指揮者紹介T

 古谷 誠一(こたに せいいち)

東京大学文学部卒業。在学中から桐朋学園オーケストラ研究生(指導専攻)として、指揮を秋山和慶、堤俊作、尾高忠明の各氏に、作曲・ピアノを故矢代秋雄、三善晃、末吉保雄の各氏に師事。二期会中四国支部のモーツァルト「魔笛」公演を指揮して指揮活動を始める。

以降、長門美保歌劇団の「チャルダッシュの女王」、日本バレエ協会での「バヤデルカ」「シェラザード」、日生劇場での東宝ミュージカル「マイ・フェア・レディ」など活動の場を広げている。

「ドン・ジョヴァンニ」「ボエーム」「椿姫」等のオペラから「サウンド・オブ・ミュージック」「アニーよ銃をとれ」等のミュージカル、「カルミナ・ブラーナ」、ブリテンの「戦争レクイエム」、ヤナーチェクの「グラゴール・ミサ」、ヴェルディ、ベルリオーズの「レクイエム」などの大掛かりな舞台作品まで、手がけた作品はあらゆるジャンルにわたっている。

また、7年間にわたって日本オペレッタ協会の定期公演を手がけ、その間「ルクセンブルグ伯爵」「マリッツア伯爵婦人」「白馬亭」「微笑みの国」など、日本で演奏されることの少なかったオペレッタを数多く指揮して高い評価を得る。

東京シティフィル、新日フィル、九州交響楽団、関西フィル、N響団友オケ、名古屋フィルなど数多くのオーケストラを指揮。
1997年10月にはカーネギーホールにて、オペラ「日本の夜明け」(演奏会形式)をセント・ルークスオーケストラ・ニューヨークと協演し絶賛される。
2003年10月には韓国初のオペラハウスにおいて、オープニングフェスティバル「マダム バタフライ」を指揮して大成功をおさめる。

2005〜2006年、ボローニャ歌劇場にて研修。
2008年4月馬山市立交響楽団、5月ブダペストでショルティ記念オーケストラを指揮。
また、落語家春風亭小朝と組んだ音楽会も好評を博す。 現在、名古屋芸術大学客員教授、セントラル愛知交響楽団正指揮者。


コタニ先生のウェブサイト http://seiichi-kotani.com/



 寺島 康朗(てらしま やすあき)

国立音楽大学卒業。1988年、ナゴヤシティー管弦楽団(現セントラル愛知交響楽団)を指揮して指揮者としての活動を開始。

1990年渡欧、ウィーンマイスタークルスに参加、ウィーン国立音楽大学ホールでのコンサートを指揮した。その後ウィーン、スイス、ハンガリー、ルーマニアに於いて研鑽を積む。

1993年11月、東京シティオペラ協会公演のドニゼッティ「愛の妙薬」を指揮してオペラデビュー。

1996年、花巻市で開催された宮沢賢治生誕100年記念演劇祭で、オペレッタ「注文の多い料理店」を指揮。

1997年7月、ハンガリーで開催されたラバ国際音楽祭で、ルーマニア国立ディヌ・リパッティフィルハーモニー管弦楽団を指揮し、翌98年5月には、同楽団本拠地ルーマニア、サトゥマーレ市での定期演奏会にデビュー、好評を博した。

2000年2月、ルーマニア国立ブラショフ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートを指揮、チャイコフスキー交響曲第5番の指揮が高い評価を受けた。
2001年11月、第16回国民文化祭「ぐんま2001」“オーケストラの祭典”の指揮者を務める。
2003年よりP.T.N.A(全日本ピアノ指導者協会)ピアノ・コンペティション協奏曲部門の指揮者を務める。

その他、今までにウィーン・プロアルテ・オーケストラ、仙台フィルハーモニー管弦楽団、シエナ・ウィンドオーケストラ等を指揮した他、日本オペレッタ協会、グレーターつくばオペラ劇場、立川市民オペラ、市川オペラ振興会の副指揮者を務めた。

指揮法をK.エストライヒャー、J.カルマー、R.シューマッヒャー、H.グラーフ、高階正光、古谷誠一、湯浅勇治、曽我大介の各氏に師事。

現在、東京シティーオペラ協会主席指揮者、東京ウィンドシンフォニー音楽監督、東京指揮研究会監事を務める他、内外数多くのオーケストラに客演している。