これがあればしばらくはOKですね!特にDVDはいいですね!
長時間収録なのでビデオにないチャプター切り替えにより好きな場面がCDのようにすぐ呼び出せるのが最高です。


浩ちゃん

(CD)
爆音でライブ盤聴いてます。いや〜素晴らしい!
気を抜く隙が無いと言うか、音の1つ1つに自分達の音楽に対する確信や気合いを感じます。
これは一体何なんでしょう。もう何回か聴いているにも拘わらず、聴くたびにドキドキします。
本当に素晴らしいです。
いつか冷静にこのアルバムを聴く事が出来る時が来たら(来るかな?)、もっと書きたいと思います。


さんだらーさん

(CD)
いま聴き終わったところです。
とっても興奮しています。
ファンになって22年。
ずっとこれを待っていたんだという感じです。

(DVD)
ちょっとずつ楽しもうと思っていたのに、全部一気に見てしまった。
第一印象で、感動したこと2つと気になったことを2つ。

◎The Song Remains The Sameってどこにも書いてないのに、めちゃくちゃすごい。
◎Moby Dickはちょっと見方を変えたら「世界のびっくり人間大集合」

▼メニュー方式になっていて見づらい。
普通に見れるようにしてほしかった。
▼日本語字幕の文字がなんか貧弱。


zoso_ledzep4yyさん

(DVD)
1973年 MSG千秋楽7/29の“WHOLE LOTTA LOVE”。
ここでは懲りない?ボンゾの更なる5分間アフロビートドラムソロがあり、
これをバックにしたマイク・クアンシーという火食い術師とZEPとの競演がありました。
伝記本読むとボンゾ自身にも火が回りかねない演出だったようですが
この模様が2枚目、本編終了後のハートブレーカーをクローズ音に
使ったテロップのエンディングにおいて10秒程、見ることが出来ます。
1・2枚目共にEXTRASの特典映像選択するまでの
映像の中に、他にもあっと驚くべき発見があるかもしれません。

(CD)
輸入盤を2往復聞きましたけど
これが現役当時にリリースされていたら
他の色々なライブの名盤の中の1枚にあげられていたはずと思えば、残念ですし、余りに遅すぎたリリースですね?
でも彼らの3時間ライブをアナログLPに収録なんて不可能ですし、
今、考えてみればメディアの進歩(CD、DVD)があってようやく発表できたんでしょうね?

個人的には、天国への階段のイントロのフルート音が当日のステージにセッティングされてなかった
メロトロンでオーバーダビングされていた(このツアー迄は、オルガンで代用!)のと
胸いっぱいの愛をのメドレーが2曲程カット(ハートブレイクホテルとスローダウン)されてたのが残念でした。
でも最高に熱い、すばらしいライブであることには変わりありません!!


cさん

(DVD)
エディはメニュー画面で永遠の詩1曲(完奏)入ってます
映像はブートで見たことのある隠し撮り8mmを使用
一応音きちんととシンクロしてますよ


★jummyさん

(DVD)
DVD感激〜!! 69'のテンションはすごい!観てると時空が飛んでしまいます。


スーさん

DVDとCD買って来ました。
ひさびさに身震いするような感動です〜〜〜!!
絵はキレイだし音もいい!!
これはもうロック界の財産ですね。
オーシャンのジミーかっこよすぎ〜〜!!

(DVD)
最初は興奮ばかりしてましたが落ち着いて見てみると
やはりZEPは、この4人でなければダメ。っていうより
よくぞこの4人が集まりましたってのを実感しました。
特にボンゾはすごすぎ!!
多くのレビューにも書いてありましたがやはりZEPは
稀に見るメンバーに恵まれた奇跡のバンドなのでしょう。

でも欲を言えば「永遠の詩」や「レインソング」が入ってないのは残念です。
もっと言ってしまえば、これだけのすばらしい素材が残っているなら
アールズコートとネブワースのコンプリート出してほしい!!
さらに言っちゃえばCDも各年代別で出してほしいτ(≧▽≦)y♪
・・・・欲を言い出したらきりがないですね(;^_^A アセアセ・・・


