Sound bar かくれんぼ トップに戻る

 

お店のはなし

92年1月のオープン以来、通常はバー&カラオケのスタイルでサラリーマン、OLさん達常連客を中心ににぎわっています。

実は私、9年間サラリーマンをしておりました。仕事の内容は、大手病院内での人員管理、医療事務、他病院への営業等でした。しかしながら人生とは不思議なものですね、時は2?歳、沸々と独立心とやらが芽生えてきたのでした。(職場での限界も感じていたのかな?)気がつけば経験も無いバー開店のための準備が進んでいました。このころの事は正直あまり覚えていないのです。多額の借金、守るべき家族、正常な思考ではまずありえない決断だったんでしょうね(笑) 以降、不思議に幸運に恵まれてのお客様とのつながり、移転(2回)などを経て、現在のお店に落ち着いています。未経験の自分が、15年も継続しているなんて、やっぱここでの仕事が僕に与えられた何か意味のある事なのかなぁ?と思ったりもしています。持論:人は何人も必ず何か意味があって生まれてきている。

何で、かくれんぼ?

開店するにあたりまず一番最初に手をつけるのが、屋号ですよね! 91年、この時期は世間ではカフェバーたるものが席巻していたような?当然、店名も横文字を色々と思案していた。私、実は無類のビートルズ好きでしてビートルマジック、セントジョンズウッズ、ヤーヤーヤー!等候補として考えていた所、身内から「横文字のイメージじゃない!」と一蹴っ! 

イチから考え直す羽目に。トホホッ そんな時、なぜか一冊の絵本が目に入りなにげなくページをめくっていたところ、「かくれんぼ!ん〜、いいじゃない!」さっそく三ノ宮の店名情報を調べたところ、「さくらんぼ」はあっても「かくれんぼ」は一軒もなかったのだ!よし、これでいこう!!身内も文句なしっ!(その後、14年の間に、同名の店は三軒に増えたようです。)

以上のようにドタバタ、ギコギコと半年後の1992年1月28日、「かくれんぼ」は無事?に見切り発車したのであった。(笑)

不思議な福助のはなし?

かくれんぼに一度でも足を運んだ事のある方は、その存在を知っている福助の置物。ビートルズファンなら当たり前!と思っている方も多いと思うのですが実はそれとは関係なく、オープン2年位前から脳裏に焼きついて離れなかったのです。福助のような人?動物?モヤ?が。そのうち話出すようになったではないですか。もちろん夢の中での出来事ですよ!(笑)内容は話せないのですが、とにかく自分が独立する原動力になったのは確かなんです。さっそく似たような置物を購入!以来、かくれんぼのシンボルとしてデ〜ンと構えています。でも、いまだにご利益があるんですよ、年に2度しか願いは叶えてくれませんけどね。ホント不思議な福助ちゃんです。

 

Sound bar かくれんぼ トップに戻る

 

close