AV 求人

ベンチプロモーション経営哲学

 

 

初めまして。ベンチプロモーションの吉川と申します。

 

 

 

 

 

ベンチプロモーション経営哲学!女子給、紹介料の限界にチャレンジ!

女子給はもちろん紹介料も「他のプロダクションの方が稼げた」と言わせません。

 

 

 

 

 

ベンチプロモーションは利益配分を考えました。

 

 

女子給はどこよりも高い(じゃないと女の子が他のAV会社に行くから)

 

 

紹介料はどこよりも高い(じゃないと紹介者が他のAV会社に連れて行くから)

 

 

当然女子給が高くて紹介料が高いと、会社の利益は圧迫されますが、考え方を変えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社ってみんなが得する「WINWINの関係」になりにくいんですね。

 

 

客単価下げれば客は喜ぶけど、利益を圧迫する。給料増やせば社員は喜ぶけど、コストがかかり経営を圧迫する。つまり誰かが得すれば、誰かが損しやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで

 

 

女子給が高いと、女の子が辞めずに長くこの仕事を続ける。すると1個の仕事の利益は少いが、トータル利益は上がる。

 

 

 

 

 

紹介料が高いと、多くの女の子を紹介してもらえる。すると1個の仕事の利益は少いが、トータル利益は上がる。

 

 

 

 

 

 

 

ベンチプロモーションは

 

 

WINWINの関係=他のプロダクションとの差別化=勝ち組プロダクション

 

 

を真剣に目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

close