Zeposさん

(DVD)
私はVHSを買いました。DVDと同じ内容なのでしょうか?
インタビューでビートルズを認めている所が、将来にのびる彼らを予感させます。感動しました。


ストライダーさん

(DVD)
DVD、昨日観ました!!もう、我を忘れるって感じで、二回通り観ちゃいました〜。その感動と衝撃を、どう表現していいのか分からないんですが・・。今日、友達と、楽しみにしてたマトリックスを観に行ったんです。ところが、全然面白くないんです。
あれ〜??っと思って考えた結果、解ったのは、いくら最先端の技術を使ったスゴイ映像も、本物の人間が創り出す場のエネルギーの迫力には、到底敵わないんだな〜。ってことでした。つまり、それほどZEPPELINの四人がライブでやった事って凄いって事だ!!と。このDVD観ずに行けば、普通に面白かったと思うんですよ。変な比べ方かもしれないですけど、この音と映像の凄さを実感した出来事だったので、書かせて頂きました。今、CDの方聴きながら書込んでいますが、さっきから手が止まり気味で・・。
これも凄いな〜。今年のフジロック行くんですけど、これ以上のライブみられるのかな??疑問だな・・。あっ、永遠の詩、
DVDのメニュー画面にブ―ト映像で入ってたの、あれも物凄く鬼気迫る音でしたね!!メニュー画面でこれか〜!!って、びびったです。


砂糖さん

(DVD)
DVD素晴らしいです。ネブワースもすごくいいじゃないですか。とにかく中学生の時からリアルタイムなファンなので非常に嬉しいです。みなさんといっしょに興奮してます。


ソルティさん

CDとDVD、共に絶句です。
こんなにすごいものを聴いていたのか・・・と、改めてビックリしているところです。
本当に素晴らしい!


としさん

私もCD、DVD入手しました。感想は・・・・凄いのひとことです。CDのほうは、ギター音が意識的に?か、強調されているように感じました。BBCでもそう感じました。パーシーのVoをもっと強調して欲しいなと思いましたが・・・。ただでさえパワーが落ちる頃なんだから・・・。だからパーシーと御大の仲があまり・・・・いやいや、でも本当に素晴らしい作品群で、まさに遺産でしょう。
個人的には、DVD、ロイヤルアルバートホール、I can't quit youで、ジミーのギターで始まり、のちパーシーの歌い出しボーカルパートアイ キャンッ、 クイッチューーーーーー、ベイーーー≠フ後で楽器隊が入るところ、ジミー御大がレスポールを上に掲げてボンゾのほうにむかって、せえーーのっと、ぎゃーんと音を出すところが鳥肌が立ちました!!!!
御大、動きがかわいい!!


ぢゃぢゃさん

CD & DVD 最高です。
みんな みんな スゴすぎます。
最初の「移民」でもう、頭ぶっ叩かれました。。。


ドラム人さん

最初の音を目に・・・いえ・・・耳にしたとき・・・
何じゃ〜〜〜〜〜〜〜この臨場感は〜〜〜!!!
と思ったと同時に、何だこんなものかという冷めた感情も一緒のありました。
しかも途中で10分ぐらい寝ちゃったし・・・
しかしモビー・ディックをきいた瞬間そんな思いは吹き飛びました。
やっぱゼップとボンゾはすご過ぎるくらいすごすぎます!!!
私はブートを一枚しか持っていないので音質はそこまでいいように感じなかった・・・(1枚目だけだが・・・)


パシンさん

(CD)
輸入盤ライブCD、HMVにて本日ようやく入手できました。
サンプルを聞いて予想はしてましたが、実際ちゃんとしたオーデイオシステムで聞くと想像以上の凄さ!
音作りが音圧重視の現代風の音作りになっていて、とても20年前の録音だとは思えませんでした。
内容の方も選曲を含めてベストと言えるもの。数あるテープからこれを選んだジミーペイジはやはり凄い人です(^^)
全編、名演と言えますが「丘」「天国」「R&R」、アコギセットなんかが特にキました。

(DVD)
DVD鑑賞中ですが、もう言葉が出ないくらい凄いです。
2枚目から見ているんですが、特に驚いたのがネブワース。
BOOTでさんざん見聞きしていたはずですが、こんなに良かったっけ?という。
アキレスには渋谷陽一ならずとも落涙必至です。
ZEPは77年までなどと勝手に決めてましたが、認識を改めました。
評判の悪い80年も実はショボイSB録音で耳が慣れているせいでちゃんとした形で出たら凄いのかもしれませんね。

ああ今日は寝れないな、こりゃ。


PAGEさん

(CD)
今聴きながらカキコしてます。「素晴らしい〜!」の一言です。何でもっと早くこれを出さなかったんや〜って言いたいですね。「黒犬」なんてもう凄いっす! これぞホンマのPLANT王子の凄さですね。それに「丘」もアルバム通りのあのハイトーンがちゃんと出ているし、最高でございます。まだいろいろ書きたいことがありますが、長くなるので今晩はこれにて。
早いうちにレビューを書きたいと思います。あ〜これ聴いてたら明日確実に寝不足やわ〜〜〜〜〜!


