WORK
DJ / CLUB PLAY / CD MIX / DANCE MIX /TRACK MAKE / EVENT PRODUCE etc
BIOGRAPHY
ADD (静岡県沼津) Palladium (静岡県静岡) YAKANHIKOU (山梨)SAMURAI (金沢) King&Queen (静岡県静岡) MAHARAJA (浜松)SAMURAI (静岡県静岡) WhiteTiger (静岡県御殿場) GIZE (静岡県静岡)DIANA (山梨) MAZE (沼津) E-Club(米軍CAMP FUJI内) Heaven (横浜MATRIX) R?Hall (六本木) Vietti (六本木) Circus (横浜)Harlem (渋谷) BX-CAFE (渋谷) Bamboo Cafe (山梨) Caribbean Night (静岡県御殿場) SAM&DAVE2 (大阪) Versal (静岡県沼津)GAIA (静岡県沼津) MANHATTAN (静岡県富士) NOBU (静岡県静岡)RESCUE (静岡県御殿場) WAVE (静岡県沼津) SHAFT (静岡県静岡)HIBIKI 響 (静岡県御殿場) FOUR (静岡県静岡)Casual (静岡県御殿場) VIGO BLACK (静岡県静岡)BIRTH(愛知県豊橋市) CACTUS (六本木) and more...
For
19XX / 10 / 20  The life is received in GOTEMBA. (Japan)
正直言って、子供の頃から複雑な家庭環境やDJ'AZUSAを取り巻く全てが
想像もつかないほど過酷で残酷だったりで…あえて書かずにおこうと思います。

色々な経験から優しさと強さを兼ね揃えていった事がDJという仕事に不可欠で、それが全てプラスの形で現れ、深い愛情と共に音楽を通し人に伝わっていってる気がします。
今のDJ'AZUSAのPRO意識とCLUB PLAYへのこだわり方が、DJという仕事にプライドを持ちCLUBへの愛情を感じさせると同時に、普通や自然にこだわる彼女の人生はとても人間らしく、女の本当のカッコと良さを持っていると思うのは私だけなのか。DJは彼女の天職だと、つくづく納得してしまう。
 
 幼少から両親の影響で、洋楽・洋画に異常なほど熱中していた。複雑な家庭環境の中で音楽と向き合う時間がとても長く安らげる一時だった。小学校時代から近所のレコード屋に通っては面白い小さな常連客になる。その頃からTVでは"ソウルトレイン"を見て来日アーティストのライブも家族で観に行っていた。小学校5年生の時に"Earth Window & FIRE"を武道館に見にいったり、JAZZのLIVEに連れていかれたりで確かに普通ではないかも。
 中学時代ふと夜中に目にした小林克也が司会をつとめる"BEST HIT U.S.A."がDJ'AZUSAの10代を支えていたと言っても過言ではない。音楽が好き過ぎてしまい、中学生の頃から音楽を広めたい一心で頼まれもしないのに新譜をChoiceしたオリジナルTAPE-Foreign Music No.x-を友達に配っていたような子供時代をすごす。
-Japanese Music No.x- もあったとか…
 その行為は高校生になっても変わらず、更に地元 御殿場に近い都市 沼津のDISCO"スクランブルハウス"には多い時には週4回通い、時には始発電車に乗り時には○○○で帰り高校に通っていた。月に何回かは都内のDISCOやSOUL BARなどに足繁く通うようになる。
当時から彼女の音楽好きは地元の音楽関係者の間でもかなり有名であり、その豊富な音楽知識や貢献度が認められ、更にDISCO仲間やプロDJ達のススメもあり19歳でプロDJの仲間入りをはたす。

 静岡発(?)のプロの女性DJの誕生である。

…1986年…
ここからAZUSA第2の音楽人生"DJ'AZUSA"としてのDJ活動と戦いが始まる。
20歳で静岡市に渡り"Paradium"山梨"夜間飛行"その後21歳で金沢に渡り、ドン勝本Produceの上に2000人収容と当時業界でも話題だった金沢"竪町サムライ"の中心DJとなる。→→余談だが…その頃店員の中にはダンディー坂野、イベント時に必ず出演しいたダンサーにTRFのSAM氏がいた。

 ツナギの上手さ・幅広い選曲・当時珍しいシャベリの女性DJということもあり、
23歳の時マハラジャGROUPの音楽Producerに引き抜かれる。当時金沢ではサムライとマハラジャはライバル関係にあり、サムライを裏切りたくない・夕方6時〜朝5時の営業に疲れ・契約期限を半年過ぎてた事もあり…静岡に戻りたい!!しかし当時の静岡DJの中には、女性DJの存在を許せない認めたくない人が多く、悩んだ末に "浜松マハラジャ"の3ヶ月研修を経て"静岡King&Queen"のDJ副責任者となる。

