Nikkan&YAMAHA

※この記事は、Take The A Train様<リハーサル・ジャズ・オーケストラ(RJO)>から使用の許可
 を戴いた資料に、
一部手を加えたものです。

ニッカンの歴史(1902〜1970)
 ニッカンの歴史は、明治25年(1892)当時陸軍工廠に勤務していた銅細工師の江川仙太郎が独立し、浅草(
当時は東京市浅草区)で管楽器の修理を始めたことが起源です。
<江川が銅細工しであったことが影響でしょうか。技術は息付いていますね→浅原工芸

 江川は、1970年(明治35年)に「江川楽器製作所」を設立し、コルネット・トランペット等国産管楽器の
製作に乗り出し、大正7年には「合資会社・日本管楽器製作所」として新発足しています。
 その後「合資会社・日本管楽器製作所」は、軍用ラッパなどを製造しながら、昭和12年(1937)に「日本管
楽器株式会社(ニッカン)」へと発展しましたが、この時、ニッカンは当時最大の取引先であった日本楽器製
造株式会社(昭和62年10月〜ヤマハ)から援助を受けるとともに、日本楽器社長の川上嘉市を監査役として迎
えるなど、実質的にヤマハの子会社となりました。
 ニッカンの経営に参加していたヤマハ(日本楽器・川上社長は、「ニッカン」と「ヤマハ」が世界一の管
楽器メーカーになるよう、品質の向上、生産技術の近代化を指示。昭和38年には両社から技術者が選抜され、
技術陣の強化が図られました。さらに、昭和40年頃には、ヤマハ(日本楽器)と日本管楽器の技術陣の交流は、
より密接に行われ、特別な組織となっていきました(シルキー氏を招聘したのもこの時期です)。
 この時代の代表作こそが、「ニッカン・インペリアルシリーズ」です。
 なお、トランペットの場合、「ニッカン・インペリアル」の派生機種「YTR-1」が、ヤマハ最初の管楽器と
して、昭和40年4月に発売されています。(ヤマハが自社ラインで管楽器製造を開始したのは、昭和41年10月
であると思われます。)
 参考情報ですが、当時ニッカンは吹奏楽団を持っていたようです。→日本管楽器吹奏楽団(東京都代表)とし
て、1963,1965,1968,1969と全日本吹奏楽コンクールに出場。なお、1942年の全関東吹奏楽大会にも出場している記録もあ
る。

 そして・・・「日本管楽器」は、昭和45年5月にヤマハに吸収合併され、その歴史に事実上幕を下ろしまし
た。

 → 寄稿:「NikkanとYAMAHA」(魔法使いの弟子様)
ヤマハ管楽器製造史

ヤマハの管楽器製造のルーツは、日本の管楽器の草分けである江川仙太郎が1902年(明治35)に創業した江
川楽器製作所、後の日本管楽器株式会社にあります。ヤマハは1970年(昭和45)に戦前から経営に参画して
いた同社を吸収合併し、それまで経験と勘のみに頼っていた管楽器の設計にコンピュータを1960年代からい
ち早く導入すると共に、近代的な製造設備を豊岡工場(静岡県磐田郡)に整えながら(1970)、伝統的なク
ラフトマンシップにもこだわりつづけてきました。こうして当社は、サクソフォン、フルート、クラリネッ
トなど木管楽器とトランペット、トロンボーン、チューバ、ホルンなど金管楽器を、幅広いレンジで普及品
からカスタム製品までラインアップし、各国の著名交響楽団員にも愛用されるなど、世界的に市場での評価
を高めてきました。現在では年間40万本を製造する世界最大の管楽器メーカーとなっています。

出所:ヤマハホームページ(原文のまま掲載)

ブランド名とシリアルナンバー
 Nikkanブランドの楽器は、ヤマハがニッカンを吸収合併した後も、10年以上、ヤマハ製品と同じラインで
生産されていました(ヤマハブランドの管楽器は、ヤマハがニッカンを吸収合併する前の昭和42年(1967)5月
から発売開始。
 これは、Nikkanブランドに愛着のあるユーザーが多かった事と、Nikkanのブランドの楽器であれば、カワ
イ楽器系列店でも販売できた事が主な要因と思われます。
 Nikkanブランドでも「YCR」や「YTR」の刻印は、現在も使われている刻印で、ヤマハ合併後のものになり
ます。
 なお、トランペットに関して言えば、「ニッカン・インペリアル」と「YTR-1」のシリアルナンバーは通
しとのことですが、管理人の勝手な想像で言えば1960年代製と1970年代製ではシリアルの付け方が違うよう
に思います。
 ⇒ webshop FREEMAN店主様所有の「YTR-1」#6612191の場合、66が製造年(1966年、12は製造月、191は
通算の製造数
だそうですが、カワグチタカアキ様所有の「ニッカン・インペリアル」#027464は、1971年3
月13日購入とのことで、製品番号の統一感がありませんので・・・
工場
 ニッカンの工場は埼玉県(入間郡大井町でしたが、昭和45年7月の豊岡工場稼動以降、埼玉工場(旧ニッカ
ン工場では主にチューバ・ユーホ・ホルン・バリトンサックスなどの中低音を、豊岡工場では主にトランペ
ット・トロンボーン・サックス・フルートなどを生産しています。
インペリアル系統以外のニッカン・トランペット
管理人がインペリアル系統(TR−1,2,3及び232)と看做さないニッカン製楽器を取り上げます。
Nikkan TR−134