ペイジボンゾさん

(CD)
僕は国内盤を予約してたので、今日買ってきて今聴きまくってます。もう、言葉でないです。家宝にします。
3枚組でこの音で4000ちょい(輸入版はもっと安いけど)なら多少メドレーのカットがあろうと安い買い物です。
生きててよかった。


ヒロさん

(DVD)
DVDは凄すぎる!!!!!!!!!
こんなの現体験したら、失禁するかよだれ流すよ。
ジミーの編集能力はもうただただ天才的!!!

「アキレス最後の戦い」で泣きそうになりました。
なんちゅう美しい映像じゃ-------!!!

本当に世界遺産。

DVDはメインメニューの作り方からしてすばらしい!!!
ずっと楽しみますね。

アルバートホールの楽屋にベックいましたね。

あとは77年の「永遠の詩」が映ってますね。
あれはビデオでも持っていますが。
ジミー、ちゃんとしたもの持っているのかな???
あの77年のちゃんとしたものがあれば、それこそぶっ飛び映像なんだけどね。

でもあれを見た瞬間、もしかして
第二弾ひょっこり出すんじゃないかと勘ぐりました。

77年の「アキレス〜」は見たいですね。


ぱーしーさん

(DVD)
やっぱ音も画質もいいですねぇ〜!!
我がTHE ZEPPELINSは6月28日に70年L.Aをするのでステージング等とても参考になります!
今日は寝れません・・・・


HIROYUKIさん

(DVD)
こりゃ凄いな!
こんな映像ちょっと想像もつかなかったね!
(2枚目から見ています.今ACHILLESの処)
79年のネブワースがこんなに良いとは唖然です
考えてみれば73年以降のライヴ映像なんて見た事なかったもんね
札幌の地元CDショップに21時前に行ったら既に売り切れ!
TUTAYAに行ったら1セット残ってました
こりゃ暫く楽しめそうだ!

IN THE EVENINGってストラトだったのね?
意外な発見でした!

(CD)
1枚目は音のいいブートもあったし予想の範囲だよね
2枚目はかなり驚きでした
この感動が続くと良いのですが・・・
ストーンズもこういうの出して欲しいな!

'72はブートがあったけど音が最低で1〜2回しか聞いてなかったけどこのCDは最高ですね(25分のDazedはやっぱり長すぎるが・・・)
ロバートの喉も絶好調で気持ちいいです(このライブの映像もあればいいのにね!)


ハルさん

(DVD)
昨日は酒をツマミにDVD見ました。いつもブートで聞いてる曲が最高の音質で、しかも映像つき、本当にこんな空間があったんだなぁ、
と涙が出そうになりました。編集大変だったでしょうね。一部カット等はありましたが、メニュー画面の映像などけっこう見入ってしまいました。


ポン酢さん

(DVD)
今日の午後DVDが届き、かみさんと5.1サラウンド&爆音でみちゃいました!
まだ全部は見てないけど、アキレス、カシミール最高です!
後期もいいな。
でも若いボンゾも凄いアクションで圧倒されました。
とにかく興奮状態です。7月のライブに向けてこのテンションで頑張るぞ。


Pさん

CDも凄いですけど、DVDの音も圧倒的に良いですね。
DVD音源用にビデオも買おうかな。

なに。。ブートを買うと思えば安いもんだ(笑)


はじめさん

(DVD)
ブートの映像、音質を遥かに超えてます!(あたりまえですが)
僕の予想を遥かに越えた内容に腰を抜かしました。Jimmy氏の「オリジナルの所有」のプライドとZEPの本当のライヴパフォーマンスを伝えたいという情熱をひしひしと感じます。
そしてその反面でブート映像&音源も使うこだわりにまた感動・・・