 24歳で"静岡サムライ"のDJ責任者となり、週末入客数を100人から400人近くまで引上げ、大学生イベントでは800人、東海大.静岡学園大.山梨英短などの学祭にも呼ばれるほどだった。
2年後に地元 御殿場に戻り、静岡No.1バトルDJのDJ'G-YAと共に初のOriginalイベント"WHITE TIGER"をSTARTさせる。そこはまさしくNew York Under Ground.
渋谷HARLEMのMr.藤田との偶然の運命的な出会いや、御殿場の米軍Camp-FujiからDJを依頼されるキッカケにもなった、今でも伝説として私達の胸に残る忘れられないイベントである。
 
 そこから第3の音楽人生が始まる。
26歳までは社員として毎日DJを4〜7時間Playし、27歳で初めてFREEのDJとなる。
米軍CAMPや甲府など各地で活躍し、沼津MAZEでは多くのJ-RAPアーティストのイベントを企画し成功させている。勿論DJの腕前も来日中のDJ SPINNA氏絶賛され、NewYorkに旅行に行った際には自宅にも招待されている。昨年2004年12月にNYにいった際も、CD ShopでWOOKID(G-Unit DJ)と色々話し車で聴くCDがないと言う彼に渋々CDを…初めはWOOKIDとはわからず、翌日からの日本の仕事の為に色々聞かれRecordShopで大好きなDaBeatmainerzとあい、Alicia Keys・Mario・K.Cole …勢揃いの生Liveを偶然見たれたりと、運がいいのか…???? …神様に選ばれしDJの運命なのか…?
 
 東京進出後は、渋谷HARLEM・横浜HEAVEN(現マトリックス)で数々のレギュラーイベントをこなすようになる。特に"DanceDelight東京大会"でDJをしたり、
六本木のCLUBでDANCEイベントのGUESTダンサーとして来日中のリンク(ELITE FORCE(Mariah,Michael Jackson,Will Smith))にはDanceのSHOW用Mixが気に入られ、欲しがる彼らに音源をPrezentしたり、
彼らのShowTimeで生DJで参加したり、CAMP-LOの2度目の来日の際にはFROT ACTも努めている。東京在住時代に仲良くなったDancerは数しれず、今でもDJ'AZUSAとの仕事を楽しみに静岡のイベントに参加してくれているGuestのDJやDancerは少なくない。Danceシーンにおいても、なくてはならないDJとなっている。

 自分の事をツイツイ忘れ、客・音楽・CLUB・DJ…
…結果、毎日仕事におわれ体調を崩し、一時は 頭がジダンの様になったらしい。
多忙な故の家族とのすれ違いや、偉大な影響を受けた父親の死をキッカケに人生を降り返り、 家族・音楽・CLUB…様々なことを見つめなおし、体の静養も兼ね地元御殿場に戻り、活動の拠点を静岡県に戻す。
なぜなら、目の前に広がっていたのは…CLUBの殆どがつぶれ、DJも殆ど目立たない地方の現状。
若者は?本物の音を感じない、バラバラで冷えきっGroupHome
若い頃、散々遊び 大好きだった街、沼津や静岡の現状だった。
…ナゼここまで強くなれるのか?
…全部 愛しちゃうのか?
… 自分のミスをもたのしみ(?)自分を追い込み楽しみ(?) 楽しい事も 怒りも悲しみも、ありのままをDJのPowerに変えて…
現在は地元を盛上げるというより、仲間や音楽好きが集まり 自然に楽しめる、 Analogで暖かい DJも音も本物!!のCLUBを築き上げる事に精力…命?をかけている。 
御殿場"Colors"@響
沼津"HoneyLip"@WAVE でレギュラーイベントをこなし、
COAST-FM(沼津FM)の毎週火曜日 DA JOINT!にもレギュラー生出演中!
FMでは毎回異なるMIXを紹介し、Colorsでは毎月新譜CD無料配布し、都内や大阪を始め日本各地でも"静岡からのゲストDJ"として活躍中!

 男性中心のCLUB業界の中で、真に認めてもらうために、気持ちは熱く頭の中は常に自然体を心がけ、目・耳・腕には本物の実力をつけていった女性DJ 、AZUSA。
あのターンテーブルのPichをControlしたMIXさばきは 簡単には真似できない。必見!

 人と音楽そしてDJという職業・CLUBを愛してやまない、Floorをお洒落に演出する DJ AZUSAのPLAYは、2006年5月で20周年を迎えた。現在20周年ツアーを大盛況の中、渋谷HARLEMにて多くの仲間とお祝いした。
これからも??周年を、目指し、いい音と人の笑顔のために DJ AZUSAは回し続ける。

close