ビートルズとの比較にイラツクJimmyにRobertのフォローが微笑ましい(笑


凡三さん

(DVD)
DVDを1、2と立て続けに観ました。
もう、最初から最後まで感動しっぱなしでした。アールズ・コートの「天国への階段」では口ずさみながら思わず涙が出てきてしまいました。
ホントに凄すぎるとしか言いようがないです。こんな素晴らしい体験ができるなんて、ZEPファンになって良かったです。一度でいいからZEPをリアルタイムで体験してみたかったです。


みたらしさん

5時間半ぶっづけで、DVDを観終えました。もう最高にいい気分です。
久々に、スピーカーから大きな音を出しました。(笑) 途中から、ビデオを観ている筈なのに、MSG辺りから、自分もLIVE会場にいるかのような錯覚を覚えました。特にアールズ・コートでのIn My Time Of Dying から、ネブワース・フェスでのAchilles Last Standまでのたたみ駆けは、知らず知らずに身体を揺らしながら観ておりました。(笑)
ここ最近、雑誌媒体等に取り上げられていて、Led Zeppelinの事を、ハードロック・HMの元祖とか、ミクスチャー・ロックのさきがけのバンドとか、いろいろ形容していますが、ビデオを見終えて自分なりに感じた事は、Led Zeppelin = Powr Rock だと思いました。
長々と書き込んでしまいましたが、この高揚した気持ちを Led Zeppelin を愛する人達と、分かち合いたいと思い、お邪魔しました。


Marchinさん

(DVD)
本当にすごいですね。とても人間業とは思えない。
こんな映像が今見れるなんて感動ものですね。


ミッチーさん

CD&DVDを購入し、一気に全部観ました。
ロイヤル〜は勿論の事、今回は、ネブワースの演奏がこんなにも素晴らしい物かと驚きました。
某雑誌等で『1979年のネブワースの演奏はイマイチだ』という記事を読んでから、ちゃんと聴いたことがありませんでした。
しかし、今回のオープニングの映像を観て、まるで自分が会場にいるような臨場感があり、また、彼らの演奏も私好みのタイトで引き締まった演奏で興奮しまくりでした。(ブート映像の挿入も良い)
なにより、今回、『アキレス最後の戦い』を演奏しているところを観られたことは、『本当に生きてて良かったな』という思いで一杯になりました。
これからは、聴かず嫌いはやめようと、後期の演奏も聴くことを誓おうと思った次第です。(苦笑)


McGEEさん

部屋でCD/DVDを堪能中ですが、いかんせん単身赴任の身なので
CDはウォークマン、DVDは後輩から借りたPS2です…
しかもテレビはモノラル。
それでも!やっぱりすごいっす!

今日眠れるかな…


yazさん

(DVD)
すごいですね、当然仕事から帰ると朝までロングプレイです。
特にKNEBWORTHのACHILLES LAST STAND、NOBODY'S FAULT BUT MINEのライヴ映像を見れたのは私にとっても大事件でした!ほんとかっくいいです。


YOさん

(DVD)
確かにチャプターの間の映像はかなり貴重ですね。ビデオではこれがありません。
75年の天国の階段ではソロの終盤ギター弦が切れるシーンもはっきり見えますね。ブートのシーンとは全く違うので、アールズコートの撮影は1日だけではないことがわかりました。しかし、最近出回った77年のシアトルの映像が使われてないのが不思議です。他のメンバーが拒否したのでしょうか?


rhythmicさん

(DVD)
カリフォルニアから始まるアールズ・コート...
プラント美しすぎませんかっ!?
これは絶対、私を誘ってるわ...もうメロメロです。

漂う情感に、思わず感涙。。
感動して涙流したり、鳥肌立ったり、ときめいたり、
新しい発見があったりと大忙し…毎日顔が緩みっぱなしです〜。


流民の詩さん

(DVD)
DVDは”アキレス〜”の一曲だけでも購入する価値があるのではないでしょうか。背筋の振るえが止まらず、カッコイイなんて薄っぺらな形容詞を飛び越えて、本物のロックが伝わってきます。
ZEPは噛めば噛むほど味わいがあり、変拍子を多用しながらも、どの曲も楽曲として見事に成り立っているのには、頭が下がる思いです。こんなグループは二度と出てこないでしょう。


りょうさん

(DVD)
ツェッペリンのライブ映像を見たのは実は初めてだったのですが、半端じゃないですね。凄すぎます!!
リズム隊がめちゃめちゃカッコよいです。ツェッペリンはペイジ、プラントのイメージが強すぎたのですが、映像を見て、物凄い4人だったんだなぁ〜、と痛感しました。
まだ買ってないのですが、CDの方もかなりよさそうですね!


ろくでなしさん

(CD)
東京の某CD店で、ライヴのCDをとりあえず入手しました〜。
本当は国内盤まで待つつもりだったんですが、3枚組税抜2,980円の値段の魅力に負けました〜。
で、今聴いてますが、なんか、夢みたいです〜。なんでもっと早く出してくれなかったのかと。
今までブートにさんざん高い金払わされてきたのが、今日入手した正規盤がこの値段!
今まであっしは騙されてきたんですかね〜!?


黎さん

(CD)
本日は、あいにく台風襲来ですが、ZEPの輸入盤CDも襲来です。
早速その輸入ライヴCDを聴きました。プラントの72年の最強Vo.がSBで堪能できる。感無量です。
「Over The Hills And Far Away」「Going To California」素晴らしい〜。
知力体力運勢恋愛金運清算した後であるため素で感激しました。


★Zeppleさん

"HTWWW"/"DVD"本当に本当に素晴らしすぎですね。
実は"DVD"で面白い発見をしたので書き込ませて下さい。

KNEBWORTHでJimmyが着ている青いシャツなんですが、注意してよ〜く見ていると、掛かっているボタンの数が2つになったり3つになったりしてるんです!!

これって
2ボタンのJimmy>8月4日
3ボタンのJimmy>8月11日
って事ですよね。髪/シャツの濡れ具合も要チェック。
かなり細かく両日の映像をmixしてあるみたいですね。

8月4日は単にボタンを1つ掛け忘れたのか、あるいはlive直前にボタンが取れちゃったのか、はたまた後で映像をcheckする際、8月4日か8月11日かが
分かるようにコッソリ外しておいたのでしょうか?
Jimmyご本人におききしたいトコロですが。。。


★Midnight Ramblerさん

DVDでちょと気になる所があって、皆さんの見解(マニアの間では常識なのかもしれませんが)を伺いたいので、よろしくお願いします。

アールズコート部分の1曲目、カリフォルニアの唄いだしのところで、最初はロバート・プラントのおでこが出ているのに、画面が一瞬切り替わっておでこが前髪で隠れてしまします。どうゆうことなのでしょうか?

アールズコートもThe song remain the sameの様にスタジオで一部取り直して編集してるのでしょうか????


★Zeppleさん

>Midnight Ramblerさん
本当ですね!なんで今まで気付かなかったんだろう???
EARLS COURTは5日間やってるので、きっと何日分か(例によって同じ衣装で)複数の映像素材があって編集で混ぜて使ってるんでしょうね。

と思って見てたら…また新発見が。
Jimmyのアコースティック・ギターのネック付け根の少し上に"Bron-Yr-Aur Stomp"間奏で使うスライド・バーが(両面テープで?)貼付けられているのですが、
そのスライド・バーの向きが縦になったり横になったり!
この事からも違う日の映像をmixしてるのが分かりますね。

あ。スライド・バー金属製みたいだから
両面テープじゃなくて磁石かな?

"Going To California"イントロで、Robertが自分の腕にツバを塗りつけてますが、蚊に刺されたのかなぁ??


★ヒロさん

画像が飛んだり、髪型が変わったりするのは、日が違うのをうまく編集しているので、仕方ないですね。
MSGの「あなたを愛しつづけて」もあきらかに、他の曲を演奏して場面がありますし。
こういうのを地道に探すと、本当に大変な作業だと思いますよ。
画像がなかったり、音だけ残っていたりと。編集にはそれは1年くらいかかると思う。
雑な正確な人には無理でしょう.(笑)

話は変わって、アルバートホールでローディと混じって、横縞ストライプの服来た人は誰でしょう???
のりのり全開で見ていて楽しい。
確かアンコールの時にロバートにマイク渡してたね。
ベックではないと思うけど。


★ポン酢さん

ハイハットの上に付けるチン・リングが、同じ曲でついていたりなかったりします。
でも、音と映像に違和感がない編集はさすがですね



お絵かきをクリックするとトップに戻ります
b
close